ブラック企業の種類・特徴 その他

独身が多い会社・職場が持っている5つの問題点『離職率が高い』

幸せな既婚者幸せそうな家族

「転職先が独身ばかりの職場で不安に思ってる。これって結婚できない理由があるんじゃない?独身の数って離職率とかに影響しないのかな。情報を知りたい。」

という疑問にお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。9割の社員が独身の会社に勤めた経験がありまして、ブラック企業でした。理由は残業だらけで恋愛ができなかったためです。

 

当記事の内容はこちら

  1. 独身が多い会社・職場が持っている5つの問題点
  2. 転職前に独身者の数を判断する方法

 

ホワイト企業って福利厚生もしっかりあって安定してます。そういう会社だと女性も「結婚できそうだな。」って思うんですよ。

特に30代で独身者が多い会社は危険ですね。詳しく解説します。

SPONSORED LINK

1.独身が多い会社・職場が持っている5つの問題点

仕事中に暴れる男性独身だらけの職場の風景

独身が多い会社・独身だらけの職場の問題点は以下の5つです。

  1. 『勤務時間』に問題がある
  2. 昇給がほとんど無いため、遊ぶお金が無い
  3. 「家族手当」など、結婚に対するメリットが無い
  4. 離職率が高いため、30代が少ない
  5. 【社風が悪い】社内の話題がギャンブル・遊びばかり

 

会社の良し悪しを見抜く方法って『離職率』です。離職率=ブラック企業率と言ってもいいくらい。

離職率を見抜く基準の1つが独身の数。独身者が多い会社って結婚できないほど過酷な現場です。

問題点① 『勤務時間』に問題がある

結婚に必要なものはお金と時間です。

この2つのどちらが欠けていても結婚はできません。

最近の企業は給与が低め。共働き前提なら『給与が少なくても結婚は可能』です。

それよりも問題なのが『時間』。

働き出して1年目は時間に余裕があるかもしれませんが、仕事が任せられるにつれて勤務時間が増えていく可能性があります。

他にも時間についてはこんなことが考えられます。

①-1.不規則な交代制を導入している

製造業でしたら交代制勤務(シフト制)をすることになるかもしれません。

普通は昼勤と夜勤の2つを2週間で交代していく流れになります。

ですが、稀に不規則な時間帯で交代制をしている会社があります。

 

早番 7:00~16:30 遅番 11:00~20:30

 

これに2時間ほど残業が入ってくると平日はほぼ潰れてしまいます。

時間が無くなれば恋愛はできません。結婚も遅くなります。

交代制勤務の実体験を元に問題点をまとめました。

交代制に興味があればあわせてご覧下さい。

関連記事 正社員の「シフト制勤務」で覚悟しなければいけない3つの事由

ブラック企業の求人の特徴
ブラック企業の求人の特徴 | 応募に注意な『売り文句』がこれだ!

続きを見る

①-2.土日の出勤が多い

会社の大多数が土日休みです。

平日休みは飲食店やサービス業のみで、限られた業種だけですよね。

ですが、土日に出勤しなければならない会社もあります。

急な休日出勤は恋愛に悪影響を与えます。

ブラック企業の場合、休日の朝に電話が掛かってきて「今日、会社に出勤な。」と言われるかもしれません。

①-3.残業が多くて仕事以外の時間が無い

未婚者の多い一番の理由が残業。

月の残業が40時間を超えれば疲れが目に見えるようになり、80時間を超えると過労死の恐れがあります。60時間以上であれば恋愛をするような余裕はありません。

土日も疲れを回復するだけの時間になってしまいます。

ポイント

月に100時間以上残業をする写真館に勤めていたことがあります。どのお店も店長以外は全員独身。ただ職場と家を往復するだけの日々になります。

企業の本当の残業時間を見抜く方法も読まれています。

希望求人の残業時間確認にお使い下さい。

関連記事 求人では分からない、企業の本当の残業時間を見抜く5つの方法

夜のビル
求人では分からない、企業の本当の残業時間を見抜く5つの方法

続きを見る

問題点② 昇給がほとんど無いため、遊ぶお金が無い

給与が小銭だけ昇給が無いので遊べない

既にお話したとおり現在は『共働き』の時代。

給与が低くても結婚してくれる女性はいます。問題なのが『女性と出会っていない男性』です。

給与が低ければ自由に遊べません。女性と出会う確立がグンと減ります。結婚相談所等でも声をかけて貰えません。

あなたが見ておくべきは給与の上昇率。昇給です。

昇給が低いと30代になっても給与は低いまま。結婚できません。

特に見ておかないといけないのは、

 

  • 役職が付いている人
  • 現場の責任者
  • 30代の先輩
  • 仕事のできない人

 

の既婚率です。

逆に言えば、仕事ができない人が結婚できているのなら基本的な昇給額が大きいのでしょう。

②-1.1年で5,000円未満の昇給は要注意

具体的には昇給額5,000円未満は要注意です。

22歳で手取り17万円とします。10年後の32歳になっても単純計算で22万円にしか上がりません。

30代手取り22万では結婚資金が貯められません。マイホームの購入も難しくなります。

昇給額3,000円前後はさらに危険です。

恋愛どころか生活も難しくなります。

下手をすると40歳になってもバイト程度の給与かもしれません。

給与とワーキングプアの記事も読まれています。

あなたは働いても生活がラクにならない状態ではありませんか?

