ブラック企業からの転職 企業の見つけ方

2度目の転職で失敗したあなたへ4つのアドバイス

頭を抱える人事部

私は新卒後に2度、転職に失敗しました。3度目の転職に失敗すると二度と正社員になれない気がしたため、プレッシャーで押し潰されそうでした。

きっと皆さんも同じ気持ちでしょう。

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。

そこで、次の転職で失敗しない為の4つのアドバイスをさせて頂きます。私も実践したことです。長続きできる会社の正社員になるために少し遠回りをすることになりますが、それでも失敗するよりはマシです。

少しでもご参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

派遣社員・契約社員で仕事を試す

考え込む女性社員

「この仕事ならできるかもしれない。」

「事務仕事で失敗したから工場に転職してみよう。」

このように考えて仕事を選んでいませんか?

「〇〇かも・・・」が許されるのは最初の転職だけです。2度、転職に失敗したあなたは後がありません。次も同じイメージで転職してしまうと正社員として勤務できる可能性がガクっと下がります。履歴書の段階で「こいつは続かない。」と思われるためです。

そこで、自分ができそうな仕事を考えた後に正社員以外の雇用で試して見ましょう。期間が限定できる派遣・契約社員がお勧めです。履歴書や次回の面接時に「期間満了のため退社しました。」と言えるためです。

私は現在の製薬会社に入社する前に派遣社員としてカルビーの工場で勤務しました。工場の「時間通りの作業」「サービス業に比べて人がストレスにならない」と言う特徴が自分に向いていると思ったためです。実際に働いてみて苦にならなかったので、工場の正社員求人を探すようになりました。

企業側に安心して雇ってもらうために

何度も退職していると、企業側は雇うだけムダにならないかと心配になります。企業側に安心してもらう事が転職に成功するコツになります。

1度、派遣・契約社員で狙っている仕事と同じ分野の仕事をしておくと未経験になりません。未経験者に比べて現場を知っていることで企業側に安心して貰えます。

SPONSORED LINK

零細企業も視野に入れる

大企業・中企業の求人だけを見ていませんか?

大企業のメリット・デメリットを考えて見ましょう。

 icon-caret-right メリット

  • 給与が高い
  • 福利厚生が充実している

  デメリット

  • ライバルが多い
  • 決め事が多く、厳しい
  • 転勤の可能性がある

私は資本金81億8百万円の大企業に勤めたことがあります。新人に対する細かな教育が無く、ドライな仕事環境でした。

現在勤めている製薬会社は資本金2千万の小企業です。それだけに上司・役員との関係が近く、細かなことも相談しやすい社風があります。

大卒だから大企業に勤めないといけない。と考える必要もありません。あなたが長く働ける仕事を見つけることが転職の成功です。そのために、今まで注目していなかった小さな会社の求人もチェックするようにしましょう。

給与・労働時間・人間関係の優先順位を出す

メモ

仕事の3大要素が給与・労働時間・人間関係です。

このバランスが取れなければ仕事は長続きしません。モチベーションが下がってしまうためです。

icon-caret-right 仕事のモチベーションを維持できなくなった時が辞め時である3つの理由

しかし、全てが完璧な仕事はほとんど見つかりません。そこで、優先順位を付けることが大切です。モチベーションの下がり方は人の性格によって違うためです。

この3つの優先順位によって仕事の選び方も簡単になります。

 

1.給与

2.人間関係

3.労働時間

の場合、残業があり、働けば働くほど給与の増える仕事を選べば良いです。クリーンな工場、教育がしっかりしている営業職が良いでしょう。

就職のプロに相談する

転職の相談を家族や友人だけにしていないでしょうか。

身近な人は自分の物差しであなたのことを判断します。転職に失敗したことで責められる可能性もあります。

そこで、転職のプロに相談してみましょう。

 icon-check あなたのことを客観的に判断してくれる

  1から転職に関するアドバイスをもらえる

  あなたに合った求人を探してくれる

しかも、相手はあなたが転職に成功したことで報酬が貰えます。仕事ですからね。その分、真剣に相談に乗ってもらえます。転職のプロとはエージェントサービスや、転職に失敗した人向けの求人を扱っている企業のことです。

第2新卒・職歴無しでも成功できる転職サイト2選

特に転職に失敗した後でも相談しやすい転職サイトを2つご紹介します。1人で悩むより、誰かに相談した方が転職は成功しやすくなります。全て無料で利用できます。損はしませんのでまずは相談してみましょう。

 icon-hand-o-right 1位 DODA

転職サイトはDODA

DODAは非公開求人を多く扱っています。非公開求人は離職率の低い会社の急な欠員など、特別な求人が見つかる確立が高いです。選任のキャリアアドバイザーがマンツーマンであなたの相談に乗ってくれます。1から転職を指導して欲しい人に特にお勧めです。

参考 DODAの求人がブラック企業率の低い7つの理由

 2位 ハタラクティブ



ハタラクティブは実際にアドバイザーが目で確認した職場を紹介してくれます。なので、ブラック企業に入ってしまう可能性が他社より低めです。自分発見カウンセリングサービスや、未経験OK・職歴が無くてもOKの求人が多いと言う特徴があります。デメリットとしては東京近郊のみの求人扱いになります。逆に、東京近郊の方はまずハタラクティブで相談すると良いでしょう。

参考 【内定率82%】未経験の業界へ転職したいならハタラクティブが使える理由

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
元ブラック企業社員『SB』

元ブラック企業社員『SB』

月残業100時間以上のサービス業・教育のない現場・突然『辞めろ』と言われるなど、様々なブラック企業を経験。それを元にブラック企業情報を配信しています。 プロフィールはこちら ⇒ Blahara編集部

-ブラック企業からの転職, 企業の見つけ方

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.