ブラック企業の種類・特徴 給与関係

正社員で年収200万円は勤める価値が無い理由『時給から解説する』

投稿日:

正社員で年収200万円は価値が無い

「正社員で年収200万円なんだけどこれってヤバくない…?このまま勤めていても良いんだろうか。勤め続けた場合の話や、転職すべきかどうかも具体的に話して欲しい。」

という悩みにお答えします。

 

Blahara(ブラハラ)編集部のSBです。新卒で年収200万円台のブライダル業界に入社。貯金を使って生活した経験があります。

 

当記事の内容はこちら

  1. 正社員で年収200万円は勤める価値が無い理由『時給から解説』
  2. 『告白』正社員で年収200万円の生活について
  3. 正社員で年収200万円から抜け出す方法『2つある』

 

実際に年収200万円台で生活した私なのでお伝えできることがあります。年収が上がると不安が減りますし、多少仕事がつらくても我慢できるんですよね。

あなたに低年収を脱出してもらうための情報を細かくお伝えします。どうぞお役立てください。

SPONSORED LINK

1.正社員で年収200万円は勤める価値が無い理由『時給から解説』

仕事は年収が大切

仕事は年収が大切

以下の3つです。

  1. 時給1,041円でしかない
  2. 20代男性の平均年収の半額しかない
  3. 努力しても年収が増える可能性が低い

現在価値と未来価値の考えからも『いつか年収が上がるあろうから我慢しよう』という考えが"損"になることが分かります。

経営コンサルタント事業のONTRACKも以下のように言ってますね。

現在の100万円と5年後の127.63万円の価値は同じである

引用 ONTRACK

さらに具体的に解説していきます。

理由① 時給1,041円でしかない

1日8時間労働で年間休日125日とした場合、年収200万円の時給って1,041円です。

計算式 8時間×240日(労働日数)÷200万円=1,041円

 

コストコのアルバイトの最低時給が1,200円です。1,000時間ごとに昇給して最終的に1,800円になります。時給1,200円で1日8時間、年間240日働くと年収230万円になります。

正社員なのにアルバイトに負けます。もちろん厚生年金・社会保険の強みがありますが、これってフルタイムのパートでも加入できます。

しかし正社員なので仕事の責任は重くなります。残念な話ですね…。

理由② 20代男性の平均年収の半額しかない

DODAの平均年収ランキングによると、20代男性の平均年収は367万円です。

年収200万円は平均から見ても大きく低い状況です。

つまり『他のどこの会社に行っても年収が増える状況』何ですよね。それなのに年収200万円の会社に居続けるメリットってありません。

理由③ 努力しても年収が増える可能性が低い

真面目にコツコツ働けば年収が増えるわけではありません。

理由は『会社の本質』と『人件費予算』の2つ。会社って使える人件費が決まってます。限られた人件費の中でボーナスを査定したり昇給額を決定します。

正社員に年収200万円しか払わない会社って若手に支払う人件費が少ないんですよね。

上司はたくさん貰っているみたい…。という状況なら要注意です。上司や役員が自分たちの給料を守るために若手の年収を下げています。彼らが退職したと同時に退職金で会社が傾きます。

 

『暴露』年収が低い会社の本質について

会社は利益を追求するものです。文句の出ないぎりぎりの人件費で社員を雇うのが良い社長と言われるほど。

なので、年収が低い会社がいきなり年収をアップすることはありません。年収が不満で文句を言ったとしても『辞めてくれ』と言われるのみです。

 

次に正社員で年収200万円の生活を続けた場合の話をします。かなり厳しいです…。

SPONSORED LINK

2.『告白』正社員で年収200万円の生活について

お金の無い男性

お金の無い男性

結論として食べて寝るだけの人生になります。娯楽に使えるお金が無いからです。

年収200万円の生活費の内訳

手取りは15万円ほど。

家賃 50,000円
駐車場代 8,000円
通信費(ネット+スマホ) 7,000円
食費 20,000円
光熱費 10,000円
奨学金返済 15,120円
車の保険 10,000円
ガソリン代 8,000円
雑費 10,000円

合計13万8,120円

当然ながらボーナスはゼロですね。

 

貯金は全くできません

上記の内訳の通りに出費が抑えられるわけじゃありません。交際費とかもあります。貯金は月に5,000円とかでしたね…。

1年で6万円。昇給を考えなかった場合、32歳で60万円しか貯金が増えません。

 