関連記事 昇給額5,000円未満の企業に勤めるとワーキングプアになる5つの理由

昇給額5,000円未満の企業に勤めるとワーキングプアになる5つの理由

続きを見る

問題点③ 「家族手当」など、結婚に対するメリットが無い

楽しく生きている既婚者

結婚に対するメリットがあれば「早く結婚したい!」と思いますよね。

 

  • 家族手当
  • 結婚祝い金
  • 子供手当

 

など、企業によって様々な手当てが支給されます。

基本的に家族が増えれば数千円の給料アップとなります。

これが無いと家族が増えただけ出費が増えることになります

1人でもギリギリラインなのに2人で生活できるはずがありません。

  • 社宅
  • 子育て支援

のように間接的に生活を楽にしてくれるものも嬉しいですよね。

会社の福利厚生をしっかり把握しておきましょう。

③-1.家族手当は長期的に換算しよう

家族手当の額は会社により違います。

  • 配偶者 5,000円
  • 子ども1人 2,000円

のように、少ない額かもしれません。

しかし、長期的に考えると大きな額になります。

30歳の時点で結婚。子どもも2人いるとしましょう。

上記の家族手当で換算すると60歳までに324万円のプラスになります。

問題点④ 離職率が高いため、30代が少ない

新しい会社に入った時って誰がどのくらい在職しているのか分かりませんよね。

5歳ほど年上の先輩でも中途入社で勤続1年かもしれません。

頻繁に人が入れ替わる会社はほぼブラック企業です。激務に耐え切れず辞めて行ってしまうからです。

 

離職率が高い会社はストレスが多くなります。

ストレスが多いと恋愛や結婚にまで意識が回りません。既婚者の数も少なくなります。

離職率が高いと人がどんどん入れ替わります。

30代の社員はいません。20代前半でも役職が与えられます。

責任を取る中堅社員が育たないため若手社員が責任を取らされるケースも増えます。

問題点⑤ 【社風が悪い】社内の話題がギャンブル・遊びばかり

遊びすぎている社員

お金も時間もあるのに既婚者が居ない。

それは社風が原因かもしれません。

会社にはそれぞれ雰囲気があります。

落ち着いた生真面目な会社もあれば、ところどころが大雑把でアットホームな会社もあります。

男がお金と時間を持つと「遊び」「車」にお金を使います。ちょっとチャらい会社かもしれません。

お金・時間が良くても人間関係が円滑でないと仕事は失敗します。

会社に止められている車・従業員の髪型、服装などをしっかりチェックしておきましょう。

あなたが「俺はこんな会話に入らない。」と、社内の雰囲気に対立したとします。

あなたが浮いてしまい、仕事上のトラブルが増える危険があります。

SPONSORED LINK

2.転職前に会社の独身者の数を判断する方法

入社前に既婚者の数をチェックする方法が2つあります。

  1. 会社に駐車されている車種を確認する
  2. 従業員が結婚指輪をしているか見る

それぞれ解説します。

①車種で会社の既婚者数を判断する

結婚した後は車種が限定されます。

  1. ファミリーカー
  2. タントのような広い軽自動車

のどちらかが停まっているか確認しましょう。

独身男性は大きな車に乗るメリットがありません。スポーツカーや自分の乗りたい車を選びます。

既婚者は子どもを意識して車を買います。

ファミリーカーや広い軽自動車に乗るようになります。

②会社から出てくる従業員をチェックする

会社にもよりますが、多くの社員が結婚後に結婚指輪を付けます。

特にビジネスでは結婚指輪も信用の証になります。

会社から出てくる従業員の薬指をチェックしましょう。

1日会社付近に居れば『企業の本当の退社時間』も見えてきます。

3.独身者が多くて過酷な会社に入社してしまったら

もしあなたが既婚者の数が少ないブラック企業に入社してしまったら、まずは確認すべきことがあります。

  1. 昇給額
  2. 今後の残業時間

の2つです。

どちらもそれとなく先輩に聞いたり、上司の仕事量を見ていれば把握できます。

 

私は22歳で離職率80%の写真館に入社しました。店長でさえ25歳の職場です。

残業は月に100時間(残業代はゼロ)。9割の人が独身でした。

私は激務に耐え切れず1年経たずに退社しました。

その後、ほとんどの人が結婚している工場に就職。10年以上働き続けています。

 

若いうちなら簡単に転職できます。

将来に希望が無ければ、まずは転職サービスで相談してみると良いでしょう。

当ブログお勧めの20代転職サイトはこちらです。

厚生労働省認定の職業紹介優良事業者。転職後の定着率が90%を超えています。

関連記事 一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ

既婚者の多い会社は長続きする人が多い証拠。長続きする人が多いのは働きやすいためです。

事前に企業の『口コミ』を調べるのもお勧めです。

ブラックな会社だと

「うちの会社は忙しすぎて恋愛もできない。」

と書かれるケースがあります。

社外に出てこない情報だからこそ、自分の手で情報を得る必要があります。

求人には書かれていないデータを転職活動に生かしましょう。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
元ブラック企業社員『SB』

元ブラック企業社員『SB』

月残業100時間以上のサービス業・教育のない現場・突然『辞めろ』と言われるなど、様々なブラック企業を経験。それを元にブラック企業情報を配信しています。 プロフィールはこちら ⇒ Blahara編集部

-ブラック企業の種類・特徴, その他
-

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.