ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業との戦い方

社畜にならないために知っておくべき考え方と8つの具体的行動

会社で寝ている上司

「あの新人・・・定時で帰りやがって。サビ残ぐらいして会社に貢献しろ!」

こんなことを思ったことがあるあなた。社畜化しているかもしれません。

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

当ブログで何度も言っているように仕事は労働力に対してお金を貰う作業です。上司から休日出勤しろと言われても、プライベートを優先したって良いんです。

ブラック企業に勤めていると「普通の会社」がどんな感じなのか分からなくなります。もしかしたら、あなたは会社から良いように使われているだけかもしれません。

そこで今回は社畜にならないための考え方と私も実践している具体的な行動を8つご紹介します。

スポンサーリンク

仕事よりプライベートを優先する

パラソルと青空

ブラック企業を辞めますか、人を辞めますか?』という記事で書いているように、社畜になるのはプライベートを捨てることです。

社畜の行動として鉄板なのが、

  1. 会社を第一に考える
  2. サービス残業+休日出勤
  3. 仕事に対して細かく厳しい
  4. 上司の命令には絶対
  5. プライベートでも仕事の準備をしている

の5点です。その仕事がよっぽど好きなら別ですが、基本的にこの考えは間違っています。仕事とはお金を得ることであり、お金を得るのは生活を良くするためです。

「都合の良い人」と思われたら危険

会社はあなたを守ってくれません。あなたを守ってくれるのは家族や友人です。

あなたがお金を貰わずに仕事を頑張っていたとしましょう。会社側は「取り合えず便利な奴」ぐらいにしか思っていません。あなたが体調を悪くしてもちょっと心配するくらいです。

ハッキリ言って、あなたが辞めても次の人材なんて直ぐに見つかります。会社とはそういうものです。

会社にとって都合の良い人間になってしまうと、あなたは仕事量に対する正当な報酬を貰えなくなります。それでも文句を言わないと思われるからです。

SPONSORED LINKS

社畜にならないための8つの行動

仕事と書かれた本

では、社畜にならないための方法をお教えします。

大事なのは、

  • 会社にとって都合の良い人間で無くなること
  • 仕事そのものは努力すること

の2点です。

仕事に対する考えを持っている・どこまで我慢するかの線引きができているかどうかの違いですね。

進んで残業は引き受けない

「残業ですか、私やります!」

会社が喜びそうな発言です。しかし、残業であなたの評価が上がることはありません。評価は会社に対してどれだけの利益を提供しているか、で上がるものですから。

進んで残業を引き受けるのは残業代が欲しい時だけにしましょう。残業が有る度にあなたに話が回ってくるようになります。

有給休暇を取る

有給防止策を取り入れている会社じゃない限り、有給は取得できるものです。友人の結婚式・子供の入学式のようなイベントがあれば有給を使えて当然。さらに言えば、旅行のために有給を取っても構いません。

頻繁に取り過ぎると反感を買いますが、半年に1度くらいは自由に取っても問題ありません。

仕事以外の意見には時に反論する

会社は組織でできていますから、上司の命令に従うのは仕方ありません。しかし、プライベートに対する意見を従順に聞く必要はありません。

「お前の家族ってどんな奴なんだw顔を見てやりたいよ。」みたいな、モラハラ的発言には怒りましょう。そうすることで上司から気を使ってもらえるようになります。

休憩時間は必ず休む

仕事が忙しくて休憩時間を返上することってありますよね。これ、オススメできません。

会社は「ああ、結構な仕事量だったけどできるんだな。」と思うからです。休憩時間のために仕事をストップして始めて「これは多すぎる仕事量なんだな。」と分かってくれます。

ラクに仕事をする

  • 掃除が面倒だから、汚れないような方法で作業をする
  • いつも使う道具をまとめるボックスを作る

こういう考えは大切です。いつも忙しく仕事をしている人は、無駄な動きが多い可能性がありますよね。それなのに、仕事をしていない人を上から目線で攻撃します。

ラクに仕事ができるのは作業効率が良い証拠です。どうせずっと仕事をしなければいけないのですから、ラクな方が良いじゃないですか。

無理をするより、無理をしない方法を考えましょう。それが会社から身を守る方法です。結果、どうしても重労働なら上司に掛け合うべきです。休憩無しで仕事をこなしてしまい、それが当たり前になるのと一緒のことです。

自腹で仕事道具を買わない

領収書を届けるのが面倒。会社の道具が微妙。

という理由で自腹で仕事道具を買う人って多いんですよね。これっておかしいと思いませんか。会社に掛け合って良い道具を買ってもらうべきです。

会社からあなたは労働力を提供し、代わりにお金をもらっていますよね。そのお金で会社に奉仕するのは社畜です。

デスクの上をオシャレにしたい。など、労働に関係無い部分に身銭を払うくらいにしましょう。

人助けをし過ぎない

色んな部署を助けすぎると、あなたの助けがあって当然になってしまいます。

「今日はどうして来てくれなかったの?」

「おい、あの作業やっていないぞ。」

と、知らないうちにあなたの仕事が増え続けます。もちろん、あなたが勝手にやったことなので評価にはつながりません。

人助けをし過ぎると、本来ならミスとして問題になるべき課題がクリアされてしまいます。これはこれで問題なんですよね。人を助けすぎて自分の仕事ができない状況は何のメリットもありません。

上手におべっかを使う

先輩や上司をおだてるのはもっとも効率の良い「仕事」です。

小さなミスなら許してもらえますし、コミュニケーションが円滑になり評価につながります。それなのに、あなたは全く疲れません。

社畜にならず評価を上げる効率の良い手段の1つだと覚えておきましょう。

まとめ

私がサービス残業100時間のブラック企業に勤めていた時の話です。新卒入社だったので、頑張ろう!と思っていたんですよね。いつも人助けをし、休憩時間を返上しました。しかし、誰も自分の助けには来てくれず、上司からは何も教育されずに叱られる日々。結局、身体中に発疹が出て倒れました。

今一度考えて下さい。

社畜となって仕事を頑張りすぎていることが幸せですか?

それとも、仕事は普通に続けられ、プライベートで自分のやりたいことができている日々が幸せですか?

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業との戦い方

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら