ブラック企業の種類・特徴 その他

『訳あり』"即採用求人は怪しい"が正しい3つの理由【高ブラック】

更新日:

即採用の面接

「面接1回、その場で合否がでる即採用の求人がある。これって凄くラクなんだけど大丈夫なのかな?即採用ってあんまり聞かないし・・・。」

という疑問にお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。

仕事上、職業紹介事業者と打ち合わせする機会があります。なので求人から企業の良し悪しを見抜く方法を知っています。

即採用の会社は応募してはいけない地雷求人です。

 

当記事の内容はこちら

  1. 即採用求人の怪しさが正しい3つの理由
  2. 『明日から来て』という非常識に注意する
  3. あなたが考えるべきは『求人に書かれたことの裏側』

 

私の友人も面接で即採用されたんですが、朝5時~19時勤務という異常な会社でした(求人記載では8時半~17時半)。

会社側に騙されないためにも『怪しい』という直感を信じましょう。

では詳しくお話していきます。

SPONSORED LINK

1.即採用求人の怪しさが正しい3つの理由

忙しすぎる現場

即採用求人って怪しく感じますよね。それは本当です。

以下のような理由で応募してはいけないブラック求人です。

  1. 退職ラッシュにより人が足りていない
  2. 常に人が入れ替わっている
  3. これから辞める人がいる

 

ちなみにアルバイトやパートなら即採用もあり得ます。時給でお金が出ますし、そこまで不安にならなくても良いです。

自分の都合でポンっと辞めちゃうことも多いですからね。ほとんどの会社でアルバイト+パートは常に募集してます。

理由① 退職ラッシュにより人が足りていない

一気に人が辞めてしまう退職ラッシュがあったため、人手不足の可能性があります。

ちなみに2018年は人手不足倒産が右肩上がり。人が足りないと仕事が回らなくなります。特に製造系・・・工場とかは稼動できなくなりますよね。

必要な製造ができないと顧客が離れていきます。下手をすれば『顧客からのペナルティ』を受けてお金を支払う結果に。

 

少しでも人手不足を解消したいから即日採用をします。こういう会社に入ってしまうと1人あたりの労働量が多くて残業も増えます。

※ちなみに退職ラッシュの原因は仕事のできる人が辞めることです。実力のある人が辞めれば辞めるほど危険。

参考 「仕事の出来る人が辞めていく」会社は危険度120%

理由② 常に人が入れ替わっている

常に人が入れ替わっている会社も即日採用です。

3年以上続く人がいなくて、定期的に人が辞めて入るパターンの会社ですね。これもブラック企業に多い特徴。

人が入れ替わると給与が低い状態で雇えます。さらに「どうせ辞めるんだから。」と、サービス残業を強要したり、無茶な注文ができます。

新人を雇って給与の上がってきた人を捨てる。このパターンって多いです。

10年以上勤めた人のボーナスを徐々に下げてく会社もあります。

理由③ これから辞める人がいる

これから辞める人が決定している場合も即日採用します。

例えば面接官が『自分が辞めるために採用した』っていうケースもありますね。(ちょっと珍しいですけど)

 

私の場合、辞めようとする社員を役員が『次の人をすぐ決めるから、それまでは何とか居てくれ。』って説得してたことがありました。

入社直後に誰かが辞めるって不安になりますよね。

 

※これは余談ですけど、入社前に誰かが辞めたかどうかって『作業分担』とかで分かります。小さな工場だとロッカーに知らない人の名前が残ってたりもありますね。

人が辞めるのは良くあることですが、ロッカーに名前が残っている状態で採用されるって焦って入社させた証拠です。気をつけた方が良いです。

SPONSORED LINK

2.『明日から来て』という非常識に注意する

残業を続ける男性

飲食店や小売店に多いんですけど「明日から来て」とか「職場を見ていきなさい」みたいに言われて、その場で働くケースがあります。

会社側が『逃したくない』ので、もう雇ったよアピールするんですね。

これ、絶対に断ったほうが良いです。プラスその会社には入るべきじゃありません。常識ハズレだからです。

人を雇うにはたくさんの準備が必要

人を1人雇うって会社側にはたくさんの準備が必要です。

ざっと思いつくだけで、

  • 雇用契約
  • 税金手続き
  • デスクや社員証、作業着の手配
  • 年金手帳や振込口座などの書類の回収
  • 社会保険手続き
  • 労働保険手続き

があります。

常識的な会社だと「面接者が今の会社を退職するまでの期間」まで聞いてきますね。求職者側の準備まで考えてくれると安心です。

いきなり雇うって上記の準備が何もできてません。雇用契約もしてません。それなのに働かせることはできませんよね。

当日から仕事をさせる会社はブラック企業

当日から仕事をさせる会社はブラック企業です。非常識というよりも『労働力が使えてラッキー』くらいに考えてます。

あなたを人のように見ていません。モノ扱いしています。

こういう会社って『始業前の30分は掃除時間』とか言ってきます。掃除時間も更衣の時間も労働時間に含まれます。

参考 30分前出社は違法。始業時間の義務付けで分かるブラック企業について

30分前出社は違法。始業時間の義務付けで分かるブラック企業について

続きを見る

3.あなたが考えるべきは『求人に書かれたことの裏側』

アドバイザー
良いことばかり考えている求人には裏があります。

即日採用を書いている会社って良いことばかりかいてます。

『給与が高い』『転勤なし』みたいなことですね。

『我が社は社員満足度日本一を目指してます。』ということも書いてます。こういうよく分からないことを見かけたら、

「なぜそういうことが書いてあるのか。」

を考えましょう。

メリットの裏には必ずデメリットがある

メリットの裏には必ずデメリットがあります。

『高離職率』残業代100%支給をアピールする求人は危険『当り前』という記事を書きました。

残業代が貰えるって当り前のことなんですけど、それを求人票に書いてます。

これを書く理由って『残業が多い』とか『他に良いことが無い』からです。働きにくい会社だろうなーって想像できます。

 

働きやすい会社を探すならまずは待遇を見るべき。

年間休日が100日だけど給与が高ければ一応は納得できますよね。メリットだけじゃなくてデメリットも一緒に確認できる会社に勤めましょう。

 

待遇の最低ラインをまとめてます

求人の待遇で失敗しない仕事の条件とは『数字から判断できる』

続きを見る

まとめ

最近も仕事柄、転職サイトの求人や広告を見ています。ひどい求人って多いんですよ。

どうやったら30代で年収1,480万円にできるんでしょう。これが本当なら50代で2,000万以上稼げる計算になります。

社員にそんなにお金を払ってたら会社の利益がありません。メチャクチャノルマが厳しいか、完全に成果級でしょうね。

こういう感じで求人の実態を見抜いていきましょう。

 

以上、「『訳あり』即採用求人の怪しさが正しい3つの理由【高ブラック】」という記事でした。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業の種類・特徴, その他

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.