ブラック企業の辞め方

会社をバックレたあなたへ。円満解決して退社する2つの方法

更新日:

会社を逃げてきたサラリーマン

「どうしても出社できなくて、そのまま別の場所に来てしまった。」

会社をバックレてしまって途方に暮れているあなたへ。

当記事を見れば今の状況から脱出できます。

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。

 

会社に出社できなかったのは普通の精神状態ではありません。

うつ病の初期症状として『どこか遠くに行きたい気持ち』があるためです。

参考 厚生労働省 みんなのメンタルヘルス

 

ですが、バックレたままだと会社から電話が鳴り止みません。

家族も心配します。懲戒解雇されて転職に不利になる可能性があります。

 

ちゃんと解決した方があなた自身も人生をダメにしなくて済みます。

当記事ではバックレた後に会社を円満に退職する方法を2つお話します。

これを実践すれば簡単に退職できますよ。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.仕事をバックレたら『退職代行』を利用する

お悩み君
会社に連絡するのが怖いけど、このままの状況も難しい。どうしよう。
退職の代行会社を利用するのが1番です。
アドバイザー

仕事をバックレてしまうと会社に行くのが怖くなります。

上司に電話したとしても優しく接してはくれません。

怒鳴られたりモラハラを受けることになります。

バックレたことも社内に伝わっているため、あなたの居場所は無くなります。

このまま退職してしまうのがあなたにとって1番ストレスがありません。

 

そこでお勧めしたいサービスが『退職代行』です。

行政書士が退職に必要な連絡・手続きを全て代行してくれます。

あなたは何もしなくてOK。最短で翌日退職も可能です。

①会社に行くことなく退職が可能

「このまま会社に顔を出さずに辞めたい。」

こんなことを思っていませんか。

通常、退職には時間がかかります。

 

  1. 上司と業務内容等について相談する
  2. 改善されなかった場合に『退職願』を出す
  3. 退職日が決定される
  4. 『退職届』を提出する
  5. 退職日まで勤務を続ける

 

会社の規定によりますが、およそ退職までには3ヶ月必要です。

法律上は14日で退職できます。

しかし、会社の都合を考慮して1ヶ月以上は在職することが求められます。

 

退職代行サービスを使えば会社に行く必要はありません。

 

  • 会社への電話
  • 退職の意図を伝える、退職を説得する
  • 給与や退職金など、必要なものを全てもらえる

 

上司から責められることも説得されることもありません。

退職金や給与など必要なものは全てもらえます。

あなたはその場で転職のことだけ考えれば良くなります。

転職なら焦る必要はありません。まずはしっかり休んでから『ちゃんと働ける常識的な会社』を探して就職すれば良いんです。

②バックレた今日から有給消化期間にできる

会社をバックレてしまった今日も『有給』にできます。

さらに言えば、本日から有給消化期間にできます。

 

有給取得は会社側にも日付をずらす権利があります。

退職日までの有給が残っていれば有給をずらすことはできません。

有給を使い続けることができます。

②-1.何も対処せず仕事に行かなかった場合

2週間以上無断欠勤を続けると『懲戒解雇』されます。

懲戒解雇は会社からのペナルティでもっとも重いものです。

懲戒解雇の場合、退職金が支払われない可能性があります。

離職票にも「責任解雇」の記載がされます。転職時に不利になります。

懲戒解雇では離職票に「重責解雇」と、しっかり記載されてしまう場合があります。離職票は、雇用保険などの切り替えにも必要になるので、転職先の企業から提出を要求されることも十分に考えられます。

参考 労働問題弁護士ナビ

③お勧めの退職代行サービスがこちら

当ブログでお勧めしている退職代行サービスが『SARABA』です。

退職代行サービスは増えています。

SARABAは3万円のみしか掛かりません。他社が5万円+オプション代なのに対し、安い価格で退職手続きをしてくれます。

退職代行について詳しくはこちらの記事でまとめています。

合わせてご覧下さい。

関連記事 今日会社を辞めたいあなたへ。退職代行サービスを使う4つのメリット

退職できて喜ぶ男性
今日会社を辞めたいあなたへ。退職代行サービスを使う4つのメリット

続きを見る

 

『SARABA』はこちらで申し込みできます。

 

SPONSORED LINK

2.そのまま数日間バックレた後に診断書を提出する

アドバイザー
診断書を持って会社側と交渉すると安心です。

会社に行けなくなるのは普通の精神状態ではありません。

嫌なことがあっても、出勤するその足で別の場所には行かないからです。

このような場合は『心療内科』に行きましょう。

カウンセリング後、診断書を頂くことができます。

ポイント

私も会社に行くのがつらくなり心療内科に行ったことがあります。

診断書をもらって、そのまま会社に提出。即日退職できました。

①病気や怪我の場合、診断書の郵送が可能

病気や怪我でどうしても会社に行けない場合は診断書の郵送が可能です。

多くの会社で医師の診断書により休職が可能です。

休職中は会社規定によって『給与の一部』が支給されることがあります。

休職期間後に退職手続きをすれば円満に退職できます。

②診断書提出時に会社側に連絡は必要

診断書を提出する際は会社側に連絡しなければなりません。

退職代行と違い、あなた自身が手続きしなければならないためです。

ただし、医師の診断というのが『会社に行かなかった理由』になります。

会社側も納得しやすいのでお勧めです。

まとめ

会社を抜け出してしまうと会社にも自宅にも戻れなくなります。

連絡を取ることもできず、まとまったお金もありません。

倒れるまで遠い場所で苦しむことになります。

最後の手段として『退職代行』を利用しましょう。

3万円で全ての悩みから解放されるなら嬉しいですよね。

利用できるものは何でも使ってみましょう。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業の辞め方

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.