退職ポイント 新入社員

【新入社員】3ヶ月で仕事を辞めたい時に覚えておくべき7つのこと

入社して3ヶ月で疲れきった新入社員

「社会に出て3ヶ月だけど仕事を辞めたい…。新卒で仕事を辞めるのって甘えなのかな。家族や友人には笑われそうだけどもう限界。どうしたらいいんだろう…。」

という悩みにお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。私自身、新卒の時期に1年間で4回も転職を繰り返した経験があります。家族には心配され、友人には笑われました。

 

当記事では仕事を3ヶ月で辞めたくなった時の情報をお届けします。

 

新入社員だからこそ、辞めたくなった気持ちを大事にすべきです。「3年間は我慢した方が良いのかな。」なんて考える必要はありません。

単純にあなたが仕事選びをミスしただけです。

初めての仕事選びなのでミスするのは当然。

死ぬまで同じ会社に勤め続ける人の方が少数派の時代です。

転職するなら早い方が簡単。3ヶ月で辞めるのはお勧めです。

ただし、デメリットが多いのも事実です。当記事では3ヶ月で退職する際の心構えと転職情報について7項目に分けてお話します。どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.仕事を辞める原因を具体的に考える

退職理由を考えている人

退職理由を考えている人

3ヶ月で仕事を辞めたい時でも必ず『仕事が嫌になった理由』があるはずです。

その理由を特定しましょう。

  • 上司が嫌味ばかりだった
  • 残業が思ったよりきつかった
  • もうノルマを課せられた

人間関係が原因なら、次の会社は人間関係が良好な場所を選ばないといけません。残業が多すぎたのなら、もっと残業の少ない職種を検討すべきです。

辞める原因を深く考えないと『次でも失敗する恐れ』があります。

短期間で何度も転職を繰り返すと就職が難しくなります。会社側が『こいつは問題児だな。』と思うためです。

3ヶ月あれば社会がどういうものか何となく見えてきたかと思います。その経験を使って次の就職に備えましょう。

① 転職理由はポジティブにする

  • 給与が低かった → もっと若者でも活躍できる職場に勤めたい
  • 残業が多かった → 仕事とプライベートの両立を考えている
  • 人間関係が悪かった → 集中して働ける仕事が向いていると感じた