友人と仕事の話ができなくなる

同窓会などで友人と年収の話ができませんでした。理系の会社に入社した友人の場合、新卒の時点で年収400万円以上。ボーナスが5.2倍でした。

年収300万円くらいだと『お前低いなー!』と笑われる程度なのですが、年収200万になると本気で心配をされます。世間的にもそういう印象です。

 

欲しいものが買えず、仕事のストレスが溜まる

仕事は必ずストレスが溜まります。上司から叱られたり、疲れが溜まってくるとお酒を飲んだり欲しいものを買ってストレスを発散します。

それができないので仕事のストレスが溜まりますね。会社でもイライラしてミスが増えるので評価が落ちます。負のループでした。

結論:年収200万円で働くべきではありません

以上のことからも年収200万円で働き続けるメリットって無いなと言う結論です。

経営者も『ものすごく安いお金で雇っている』と知っています。社員を上手に褒めたり、プレゼントを渡したり、『どこの会社も不景気でこのくらいだぞ。』と洗脳してきます。

実際に転職エージェントに相談して転職した結果、上記が間違いだと分かりました。

 

なお、世の中の真理として『年収300万円』でも生活が厳しいです。より厳しい年収200万円台にいる必要はありません。

3.正社員で年収200万円から抜け出す方法『2つある』

年収200万円を脱出する方法

年収200万円を脱出する方法

以下の2つです。シンプルです。

  1. 転職する『簡単』
  2. 個人で稼ぐ

方法① 転職する『簡単』

転職すればほぼ100%年収200万円台は脱出できます。ポイントは以下の通り。

  • 残業代が出る
  • ボーナスがある
  • 基本給が18万円以上ある

 

年収が200万円になる理由ってボーナスゼロか残業代が基本給に含まれているかのどちらかです。

月給18万円としてボーナスが3.0か月分出るのなら年収は270万円。70万円もアップします。

転職が不安。怖いという意見がありますよね。これって現在の状況より悪くなる可能性があるからです。年収200万円より落ちることはあり得ません。その点は安心して大丈夫です。

 

リモートワークで自宅で稼ぐのもありです

現在の仕事が低ストレスだから我慢する。というあなたは、自宅で作業できる『リモートワーク求人』を探すのもアリです。

通勤・休憩時間の時間がなくなるので年収はそのままでも時間的な無駄がありません。

Reworker』のようにリモートワーク限定の転職サイトも登場しています。確認してみましょう。

 

20代の転職に強い転職エージェント

以下20代の転職で信用できる転職エージェントです。どちらも厚生労働省が職業紹介優良事業者の認定をしています。

JAIC | 全求人先を査察しており、離職率の高い企業を除外しています。平均年収で働きやすい企業が見つかります。

マイナビジョブ20's | 大手が運営する20代向けの転職エージェントです。求人数が多いので、平均年収以上の企業が見つかります。

同業界、同じ作業内容で年収が上がる可能性もあります。アドバイザーに相談して年収の相場を聞くだけでも価値があります。

方法② 個人で稼ぐ

現在の職場に勤めつつ、休みを利用して個人で稼ぎましょう。月2~3万なら難しくありません。

月3万稼げば年収36万円アップ。大きいです。

 

副業は解禁されています

厚生労働省が出していた「モデル就業規則」の中から副業禁止の項目が消えています。

とは言え、会社によっては就業規則で副業を禁止していることがあります。その点はご確認ください。問題なければ堂々と副業が開始できます。

 

月3万稼げる個人の副業

  • クラウドソーシングで稼ぐ
  • ココナラでデザインなどのスキルを売る
  • ブログ運営、アフィリエイトに挑戦する
  • ハンドメイド品を売る

上記が分かりやすいですね。オススメはクラウドソーシングです。

これは見てもらった方が分かりやすいので、クラウドソーシング大手の"クラウドワークス"をご覧ください。誰でもできる仕事が揃ってます。

まとめ:年収200万円の仕事は理由が無ければ辞めましょう

年収200万円で我慢し続けるって人生を無駄にするのと同じです。

世の中のほとんどのことってお金で解決します。年収700万とかを狙うのは難しいかもしれませんが、年収300万円台を狙うのは簡単です。

ここで悩んでいても仕方ないので、職業紹介優良事業者で相談してみると良いですよ。

 

以上、「正社員で年収200万円は勤める価値が無い理由『時給から解説する』」という記事でした。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業の種類・特徴, 給与関係

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.