退職ポイント その他

会社の方針についていけない時に実践すべき4つの行動

更新日:

急な転勤に悩む人

「急に勤務時間が変わってしまった。」

「仕事量が増えたのに人員を増やしてもらえない。どうしよう。」

最初のうちは働きやすかったのに会社の方針でブラック企業化することがあります。

利益や県からの指摘により運営方針が変わるためです。

あなたを始め従業員を厳しい状況に追い込む会社も多くありません。

あなたは、

  • 方針に従う
  • 転職する

のどちらかを選ぶことになります。

でも大事なことですし直ぐには決断できませんよね。

当記事では会社の方針についていけなくなった時に実践して欲しいことを4つお話します。

私自身『日中仕事からシフト制勤務』への方針変更を経験しています。

実体験を元にした内容です。

あなたの今後にお役立て下さい。

SPONSORED LINK

1.方針変更によりどんな不利益があるのか考える

お悩み君
もうやってられない!こんな会社辞めてやる!
気持ちは分かりますが、少し落ち着きましょう。
アドバイザー

会社が従業員に理不尽な方針を決定した時、

「まさか・・・っ!」

という気持ちになりますよね。

人は環境の変化を嫌います。反発して怒ってしまいます。

ですが、勢いで転職するのは危険です。転職には段取りがあります。

まずは方針の変更でどんな不利益があるのかを冷静に考えましょう。

 

私の場合は「シフト制勤務の導入」でした。

  • 残業代が無くなる
  • 生活リズムが乱れる
  • 製造数量が増えるため、荷受等の仕事が増える

といった不利益がありました。

特に『給与』に関わる内容が問題です。残業代が無くなることで生活できなくなりました。

しかし、不利益の裏にメリットもあったんです。

①メリットがある可能性も考慮する

シフト制勤務により残業がなくなりました。

時間が自由に使えるようになったため、個人で稼ぐ勉強ができたんです。

彼女や友人たちとの時間も増えました。

お金はありませんでしたが、自分の努力により改善することができました。

 

あなたも方針変更によるメリットを考えましょう。

メリットが全く無ければ会社側と相談することになります。

2.直属の上司に不安な気持ちを相談する

相談に乗る上司

会社の方針が変わることを従業員は嫌います。

それを会社側も承知しています。

今は上司に不安な気持ちを相談するチャンスです。

 

「残業代が出なくなったら生きていけません。少しだけでも残業枠は残りませんか。」

「今の状況では仕事が回りません。パート社員を1名だけ雇えませんか。」

 

相談内容は具体的であるべきです。

上司は「どうすれば改善できるか。」が分からないことがあります。

ただし、会社の方針も考慮しなければなりません。

『今まで残業40時間の給与でした。せめて15時間は確保できませんか。』

という妥協案を持ちかけます。この方が相談が成功しやすいです。

①会社側は意見を言わないと分からない

方針に対して怒るだけでは会社側は分かりません。

従業員から不満の声が無いと「OKだな。」と判断されるためです。

必ず相談するようにしましょう。

 

3.退職者が出るかどうか噂を集める

会社の方針に従えないのはあなただけではありません。

あなたと同じ状況に立つ従業員全員が同じ問題を抱えています。

誰もが転職を考えます。

そこで大切なのが、本当に退職者が出るのかどうかのチェックです。

 

方針変更により退職者が出た場合、従業員が一斉に退職する『退職ラッシュ』につながります。

 

仕事のできる人・重要な仕事を任されている人が辞めた場合は特に危険です。

会社の運営に関わるためです。

 

①退職ラッシュは残された人に負担がかかる

退職ラッシュ後は従業員の数が減ります。

しかし、労働量は変わりません。残された従業員が全てを負担することになります。

 

  1. 残業が増える
  2. 休憩が取れないほど仕事量が増える
  3. ミスや事故が増える
  4. 新入社員に教育をしなければならない

 

という状況になります。

退職ラッシュ後に転職活動を始めても時間がありません。

退職する人がどのくらいいるのかの噂集めは重要です。

4.現在よりも良い環境に転職できるか調べる

お悩み君
やっぱり転職も考えようかな。
準備するのはタダです。まずは下見から始めましょう。
アドバイザー

会社の方針に何のメリットも無く、上司に相談してもダメだった場合に転職を考えます

しかし、いきなり退職するのは危険です。

転職先が見つからず『空白期間』ができるためです。

まずは今の転職事情を調べることが必要です。

 

どうせ転職するのなら今のより良い職場を狙います。

  • 給与が上がる
  • 残業が減る
  • 離職者が少ない

工場なら、

  • 空調がある
  • 人員が足りている
  • 勤務時間がハッキリしている

と言う部分に注目します。

 

気になる求人が無かったのに退職したら大変ですよね。

在職中の今のうちに転職サイトから求人をチェックしましょう。

①転職には有利な時期がある

また、転職にはシーズンがあります。

新入社員が辞めやすい5月。ボーナス後の9月は退職者が増えます。同時に求人も増えます。

12月や1月は休日も多いため退職者が減ります。求人もほとんどありません。

 

転職を決断したとしても、転職時期をずらすのは有効です。

退職までに1ヶ月以上かかることもあります。

転職シーズンから退職時期を判断しましょう。

 

②現在の状況を相談するだけでも良い

転職エージェントサービスを利用すれば、専門のアドバイザーから転職に関する相談を受けられます。

あまり知られていませんが在職中でも利用可能です。

  1. 今、どんな求人があるのか
  2. 自分のスキルで年収アップは狙えるのか
  3. しばらく相談しつつ仕事を探しても良いのか

を聞いてみましょう。

相談するだけでも気持ちは落ち着きます。

まとめ

会社の方針は定期的に変わります。

10年・20年も同じ状況で運営できる会社の方が珍しいくらいです。

感情任せに退職するのではなく、冷静にメリット・デメリットを考えましょう。

仕事はあなたの人生を左右します。

転職も戦略的におこないましょう。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-退職ポイント, その他

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.