上記のようにネガティブな転職理由はポジティブに切り替えます。

社会は『正しさ』が良い場所ではありません。時には考え方を変えて、会社に気に入られる努力が必要です。

あなたの転職理由を『残業が多すぎたため』とします。

転職時の面接で「残業が多すぎたから退職しました。」と伝える必要はありません。

もっとポジティブに、

「私のスキルをもっと活用したいと考えました。」

「学んだことを実践できる現場の方が頑張れると感じました。」

と別の理由にしてしまいましょう。

会社は経営的な考えがあります。そこを否定するのではなく、あくまであなた自身のプラスになる意味での転職理由にすべきです。

ポジティブな転職理由の具体例を紹介しています。

あわせて面接時のNGワードもお話しています。

関連記事 転職時の面接NGワードがこれだ!『具体例と好評価ワードを解説』

ネガティブな転職理由
転職時の面接NGワードがこれだ!『具体例と好評価ワードを解説』

続きを見る

SPONSORED LINK

2.転職活動は退社したら即開始する

転職活動は即開始する

転職活動は即開始する

「仕事で疲れたし、1ヶ月や2ヶ月くらい休もうかな。」と思うのは危険です。企業は職に就いていない空白の期間をとにかく嫌うためです。

お悩み君
1ヶ月でもダメなんです?
必ず質問されますね。「その期間は何をしていたのですか?」と。
アドバイザー

怠けや甘えに見えるからです。

辞めたその日に転職活動をする意気込みが必要です。

もし、気に入った職場が無かった場合はアルバイトや派遣仕事を行いましょう。

1ヶ月の休暇が欲しい場合も突発的な仕事・・・日給仕事をしてください。

それだけで職歴に記載することができます。

正社員じゃなくても仕事をしていることが企業にとっては大事なんです。

  • 資格取得
  • フリーランスの仕事

もお勧めです。クラウドソーシングで自宅作業をするのもアリ。

会社側が気にしているのは『あなたがお金を生み出せるかどうか』です。

資格取得や経験を積むことをプラスに考えます。

① 勢いで仕事を辞めてしまったあなたへ

「会社にどうしても行きたくなかったから、無断で辞めてしまった。」

「上司に退職届を出して、そのまま帰ってきた。」

このように、その場の勢いで仕事を辞めてしまうと手続きが不安ですよね。

郵送と電話のやり取りだけで手続きができます。

私も最初の仕事は退職届を出して二度と行きませんでした。

辞めた会社に顔を出すエネルギーを転職に使いましょう。

3.健康保険と年金の支払いが可能か考える

パソコンでお金の計算をする人

パソコンでお金の計算をする人

会社を辞めた場合、健康保険の加入をどうすべきか考えなければなりません。

国民健康保険に加入するのか、今までの保険を継続するのか、いくつかの方法から選択できます。

ただし、全額あなたが負担しなければなりません。在職中より額が高くなります。

年金も厚生年金から国民年金に切り替える必要があります。

これらの手続きを退職後14日以内に終了しなければなりません。

新卒の時はとにかくお金がありません。

国民健康保険と国民年金の支払いができるかどうか、改めて考えましょう。

①派遣やアルバイトで仕事を体験するのもアリ

「僕ってどんな仕事が向いているんだろう。」

と、就活の時みたいにお悩みでは無いでしょうか。

実際に社会に出た後だと『自己分析の重要性』も確認できます。

もう1度、徹底的に自分の性格や特技を考えてみましょう。

実は全く違う業界の仕事が向いているかもしれません。

転職サイトで無料の自己分析サービスも登場しています。

私も自己分析の1つとして転職力をチェックしました。

あなたも自分の能力を分析してみましょう。

関連記事 新卒で辞めたあなたへ。「転職力」を上げるたった1つの考え方

深夜残業をする男性
新卒で辞めたあなたへ。「転職力」を上げるたった1つの考え方

続きを見る

4.通勤でストレスが溜まらない仕事を探す

乗りたくない満員電車

乗りたくない満員電車

勤務地への距離を甘く見てはいけません。

勤務地は近ければ近いほど良いです。

片道1時間なら往復2時間。

年間実働数が240日なら通勤時間だけで480時間過ごすことになります。

通勤時間がほぼゼロの人と比べれば年間で20日を無駄に使っています。

会社も通勤時間による離職率を分かっていて、自宅が近い人を優先して雇用します。

転職の際は「片道40分以内」を目安に仕事を探すようにしましょう。

私は車で片道1時間の仕事に通っていたことがあります。

早朝出勤、深夜帰りの時は地獄でした。

勤務地は本当に大切です。転勤の有無もしっかり確認しましょう。

5.3回転職を繰り返すと20代でも就職難になる

転職回数を計算した電卓

社会は厳しいと書いてきましたが、意外にチャンスは与えてくれます。

 

3ヶ月で退職したとしても

「1社目で自分に合った会社に入るのは難しいよな。」

と分かってくれます。

 

問題なのはその次の転職。

ミスでも1回は許してもらえます。

同じミスを繰り返すと上司は「仕事ができない奴」と感じます。

転職も同じで3度目の転職では「長続きしない奴」「仕事に対して甘えている奴」と思われます。

先ほどもお話したとおり、仕事に対して許せるもの・許せないものをピックアップして、我慢できる範囲の会社を探しましょう。

①転職難民になってはいけない

若くても就職ができない状態を『転職難民』と言います。

転職を繰り返したり、職歴の無い期間が長いと履歴書で会社を落とされます。

1度転職難民になると就職が困難になります。

転職難民にならないためにも、次の転職先は今より良い状況にならなくてはいけません。

『長続きできるかどうか』を第一に考えましょう。

6.仕事に対する憧れを捨てよう

仕事のメモをとる男性

「手取りは30万円。年間休日は125日。福利厚生は充実。」

こんな完璧な企業はありません。アパート選びと同じで、企業はメリット・デメリットをかかえています。

特にあなたが勤めたいと思っている仕事が『夢のある仕事』なら要注意。

人が憧れる仕事は薄給で過酷です。直ぐに人が集まるためです。

仕事は結局のところ労働力を提供してお金を得る行動でしかありません。

あなたがお金を重視するならホワイトカラーではなくブルーカラーの仕事も考慮すべきです。

休日が欲しいなら給与は低いけどのんびりできる職場に勤めましょう。

7.20代向けの転職サイトを活用する

お悩み君
若手が喜ばれる転職サイトがあるの?
若いだけであなたを欲しがる企業もたくさんあります。
アドバイザー

転職する場合、必ず求人を見ますよね。

求人はハローワークや転職サイトで確認できます。

あなたが3ヶ月未満で転職した場合『第二新卒』という枠になります。

社会に出たけど、まだまだスキルは身についていない人のことです。

第二新卒は社会の厳しさを体感していますので、新卒より欲しがる企業がたくさんあります。

この第二新卒をメインに扱う転職サイトに登録すれば転職が簡単になります。

①当ブログお勧めの20代向け転職サイト

当ブログではJAICという転職サイトをお勧めしています。

JAICは20代向けの転職サイト。

あなたに知っておいて欲しいJAICの特徴が以下の2つ。

 

  1. 全ての求人企業を現地チェックしているため、ブラック企業率が低い
  2. あなたにあった求人を選んでくれるため、就職後の定着率が94.3%

 

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

在職中でも活用できます。まずは確認してみましょう。

関連記事 一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

 

精神的に参ってしまって、今日にでも即退社したいなら退職代行サービスがお勧めです。

3万円で全ての退職作業を代行。明日から会社に行く必要が無くなります。

関連記事 今日会社を辞めたいあなたへ。退職代行サービスを使う4つのメリット

退職できて喜ぶ男性
今日会社を辞めたいあなたへ。退職代行サービスを使う4つのメリット

続きを見る

まとめ

自分の中で仕事を辞める基準を設けておくと意外に長続きします。

私は「倒れるまで」でした。フォトグラファー時代は朝7時出勤、夜12時終わりが続きました。体中に蕁麻疹が出てドクターストップが出るのにそう時間はかかりませんでした。

「何となく嫌だから」で辞めるのは勿体無いと思いませんか。

辞めたいなーと思うのは誰でも一緒です。

そこをもう少しだけ我慢してみるのも冷静になって良いかと思います。

転職活動は在職中でも可能です。取り合えず求人を見るだけでも気持ちは落ち着きますよ。

 

ブラック企業率の低い転職サイトもまとめています。お役立てください。

関連記事 ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
元ブラック企業社員『SB』

元ブラック企業社員『SB』

月残業100時間以上のサービス業・教育のない現場・突然『辞めろ』と言われるなど、様々なブラック企業を経験。それを元にブラック企業情報を配信しています。 プロフィールはこちら ⇒ Blahara編集部

-退職ポイント, 新入社員

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.