ブラック企業からの転職 企業の見つけ方

年間休日120日以下の会社に勤めた経験談【人生を損する理由】

投稿日:

年間休日120日以下は勿体無い年間休日120日以下は勿体無い

「年間休日120日以下の仕事ってどうなんだろう。120日以上がホワイトなのは想像がつくけど、115日とかそのくらいなら我慢できるんじゃないかな。」

という疑問にお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。年間休日「96日」「124日」「115日」の会社に勤めた経験があります。

結論から言うと年間休日124日でも少なく感じます。年間休日120日以下は『損』をします。

 

当記事の内容はこちら

  1. 年間休日120日以下の会社に勤めた経験談
  2. 年間休日120日以下は階段式に少なくなっていく
  3. 年間休日は120日以上を選ぶべき

 

「とりあえず求人は年間休日120日でソートしてみよう。」という判断基準になります。ここを妥協すると人生を損しますので、シビアに決めたほうが良いですよ。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.年間休日120日以下の会社に勤めた経験談

年間休日120日以下の会社年間休日120日以下の会社
  • 年間休日115日
  • 地元の大企業(病院関係の内容)
  • 企画部(事務含む)

年間休日的には少なすぎるわけじゃありません。でも私はこの会社を退職することにしました。社風など原因はいくつかありましたが、年間休日の少なさもストレスの1つです。

 

それ以前に年間休日96日の会社に居たため、年間休日115日が物凄くホワイトな求人に感じていました。実際は全国平均レベル。体感的には『休みの少ない企業』でした。

年間休日115日の場合の内訳

  • 週休2日制 ※業務により月数回の土曜出勤あり
  • 年間休日115日
  • 祝日
  • 夏季・冬季休暇
  • 有給

経験談:休みの多い月・少ない月の変動が激しい

基本は土日祝休み。しかし、繁忙期は土曜日出勤があります。

プラスで休業日に会社の行事や地域のイベントの手伝い参加がありました。

休みの多い月(5月など)はカレンダーどおりに休めたものの、別の月では月6日休みがあります。

 

日本では15日祝日がありますので、土日プラス祝日だと年間休日は119日。これに長期休暇があれば124日ほどが普通です。

なのに115日になるって『休みが少ない月が多いため』なんですよ。

ブラック 企業研究家
カレンダー通りキッチリ休んで予定を立てた方がプライベートが充実しやすいと分かったため、突発的に土曜出勤が入ってくるのはつらかったです。
SPONSORED LINK

2.年間休日120日以下は階段式に少なくなっていく

年間休日は階段式年間休日は階段式

年間休日数は特定の日数に企業が集中しています。

年間休日120日の下は119日なのですが、年間休日119日の会社って多くありません。

115日・110日・105日に集中しているため、あなたも年間休日120日以下の会社に入る場合は『5日単位で年間休日が下がっていく可能性』が高いです。

忘れてならないのは『年間休日は交渉できない』という点です。

給料は交渉次第で上がります。しかし、自分だけ休みを多くしろとは言えませんよね。副業等で対処もできません。年間休日だけは妥協できないポイントです。

年間休日115日・110日・105日が多い

年間休日120日以下の件数年間休日120日以下の件数

上記画像は求人数No.1のリクナビNEXTでチェックした結果です。(2019年1月15日調べ)

  • 年間休日115日 215件
  • 年間休日110日 304件
  • 年間休日105日 383件

が特に多いです。

年間休日105日に関しては法律で労働者を残業代ナシで雇えるギリギリの労働時間。企業が採用するのも納得です。

 

なぜ110日、115日が多いのか。シンプルに『キリが良いから』です。

中途半端な年間休日って『土日祝日休みだけど繁忙期は出勤が多いよ』というのがほとんど。企業的には社員を長く働かせたいからキリが良くて少ない休日数を選んでます。

企業求人に『年間休日120日以上』がおすすめポイントになっている

上記の調べだと年間休日120日の会社は1762件です。

年間休日120日の会社がこれほどあるのに、わざわざ少ない年間休日の会社を選ぶ必要はありません。

3.年間休日は120日以上を選ぶべき

120日の証拠私が働いた年間休日124日のカレンダー

年間休日124日なら上記の通り、カレンダー通り+長期休みがあります。

これなら十分に休めますよね。

休みは多ければ多いほど良いのですが、休みが多い会社は人気です。年間休日130日の会社があったらアっという間に応募が終わってしまいます。ライバルも多いです。

なので、年間休日120日の会社を検討しましょう。

年間休日120日の特徴を解説『内訳や平均からホワイトな理由を分析』』という記事で詳しく解説しています。

 

ただし、年間休日が多くても『残業が長くて職場の雰囲気が悪い』なら続きません。大切なのは常識的な会社であること。

常識的な会社が見つかる転職サイトは以下の2つです。このどちらかで求人を探せば年間休日が120日以上あってあなたが働きやすい会社が見つかります。

 

どちらもアドバイザーの質が高いです。

JAIC ※国内に48社しかない厚生労働省認可の職業紹介優良事業者の1つ。全求人先を査察。ブラック企業ゼロです。

DODA ※応募者と企業のマッチング率が高く、30代に選ばれているサイト。

 

あなたが10代・20代ならJAICを使いましょう。全求人先を査察して離職率の高い企業を除外。そうした取り組みが厚生労働省から認められた全国規模の転職サイトって他にありません。

チェックして損はありませんよ。

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ:年間休日は多ければ多いほど良いに決まってます

年間休日が5日違うと38年で190日違います。人生を190日損します。

年間休日は多ければ多いほどお得です。単純にあなたの時給もアップします。

当記事でお話したとおり、年間休日だけは交渉の余地がありません。妥協してはいけないポイント。最低でも年間休日120日以上の会社を選びましょう。

 

以上、「年間休日120日以下の会社に勤めた経験談【人生を損する理由】」という記事でした。

 

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業からの転職, 企業の見つけ方
-

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.