ブラック企業の種類・特徴 その他

うるさい工場内は要注意!正しい騒音対策と危険な症状について

更新日:

うるさい工場

「工場から帰ると耳が遠い気がする。」

「同僚と話すのも大変なくらいうるさい。これって大丈夫なの?」

当記事では工場の騒音について解説します。

 

工場は働く環境が悪いとブラック企業化します。あなたの健康を損ねるためです。

人と話す時に大きな声を出す必要があれば『騒音対策』が必要です。

守られていないと難聴になる恐れがあります。

 

当記事では騒音に対する取り決めと実際の症状について解説します。

騒音は毎日のことなので、少しずつあなたの耳を悪くします。そうなる前に早期の対処が必要です。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.工場の騒音について義務付けられていること

お悩み君
うるさいくらいなら我慢すれば良いんじゃないの?
騒音には厳しい取り決めが決められています。
アドバイザー

 

工場内の騒音は危険です。

耳を劣化させるだけでなく、作業時の合図や連絡・連携ができないためです。

騒音対策のしていない工場ではミスや大きな事故につながる恐れがあります。

 

そのため、事業者は騒音障害防止のためのガイドラインなどを参考に対策をしなければなりません。

 

騒音は人、に不快感を与えたり、会話や連絡、合図などを妨害して、安全障作業の妨げになるだけでなく、騒音性難聴の原因となることから、その防止対策の推進はとても重要です。

参考 労働省 騒音障害防止のためのガイドライン

 

作業環境の騒音レベルを測定して、

  • 保護具の着用
  • 低騒音型機械の導入
  • 防音設備の設置

などが必要となります。

また、労働者の健康診断・衛生教育の実施も求めています。

「健康診断の結果を5年間保存すること」

「定期健康診断の結果を所轄労働基準監督署長に遅延なく報告すること」

必ず実施しなければなりません。

 

あなたの工場は上記のことを実施しているでしょうか?

 

騒音の測定方法は以下の通りです。

①騒音の測定方法について

労働安全衛生法の法律上の義務は、屋内作業における騒音の平均値の測定です。

6ヶ月に1度、以下のような方法で測定します。

 

  1. 作業場を縦、横6m以下の等間隔で引いた交点を測定点とし、床上1.2m~1.5mの間で測定
  2. 発生源に近接する場所において作業が行われる場合、その位置において測定を行う

 

85デシベル未満、85デシベル以上90デシベル未満、90デシベル以上の3つに区分されます。

区分により騒音対策の実施内容が変わります。

 

80デシベルが『地下鉄車内』『布団たたき』などの音です。

90デシベルは『カラオケ店』の音です。

②環境が変われば再度測定が必要

工場内は定期的に設備が変わります。

パーテーションで新しく区切りができたり、新機械が導入されます。

その都度上記の測定が必要となります。

2.うるさい工場の具体例

溶接工場

10年間工場勤務を続けており、他社への工場見学をおこなった私が『うるさい工場の具体例』をご紹介します。

以下のような状況であれば『うるさい工場』です。

①工場内は大きな声を出さないと会話ができない

騒音障害防止のためのガイドラインにあるように、

『作業時の会話がスムーズにできない状況』

は危険な騒音です。

他の従業員に連絡をする際に、耳元で大きな声を出さないといけない場合は危険です。

②帰宅中、車のBGMが出勤時より小さく聞こえる

作業中はそれほど大きな音と感じていなくても、帰宅時に聴力が落ちていれば騒音障害です。

分かりやすいのは車内のBGM。

帰宅時、通勤時より大きな音量じゃないと満足できないのは聴力が落ちているためです。

③工場内で電話応対ができない

工場内で電話ができないため、子機に電話がかかってきた時だけ別室に行っていませんか。

その間は作業員が減ってしまうので現場が混乱します。

これも騒音による連携不足です。

3.騒音の大きな作業をし続けた場合の症状について

人の耳は劣化します。

耳の中には液体が入っており、液体から音の振動を受けて音を感知する骨に伝わります。

耳の手前の方で高い音を。奥の方で低い音を感知します。

低い音を聞くときは高い音を感知する部分も振動します。

そのため、高い音を聞く部分が先に劣化します。

おじいさんやおばあさんが『高い声は聞こえないけど、低い声は聞こえる』のはこのためです。

小さい子は大人より高い音(モスキート音)が聞こえます。これも耳が劣化していないためです。

 

耳栓をせずにうるさい工場で作業を続けた場合、他の人より確実に耳が遠くなります。

有害なレベルの騒音に常にさらされていることで難聴になります。(騒音性難聴)

4.環境の良い工場で働く方法について

あなたの工場は『環境』に対する意識がありますか?

  • 空調設備が完備されている
  • 夏服・冬服の用意がある
  • 靴は安全靴である
  • 保護帽や救急キットがある

こうした意識の無い工場では体調管理ができません。

あなたが病気になっても会社は労災認定するだけ。あなたの症状は残ってしまいます。

 

工場は環境によって働きやすさが全く違います。

あなたが働いている工場の環境が悪い・働きにくいと感じたなら、今すぐに対策をしましょう。

 

まとめ

騒音対策をしている工場は多くありません。

なぜなら、難聴になるまで時間がかかるためです。

騒音に限らず、

『この工場はちょっとおかしいな・・・。』

と感じたら安全面をチェックしてみましょう。フォークリフトのヘルメットが無いなどの状況なら要注意です。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-ブラック企業の種類・特徴, その他

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.