ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 転職サイト

結婚式場の仕事が辛いあなたへ。『ブラックブライダル』の3つの実態

 

結婚式場の料理結婚式場の仕事は見た目以上に辛い。人間関係もドロドロです。

「結婚式場の仕事が辛い。華やかな仕事だから憧れてたのに、こんなに怒鳴られたりでブラックな現場って知らなかった。どうしたら良いんだろう。」

という悩みにお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。私も結婚式場で働いていた経験があります。

  • 休みが少ない
  • 給料が安い
  • 人間関係がドロドロ
  • ストレスのためスタッフが厳しい・パワハラが多い

という現場です。

耐えられないなら早期転職をお勧めします。私はずっと我慢した結果、心身共に壊してドクターストップになりました。

 

当記事の内容はこちら

  1. 結婚式場の仕事が辛い『ブラックブライダル』の実態3つ
  2. ウエディングプランナーが辛いのは当り前
  3. ブラックなブライダル業界で楽しく働くために考えたいこと

 

「全部の結婚式場がこんなにブラックなのかな…。」と思いますよね。もちろん全部じゃありません。働きやすい結婚式場の見抜き方もあわせてお話します。

どうぞご覧下さい。

スポンサーリンク

1.結婚式場の仕事が辛い『ブラックブライダル』の実態3つ

  1. 年間休日が100日未満で残業時間が長い
  2. 離職率が高いので1人の負担が大きい
  3. 女性が多い職場にありがちな『ドロドロの人間関係』

上記3つです。私の経験談からお話します。

実態① 年間休日が100日未満で残業時間が長い

タイムカードを押そうとする女性休みが少なく残業が多い

サービス業なので休みが少なく、新郎新婦を見送るまで結婚式場に残らないといけないので拘束時間が長いです。

私が勤めていた結婚式場の場合は年間休日96日で朝6時半出社の夜23時までが普通でした。

ちなみに給料は基本給に残業代が含まれる契約。残業代ゼロです。

 

年間休日96日は全体の平均から見ても下の方。長く勤めれば勤めるほど損です。最低ラインも下回ってます。

雇用待遇的に既にブライダル業界はブラックです。

実態② 離職率が高いので1人の負担が大きい

疲れている男性ブライダル業界は仕事を覚える前に新人が辞めてしまう

ブライダル業界は雇用待遇が悪いので離職率が高いです。1年以内に辞める人がほとんど。

なので、残った人にたくさんの仕事量が回されます。

仕事は多ければ多いほど時給が低くなります。貰うお金の量が一緒で仕事量が増えるためです。

 

1人で複数の仕事をこなすことになるのでミスが増えます。ブライダルはミスの許されない仕事。1度のミスで上司から泣かされるほど叱られます。

実態③ 女性が多い職場にありがちな『ドロドロの人間関係』

腹痛を訴える社員ストレスでお腹が痛い女性社員
  • 陰口が多い
  • 派閥に入らないといじめられる
  • お客さんのことを悪く言う・あだ名を付ける

 

ブライダル業界は女性が多いので『人間関係がドロドロの職場』になります。

もちろん、全部の女性優位の職場がドロドロとは言いません。ただしブライダル業界はストレスのたまる現場。女性の悪い部分が出ちゃいます。

私の場合は『悪口が多い』とか『仕事を教えてもらえない』『モラハラを受ける(育ちをバカにされる)』という状況でした。

SPONSORED LINKS

2.ウエディングプランナーが辛いのは当り前

厳しいブライダル業界ウェディングプランナーは仕事の幅が多すぎる

ウェディングプランナー:営業、発注、運営の何でも屋

なので、仕事的に辛いのは当り前です。

ウェディングプランナー:営業、発注、運営の何でも屋

営業なのでノルマがあります。イベンターなので企画や提案をしないとダメ。ブライダル業界なので失敗が許されない。

本当に『怒鳴られる』職場です。

お客さんの担当として前に立つ仕事。誰かのミスも自分の責任になるので謝る機会も増えます。感謝されること以上に泣くことが多いです。

ストレス耐性の強い人とか、体育会系の人じゃないと勤まりません。

3.ブラックなブライダル業界で楽しく働くために考えたいこと

  1. ホワイトな結婚式場に勤める
  2. 仕事を頑張り過ぎない

この2つです。

考えたいこと① ホワイトな結婚式場に勤める

結婚指輪仕事量が分散されている結婚式場を選ぶべき

大手の専門式場に勤めましょう。

人が集まっているので仕事量が分散されています。ウエディングプランナーも当日の流れまで担当しなくてOKです。バンケットキャプテンという役割があるためです。

 

ゲストハウスは『植物の水やり』などの無駄な仕事が増えます。特別な演出とかも増えますのでオススメしません。(2組の結婚式を挙げると朝から晩まで勤務になりますし。)

考えたいこと② 仕事を頑張り過ぎない

「新郎新婦のために素晴らしい結婚式を挙げる!」とか気負うのも止めましょう。

仕事の1つとして60%くらいの力で提案した方が良いです。ただでさえ過酷な現場なので精神的に終わってしまいます。

あなたが倒れてしまうと新郎新婦の担当ウェディングプランナーが代わってしまいます。それって1番避けたい事態ですよね。

最悪なことを避けるためにほどほどの力で取り組みましょう。

ホワイトな結婚式場に勤める方法

シンプルに『離職率の低い結婚式場』を探せばOKです。

 

以下の2つの転職サイトを使いましょう。

JAIC | 全求人先を査察。離職率の高い求人を除外。厚生労働省から職業紹介優良事業者の認定を受けている。

・リクシィキャリア | ブライダル特化の転職サイト。業界経験豊富なカウンセラーが対応。

 

JAICは10代20代限定ですが、全求人先を査察しています。全国展開している転職サイトでJAIC以上の転職サイトは無いでしょう。

リクシィキャリアはブライダル特化の転職サイト。とりあえず相談してみましょう。ブライダル業界の内情を知っているので『ホワイトな式場』も分かります。

 

業界経験豊富なカウンセラーがサポート
「ブライダル特化の転職サービス」リクシィキャリア

まとめ:ブライダル業界からの脱出を考えるのもアリです

ブライダル業界って好きな人だけが勤務を続けています。

「結婚式場の仕事が辛い…。」と思っちゃったあなたは向いていないのでしょう。無理して続けるよりブライダル業界から脱出するのもありですよ。

スキルを生かして別のサービス業に就いたほうが結果的にラクです。

 

以上、「結婚式場の仕事が辛いあなたへ。『ブラックブライダル』の3つの実態」という記事でした。

 

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, 転職サイト

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら