ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 その他

結婚にマイホーム。転職すべきかどうかの答え。30代、年収350万円の本音

真剣な顔の男性

で、あなたはどうしたいのか?

30代で年収350万円って微妙なラインですよね。生活するには問題ありませんが、他の人と比べると低いような気がします。かといって、転職を考えると年齢的に不安が残ります。

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

そこで昨年に結婚をし、注文住宅を建てている私が30代年収350万円の本音を語らせて頂きます。皆さまの将来の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

年収350万円でできること

口をふさぐサラリーマン

「えっ!私の年収って低すぎ?!」このキャッチコピー凄いですよね。胸に突き刺さります。

実際、年収350万円がどの程度のレベルなのか。私の経験を元に皆さまにお話します。

SPONSORED LINKS

1.結婚

手取り18万円としましょう。

結婚は問題無くできます。習い事などのイレギュラー的な出費が無ければ月々3万円ほど貯金ができます。ボーナスを使えば旅行も行けます。ただし、自由になるお金はありません。月に1万円のお小遣いが貰えれば良い方でしょう。

子供を作るなら共働き

子供が欲しいなら話は別です。とても手取り18万円ではやっていけません。子供が小さいうちは何とかなります。が、成長するにつれ食費・教育費が生活を圧迫します。

奥さんがパートをするのなら何とか生活できるでしょう。やはり贅沢はできません。自由になるお金はありませんし、友人らと飲みに行くのも回数が限られます。

2.中古住宅、または建売購入

建設中の家

結婚の次はマイホームを考えます。

年収350万円では注文住宅を建てるのは不可能です。

2,000万円を借りるとして、金利が限りなく安かったとしても月々の支払いは55,000円(35年ローンの場合)。そこに住宅修繕の積み立て+固定資産税+保険代として25,000円が入ってきます。手取り18万円のうち、8万円が住居費に消えてしまっては生活できません。

ローンを安くするために、建て売りか中古物件、中古アパートが精一杯です。

私の場合、別の収益があるため何とか注文住宅が建てられる。というレベルです。

まず注文住宅を建てるローンが借りられない

ちなみに年収350万円でローンを借りるとしても2,000万円が限界です。名前の知れた企業なら2,200万円まで借りれるかもしれません。しかし、その程度までです。

注文住宅を建てるには土地代(800万円前後)+住宅代(2,000万円前後)+諸経費(200万円前後)が必要です。頭金が1,000万円無いと注文住宅が建てられない計算になります。

3.軽自動車の購入

ブリキの車

30代になると、

  • 結婚
  • マイホーム
  • 冠婚葬祭のお金

など、色んな出費が考えられます。20代の頃は自由にお金を使えましたが、30代になれば真剣に貯金を考えなくてはなりません。

30代でまず買うことになるのが車です。20代前半で買えばそろそろ寿命が来る頃です。しかし、車に300万円を使うと貯金がほとんど無くなってしまいます。もちろん維持費も大変です。そこで軽自動車を買うことになります。

車2台、乗用車は生活を切り詰める必要あり

結婚後はさらにお金がかかります。あなたと奥さん、それぞれ1台ずつ車を持つと手取り18万円では貯金ができなくなります。まずは車を1台にしなければなりません。しかも乗用車は税金+維持費が高いため、軽自動車に限られます。

転職か副業を視野にいれるべき

私の会社はもともとは年収400~450万円の会社でした。しかし、残業がゼロになったため年収がガクンと減りました。そこで生活が苦しくなった同僚は全員転職しました。

私は副業に力を入れたため生活できています。

あなたが人並みな生活を送りたいのなら転職を視野に入れるべきです。

ストレス無く、嫁と二人三脚でやっていく。と言うスタンスなら年収350万円でもやっていけます。贅沢をしたい、車が欲しい、家が欲しいのなら転職か副業をしないと不可能です。

自分一人で転職活動をしてはいけない

ただし、転職に失敗してしまうと年収が下がり、ストレスも上がってしまう可能性があります。こうなるとやり直しが聞きません。年齢がネックになるためです。

30代で転職に失敗する人のほとんどがハローワークを頼っています。転職にリスクがあるからこそ、専門化が居る転職サイトを利用するべきです。

特にあなたにあった企業を紹介してくれるDODAやエージェントサービスはお勧めです。

 転職サイトのDODAで転職

私の会社は40~50代の人は年収700万です。世代により大きく年収が違います。そりゃもう悲しくて悔しくて涙が出ます。彼らに勝ちたいのなら転職するか副業するしかないのです。そうでなければ耐えるしかない。そんな時代になっていることに気がつかなくてはいけません。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, その他
-

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら