ブラック企業の種類・特徴 その他

業務停止になった会社は辞めるべき?残ると危険な3つの理由

更新日:

業務停止になった場所

「会社が1ヶ月の業務停止になったんだけど、在職すべき?」

当記事では業務停止の会社に残る危険性についてお話します。

 

業務停止はよほど悪質な会社でなければあり得ません。

あなたの会社も書類改ざんのような故意による作業があったと思われます。

業務停止は取引先の信頼を損ねます。

このまま在職しても売上が下がり、あなたの給与に影響する恐れがあります。

 

当記事では実際に2回の業務停止を経験した私が、業務停止になった会社の残ってはいけない理由を3つお話します。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.業務停止後は会社の売上が下がる

少ないお金

業務停止は単に仕事ができないだけではありません。

 

  • 取引先の信用が無くなる
  • 製品が減って出荷できなくなる
  • 今までと同じ作業内容ではなくなる

 

というデメリットがあります。

業務停止につながる作業は『会社に利益がある』ため行われます。

その作業ができなくなり、製造がストップすると会社の利益は激減。

給与の支払いすら難しくなります。

ポイント

私の会社では3年間昇給が無くなりました。

①利益が無くなるとまずボーナスが無くなる

会社の利益が無くなると、まずはボーナスが無くなります。

ボーナスは支払わなくても良いお金。削られても仕方ありません。

昇給額も減ります。

昇給5,000円の会社なら昇給ゼロになることを覚悟しましょう。

②退職金が貰えなくなる可能性がある

退職金も必ず支払わなければならないお金ではありません。

業務停止直後に退職すれば退職金が貰える可能性があります。

しかし、しばらくして会社の経営が悪化した状態では会社側が支払えなくなる恐れがあります。

2.業務停止で社員数が減る

アドバイザー
仕事のできる人からドンドン辞めていきます。

会社を辞めるのは仕事のできる人か全く仕事のできない人のどちらかです。

どちらかと言えば仕事のできる人から辞めていきます。

他社に行ってもやっていける自信があるためです。

 

業務停止で仕事量は減ります。

しかし、それ以上に社員が減っていきます。会社にお金が無いため早期に人を雇えません。

業務停止のあった会社に入社する人もほとんどいません。

残された人で仕事を続けることになります。

①残された社員の仕事量が増える

6人で動かしていたラインを4人で回すとします。

製造量は減っていますが、人数的にラインを止める・速度を落とすなどの効率低下が必要です。

結局は残業することになります。

しかし、既にお話したようにボーナスはゼロ。昇給もありません。

業務停止後の会社に残ると給与は下がり作業量が増えることになります。

注意ポイント

会社にお金が無いため、サービス残業になる可能性があります。

会社側も「できなければ辞めてもらって良い。」としか言えません。注意しましょう。

3.会社の根本は変わらない

会社の社風はそう簡単に変わりません。

勤めている人が同じだからです。

業務停止があれば、

「今後は真面目にやっていくんだろうな。問題も起こさないんだろうな。」

と思いますよね。

 

下がった利益を取り戻すために再び『書類改ざん』や『管理を守らない原材料の保管方法』がおこなわれます。

①1度業務停止した会社は繰り返す

私の会社も1度目の業務停止後、直ぐに2度目の業務停止がおこりました。

こちらも書類改ざんが原因です。

現場は指示されたとおりに作業をしています。しかし、その指示が既に『改ざん』だったのです。

テレビ局が来るなどの騒動となりました。

 

2度目の業務停止後、取引先はほとんど無くなりました。

1社だけ親身になって助けてくれた会社があったため、5年以上かけて利益を取り戻すようになりました。

しかし、その後も県により指摘を受け続けることになります。

②3度目の業務停止は倒産

3度目の業務停止は『仕事を続けてはいけなくなる』と注意されています。

倒産と同じことです。

既に県から目を付けられているため、現場はビクビクしながら作業を続けています。

 

あなたが40歳になった時に業務停止になったとします。

会社は業務を続けていけません。

しかし、年齢的に転職先が限られます。タクシー運転手やトラック運転手・介護の仕事です。

そうなる前に1度でも業務停止になったら転職を考えるべきです。

4.安心して働ける会社を見つけるために

離職率の高い会社は何かしらの問題を抱えています。

業務停止も同じです。

社員が一斉に辞めてしまうため、小さな会社でもたくさんの募集をかけます。

このような会社に入社すると転職先が『危ない会社』の可能性があります。

 

ちゃんと求人先を査察している転職サイトを使って転職を考えましょう。

当ブログでお勧めしているJAICは全ての求人先を査察。

離職率の高い会社を除外し、転職後の定着率94.3%となっています。

現在、会社が業務停止中のあなたはどうぞご活用ください。

まとめ

いきなり業務停止命令があると驚きますよね。

私もテレビだけの世界だと思っていました。

1ヶ月間の業務停止期間中、色々と考えました。

「1ヶ月も休みがある何をしよう。でもこの先大丈夫かな。」

 

一生同じ仕事を続ける時代は終わっています。

あなたも会社が危ないと感じたら、気軽に転職できる心構えをしておきましょう。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-ブラック企業の種類・特徴, その他

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.