ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 その他

昇給なしの求人って大丈夫なの?やっぱり危ないの?【ブラックです】

昇給額を計算する女性

「定期昇給が無い求人って大丈夫なのかな。何かで給料が保証されていて当然だよね。昇給がないってどれだけ働いても損みたいなものだし…。」

という疑問にお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

結論から言うと昇給なしの求人は応募しないほうが良いです。やっぱり『普通じゃない会社』だからです。

 

当記事の内容はこちら

  1. 昇給なしの会社が危険な3つの理由
  2. 定期昇給なしの給料の上がり方について
  3. 昇給なしのメリット ← ありません

 

あなたが現在勤めている会社が『昇給なし』になった場合は即転職を考えるべきです。

会社員にとって昇給=評価。昇給なしは評価が上がらないのに仕事量が増える時給ダウンと同じだからです。

※平均昇給額は『【疑問】昇給っていくら?平均は?2年目の昇給額が少なくて「えっ?!」と驚いたあなたへ』という記事で解説しています。

詳しくお話しますね。

スポンサーリンク

1.昇給なしの会社が危険な3つの理由

  1. 利益率が悪化して傾いている危険がある
  2. 社員を使い捨てにする考え
  3. 臨時昇給をちらつかせて昇給しない

上記3つです。

 

少ないお金昇給しないのには理由がある

 

通常、求人に昇給額を記載します。なぜなら、昇給額は求職者を集める好材料だからです。求人は人手不足だから出します。人が集まらない内容にすべきじゃありません。

なのに『昇給なし』と書くのは会社は以下のような理由で危険です。

理由① 利益率が悪化して傾いている危険がある

昇給が本当にできないほど利益が悪化している危険があります。

 

経営者

利益が悪い。しかし人を入れないと赤字の前に会社が動かなくなって倒産してしまう。昇給については記載をせずに人を募集しよう。

こういう会社に入ってしまうと昇給以前に『作業量』でストレスフルになります。ボーナスも出せないのでボーナスも『未定』のような書き方になっています。チェックしましょう。

理由② 社員を使い捨てにする考え

社員を使うだけ使って退職させる考えなので、昇給を無駄なものだと考えている可能性があります。

社員の使い捨てはブラック企業に多い特徴。

 

  • できるだけ長時間会社に残させる
  • 給料が上がる前に退職に追い込む

 

というイメージです。

逆に昇給額を高額にしても良いのですが、求人に記載した以上は記載額の昇給をしないといけませんよね。求人が証拠になるためです。

だから求人に昇給額を記載しません。

理由③ 臨時昇給をちらつかせて昇給しない

面接で『定期昇給はなしだけど、臨時昇給で対応しているよ。』と言われたら要注意。臨時昇給は定期昇給ではありません。昇給しないことも可能です。

口では『昇給する』と言いつつ、経営不振だから昇給しないと逃げられます。

Ryo
私の勤めていた会社では会社が業務停止になったため5年間昇給なしになったことがあります。口では『いつか一気に昇給する』と言っていましたが、その日は来ませんでした。
SPONSORED LINKS

2.定期昇給なしの給料の上がり方について

基本は臨時昇給か手当の増加になります。

 

臨時昇給とは

年齢や役職、年に1度の昇給ではなく『功績や労働量に応じて昇給を決定する方法』です。

 

手渡しのお金臨時昇給のみはブラック企業の逃げ道

給料の上がり方:臨時昇給・手当の増加

臨時昇給・手当の増加どちらも操作できる昇給方法です。

通常は年に1度必ず昇給しなければなりません。その取り決め枠じゃありませんので、気分次第で昇給なしが実現できます。

また、手当の増加は『給料ダウン』が可能。

会社って本来は社員の給料を下げられないんですよね。でも手当は基本給じゃないので、与える必要がないお金です。会社の権限で自由に上げ下げできます。

Ryo
基本給が上がらない会社はブラック企業だと思った方が良いです。運送業に多いですね。

3.昇給なしのメリット ← ありません

お金でお金マーク昇給がなくて良い事はゼロ

ぶった切りますと、定期昇給がない会社に入っているメリットはゼロです。

会社は勤め続けると必ず仕事量と責任が増えます。そういうものです。なのに給料が増えないって時給がダウンしているのと同じ。

勤めれば勤めるほどあなたはつらくなるだけです。転職しましょう。

 

転職って難しく感じますが、普通に昇給できる会社を探すなら簡単です。離職率の低い求人が多い・アドバイザーの質の高い転職サイトを使えばOKだからです。

 

アドバイザーの質が高い転職サイトは以下の2社です。

JAIC ※国内に48社しかない厚生労働省認可の職業紹介優良事業者の1つ。全求人先を査察。ブラック企業ゼロです。

DODA ※応募者と企業のマッチング率が高く、30代に選ばれているサイト。

 

特にJAICはオススメ。全求人先を査察。離職率の高い企業の求人を除外しています。そうした運動が厚生労働省から認められてます。

10代・20代に特化した転職サイトではありますが、あなたが10代・20代なら絶対使うべき。

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ:昇給は普通にある会社を選びましょう

当り前ですが、昇給は多い会社を選ぶべきです。

23歳で1万円昇給があったとします。残り37年間で444万円のプラスになります。もし、昇給がなければこの444万円がゼロ。生涯年収はガクッと下がります。

普通に昇給がある求人を選びましょう。

昇給がなくなってしまったら会社を辞めるべき。いつまでも会社の情に振り回されていると、あなたの人生も一緒に転落します。

 

以上、「昇給なしの求人って大丈夫なの?やっぱり危ないの?【ブラックです】」という記事でした。

 

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, その他
-

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら