ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

みなし残業のある会社はブラック企業?勤めてはいけない4つの理由を実体験と共に解説

みなし残業のある会社はブラック

「みなし残業のある求人ってブラック企業じゃないの?メリットもあるの?」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めばみなし残業のある求人に応募するべきかどうかわかります

 

元ブラック企業社員の『Ryo』です。友人がみなし残業のある会社に勤めてます…。

お悩み君
月5万くらいの手当てで何時間働いてるんです?
最長で80時間ほどになってました。休日出勤もあります。
Ryo

みなし残業は残業時間が少なければお得。でも多ければ損します。

実際にみなし残業の会社に勤めた経験と共に勤めてはいけない理由をお話しします。

壮絶なブラック経験をどうぞ!

▼残業時間の嘘について▼

関連記事
残業時間の嘘について
残業時間の嘘に注意!月5時間と40時間の求人に隠された秘密とは

続きを見る

▼長時間残業について▼

関連記事
残業70時間以上は勤めてはいけない
残業70時間以上は勤めてはいけない理由。残業80時間は過労死ラインであり、普通ではなく異常な働き方。

続きを見る

スポンサーリンク

1.みなし残業のある会社はブラック企業?勤めてはいけない4つの理由

みなし残業のある会社がブラックな理由

みなし残業のある会社がブラックな理由

以下の4つです。

  1. 残業代で損をする
  2. 想像以上の残業時間になる
  3. 会社が社員のことを大切に思っていない
  4. 会社にとってのメリットが大きい

会社にメリットがなければみなし残業はしませんよね。会社が損しちゃうので。

お悩み君
そうですよね…。やっぱり会社が儲かりますよね。
それを前提に考えるべきです。そして、残業代は出て当然のもの。
Ryo

なのに、みなし残業にして固定化しちゃうっておかしいじゃないですか。

そこに疑問を持ちましょう。

みなし残業でも残業代がちゃんと出る会社もあります。でも少数派ですよね…。

① 残業代で損をする

みなし残業で残業代が固定される

みなし残業で残業代が固定される

残業代が減ります

残業時間が30時間なら30時間分の残業代が出ますよね。でも、みなし残業で20時間分しか出なければ10時間分の損。

お悩み君
なるほど…。そして、基本的にはみなし残業以上の残業時間になると。
そりゃそうです。会社が損するのなら普通に残業代払いますから。
Ryo

ここで問題なのが『何時間分の残業代が出るのか』です。

みなし残業以上の労働があると思って間違いない

私の友人はみなし残業で70時間分の残業代が出てました。10万近かったかな…。

凄い額じゃないですか。実際は100時間以上の残業。休日出勤もあります。とてもやってられないって言ってましたよ。

② 想像以上の残業時間になる

遅くまで残業をした男性

遅くまで残業をした男性

会社は社員を働かせようとします。長く働かせれば得をするからです。

お悩み君
残業代が固定化されてますもんね…。
そうなんです。下手したら部下をたくさん残させたら評価が上がる上司がいるはずですよ。
Ryo

結果、さまざまな方法で残業を長時間化させようとします。

残業長時間化の例

  • 社員で残業時間を競わせる社風にする
  • 残業しないと終わらないノルマを与える
  • 自社だけの残業チェックシステムを作る

月100時間を経験した私の例

私の場合は『基本給に残業代が含まれる』でした。残業代ゼロが固定化されてる形ですね。

結果、月の残業は100時間以上。

やはり特殊なシステムで管理されており、自由に操作できるようになってました。定時で帰ろうとすれば先輩や店長からバッシングを受ける状況です。

1年経たずに倒れて退職しました。

③ 会社が社員のことを大切に思っていない

会社は経営者の考えで大きく変わる

会社は経営者の考えで大きく変わる

利益を社員のために使う意識がありません。

該当してたらさらに注意

  • 福利厚生がない
  • 昇給が3,000円
  • 靴や作業着のクリーニングを自分でしなければならない
  • 自費購入のものが多い

このまま会社が儲かっていったとしても、あなたの状態がよくなる可能性ってありません。

会社が得をするシステムを作ったらそれを守ろうとするのは当然ですよね…。

残業代を支払うのが当たり前

さらに『みなし残業でも超過した残業代を支払う』のは当たり前です。

残業代を支払わないのって違法ですからね。それを上手にやろうとしている経営者の意識が問題。

このまま、社員のデメリットが大きい施策ばかり取り入れられると考えられます

④ 会社にとってのメリットが大きい

会社にとってのメリットが大きい

会社にとってのメリットが大きい

低価格で労働力を確保できること。そして、毎月の人件費が把握しやすいことです。

お悩み君
人件費の確保です?
そうです。残業代が一定なら運営がラクになるんですよね。
Ryo

繁忙期。売り上げが高かったとしても、残業代がたくさんなら利益率は下がります。

社員が残って利益を出した場合、人件費によって利益率が下がりません。わかりやすいですよね。

だからみなし残業のある会社はブラックです。以下の方法で避けましょう。

SPONSORED LINKS

2.みなし残業のある会社に勤めない方法について

みなし残業のある会社に勤めない方法

みなし残業のある会社に勤めない方法

以下の2つです。簡単ですよ。

  1. 残業の管理方法を聞く
  2. みなし残業の多い職種を選ばない

面接でちゃんと質問することです。

どのように管理されているか。みなし残業ですが、実際にはどの程度残業があるのかを尋ねましょう。

その結果がNGなら勤めなければいいだけ。わかりやすいですよね。

① 残業の管理方法を聞く

基本的にタイムカード以外の管理方法はアウトです。

アウトな残業管理方法

  • 自社専用のシステム
  • 上司の手書き

タイムカードでも一定の時間で勝手に切られちゃったらダメですよね。

会社の見学時に社員のタイムカード時間をチェックできると安心です。

私は全て経験しました。

自社専用のシステムはパソコンで管理。パスワードを入れれば簡単に改善できる形でした。

上司の手書きは普通に「今日は残業なしな。」って言われました…。

タイムカードも工場長が勝手に特定の時間で切っちゃったことがあります。

この中でタイムカードだけはスマホで証拠を残しやすいです。それが強み。

② みなし残業の多い職種を選ばない

営業職など

営業職など

わかりやすいのは営業職ですね。

お悩み君
営業職はみなし残業が多いんです?
多いですね。出張等でいつからいつまで仕事をしているか把握しづらいからです。
Ryo

残業代が出ないかわりに、営業手当がある会社も多いです。これってみなし残業と一緒のシステムですよね。

いつからいつまで働いたかわかりやすい『中の仕事』だと安心です。

外回りはみなし残業的なシステムが多くなります。

普通の会社に勤める方法

笑顔で電話応対する人

笑顔で電話応対する人

普通の残業時間+普通に残業代が出る会社に応募しましょう。

単純に離職率で判断すれば大丈夫。サービス残業のある会社ってどんどん人がやめますから。

離職率の低い求人はJAICで見つかります。厚生労働省から優良認定されているんですよ。

JAICを使うメリット

  • 離職率の高い企業の求人を除外している
  • 定着率が高い
  • 34歳までの求人が全国区で見つかる

使わなきゃ損な転職サイトの1つです。1度、お使いください。

▼詳しい内容はこちら▼

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ:みなし残業のある求人に応募すべきではありません

みなし残業のある会社がブラックな理由はこちらです。

  1. 残業代で損をする
  2. 想像以上の残業時間になる
  3. 会社が社員のことを大切に思っていない
  4. 会社にとってのメリットが大きい

デメリットばかりですね…。

これから仕事を探すのなら、残業時間が少なくて残業代が出る会社を選んだ方がいいですよ。

空いた時間で自分で稼ぐ時代にきてますから。

 

以上、『みなし残業のある会社はブラック企業?勤めてはいけない4つの理由を実体験と共に解説』という記事でした。

関連記事
残業時間の嘘について
残業時間の嘘に注意!月5時間と40時間の求人に隠された秘密とは

続きを見る

関連記事
残業70時間以上は勤めてはいけない
残業70時間以上は勤めてはいけない理由。残業80時間は過労死ラインであり、普通ではなく異常な働き方。

続きを見る

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業の種類・特徴, 労働時間
-

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.