ブラック企業の種類・特徴 時間

「勤めて実感」有給を取れる会社と取れない会社の5つの違い

投稿日:

労働者の権利である「有給」。実際は取れる会社と取れない会社の真っ二つに分かれます。90%以上を消化できる会社がある一方で、有給を使うことが「悪」だと言われるブラックな会社もあります。

どうしてこのような2極化になったのか。

  • 組織が弱くて、特定の人にしかできない仕事がある
  • 気軽に相談できるような上司じゃない
  • そもそも人手不足

と、理由を挙げればキリがありません。

でも、大事なデートや家族のイベントで有給を使いたい場面ってあるじゃないですか。銀行や市役所で手続きをするのも平日の時間が必要です。有給取得はその会社に勤め続けるモチベーションにも影響します。

そこで今回は「有給が取得できる会社と取得できない会社の違い」を5つ書いてみたいと思います。

SPONSORED LINK

有給が使える会社と使えない会社の違い

私自身、いくつもの職場を転々とした経験から有給を使える会社と使えない会社の両社を見てきました。有給は労働者に認められた権利。会社側は忙しければ日時の変更を申し出ることは可能ですが、拒否はできません。

それでも有給の使えない・・・使うと人間関係と仕事に悪影響が出る会社があります。この手の会社は以下のような特徴があります。

自分で交代人員を確保しないといけない

交代制で労働時間が定められている会社にありがちなケースです。

あなたが休めば人員が不足します。その穴を埋めるためにあなた自身が誰かに交代を頼まなければいけません。交代人員が見つからない場合、あなたは休めません。基本的に誰かが残業をすることになります。

有給=別の人の負担

になるので、有給が取りたくても取れなくなります。

人手が足りていない

ギリギリの人員で作業をしている、中小企業にありがちなケースです。1人でも欠けてしまうと生産がストップしてしまう・発送が追いつかないなどの状況なので、有給取得が許されません。

  • いつも他部署からの応援を頼んでいる
  • 正社員・パート社員共に離職率が高い
  • 設備が古い

などの特徴があれば要注意です。特にパート社員の離職率が高いと、新しいパート社員が入社して一人前になるまでは人員不足の状態が続きます。

一部の人にしかできない作業がある

生産ロットの切り替えで2~3人の社員しか正しい手順を知らない作業がある。2人しか居ない課がある。など、一部の人にしかできない作業がある場合、有給により作業が滞る可能性があります。

これ、かなり危険な問題なんです。

有給取得しづらいのはもちろん、体調不良でも休めない状況になります。会社は1人が居なくても作業が滞りなく進むような組織作りが求められますが、それができていない証拠です。

現場任せである

現場に責任を与え、トップが顔を出さない。これは珍しいことではありません。問題なのは現場の責任者とトップの情報交換が滞っていること。

現場がギリギリの人員で何とか作業を行っている状況だとしましょう。それを現場の責任者が問題化するのを恐れトップに報告しなかった場合、今の状況で作業を行い続けなければいけません。

有給取得できないことは無いのですが、現場にあなたが休んだ負担が分散します。そのうち休みづらい空気となり、休む=悪という認識になります。

【社風】有給=会社の損失と考えられている

私の勤めた中で有給願いを出すと露骨に嫌な顔をされる会社がありました。理由は労働者が休むと会社の損だと考えられていたためです。同じ理由で休憩時間も最小限でした。社内で強制参加だった勉強会もあくまで「仕事時間外のこと」だったため、勤務時間外に行われました。

社風って人間関係や給与レベルで大事です。

例えば、

  • 上司が帰るまで部下は帰れない
  • 定時で帰るのは仕事を頑張っていない証拠
  • 事故に巻き込まれようが、災害で電車が遅れようが間に合うように出発するのが社会人のマナー

のような会社は要注意。仕事があって残業するのと、仕事が無いのに残業しないといけないのはストレスが違います。

まとめ

私の会社でもパート社員で定期的に有給を取っている人が居るんですが、周りからの評判ががた落ちで「非常識」な扱いを受けています。まぁ、ちょっとわがままな人ではあるんですが。でも有給を取るのは権利なので自由で良いと思うんですよね。

働くのが正義!休むのは悪!

な考え方の日本ですが、それって間違っていると思うんですよね。プライベートありきの仕事ですから。そういう意味でも有給がある程度は自由に使える、従業員の生き方を考えてくれる会社に勤めたいものです。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-ブラック企業の種類・特徴, 時間

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.