ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業の種類・特徴 その他

30代で未経験の仕事は大丈夫?知っておきたい5つの注意点と心構え

初めての溶接現場

「30代の転職で未経験の仕事ってダメ?」

「年齢と経験不問の製造業ってヤバイよね?」

当記事では30代が未経験の仕事に挑戦する場合の注意点を解説します。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

心機一転して未経験の仕事に挑戦するのは素敵なことです。

しかし、30代以降は危険です。30代の未経験者を募集している求人先にはたくさんの問題点が考えられるためです。

当記事では30代が未経験の仕事に転職する注意点・心構えを5項目に分けてお話します。

30代は転職に失敗すると次がありません。

できるだけ慎重に行動しましょう。

スポンサーリンク

1.30代未経験OKの製造業はブラック企業の可能性が高い

機械を作る製造業の商品

企業が未経験者を採用するなら20代を選択します。

若ければ吸収力が高いためです。年齢的に給与も安くすることができます。

それなのに30代を採用するのは『激務』だからです。

特に30代未経験者OKの製造業は要注意です。

①30代OKの製造業現場は残業が多い

激務の仕事は離職率が上がります。

離職率が高いと人手が足りなくなります。採用基準を甘くして人を集めようとします。

30代未経験者OKの製造業は以下のような危険があります。

 

  1. 月の残業時間が60時間以上
  2. 交代制勤務(夜勤あり)
  3. 冷暖房の無い、厳しい環境の現場
  4. 特別なスキルはいらないが事故の危険が高い

 

交代制勤務も残業時間が増える可能性が高くなります。

現場がどのような状況なのか『求人先を下見』してチェックするようにしましょう。

SPONSORED LINKS

2.未経験OKでも資格が必要な可能性がある

例えば看護師の募集で業界未経験OKだったとしましょう。

それまで工場で働いていた人がいきなり看護師にはなれませんよね。必要な資格が無いからです。

未経験OKだけを見ていて必須資格を見ていなくては意味がありません。

工場でもボイラー技師・危険物の資格が必要と書かれている場合があります。

私の会社ではフォークリフトの免許が必須でした。

逆に言えば必須の資格があるだけで採用率が高くなります。

応募する全体数が少ないからです。

フォークリフトなら4日間で取得できます。

同じように短期間で取得できる資格なら取ってしまった方が求人の幅が広がります。

①未経験業界のために取得すると便利な資格

取得するだけで様々な現場で使える資格があります。

既にお話した通り『フォークリフト免許』は便利です。

小売店でもフォークリフトで製品を運搬する場所があります。もちろん製造現場や倉庫作業でも使えます。

短期間で誰でも取得できるため、時間があるのなら取得をお勧めします。

3.30代未経験の仕事は給与が安い

お悩み君
未経験でも今までの職歴がキャリアとして優遇されるんだよね?
最初は新卒と同じ給与の可能性があります。
Ryo

未経験の仕事に就くとあなたは1からのスタートになります。

新卒と違うのは『社会人としての経験があるかどうか』。

未経験のため、今までの職歴が有利になることは期待できません。

年齢を考慮して新卒社員より給与が上がる可能性はあります。しかし、それほど高い額になるとは考えられません。

①33歳で年収350万スタートを考える

33歳で製造現場からソフト面の技術へ転職した人がいます。

彼は年収350万円からのスタートとなりました。

しっかり仕事に取り組んでもらえた場合、5年後に年収450万円以上が可能と言われています。

このように最初から高い年収を期待するのは止めましょう。

4.30代の転職は年下の役職社員がいる可能性が高い

22歳で入社して同じ会社・同じ部署で勤務して来た場合、30歳前後で役職がもらえます。

30代で別業界に飛び込んだ場合、年下の教育係・上司がいると思いましょう。

 icon-check 年下に敬語を使う

  年下に叱られる、指示される

  年下よりも給与が低い

と、プライドの高い男性なら逆切れしてしまうようなシーンが想像できます。

会社では年齢よりも組織内の上下関係が大切です。

年下上司に対する考え方を作っておかないと、人間関係で失敗します。

①上司に嫌われるとあなたの評価は上がらない

年下とは言え、上司は上司です。

あなたは上司から評価されないと昇給やボーナスが上がりません。

社会人として立場が上だと思っていると転職先で失敗します。

年下上司も年上社員の対応について困っています。

あなたが平均年齢の若い会社に入社してしまった場合、年齢による価値観の違いから対立する恐れもあります。

5.35歳までが未経験で採用されるギリギリのライン

30代といってもあなたが32歳なのか39歳なのかで転職の成功率は変わります。

未経験に挑戦できるギリギリの年齢は35歳です。

私は仕事で転職サイトの社員さんとお話しする機会があります。

 

「できれば33歳以下が嬉しい。35歳以上になると企業にお勧めするのも難しい。」

 

というのが転職アドバイザーの本音です。

面接でも必ず「もっと早く転職を考えなかったんですか?」と聞かれます。

30代での転職を考えているのなら、1日も早く行動に移しましょう。

①30代に選ばれている転職サイトについて

転職サイトの多くが若者をターゲットにしています。

30代・40代が利用する転職サイトは『キャリアアップ』が目的。

30代未経験をメインに扱う転職サイトはありません。

ですが、30代に選ばれている転職サイトはあります。

それがDODAです。

DODAは非公開の求人が多いため、30代未経験者を募集している企業の求人も用意されています。

「30代だからこそ仕事に本気で取り組んでくれる。」

と考えている企業の求人もあります。

DODAは転職エージェントサービスなので、マンツーマンで相談できるのも魅力です。

30代未経験の職場を希望するからこそ、1人で転職活動をするのではなく専門家と相談するようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業の種類・特徴, その他

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら