ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 その他

給料が安い・低いから転職は大丈夫?年収を100万アップする4つのチェック項目

給料が安いから転職

「給料が低すぎる。これでは生活できない…。転職したいけどどうだろう。」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば給料が低い時に転職するチェック項目がわかります

 

元ブラック企業社員の『Ryo』です。年収180万の時代がありました。

お悩み君
それは低すぎ…転職して結果を出したんです?
無事、年収350万~になりました。
Ryo

転職で給料をアップさせるにはコツがあります。

待遇を見るのはもちろん、本当に給料が上がるかどうかをチェックする必要があります。

私も実際にチェックして試した内容をまとめましたのでお役立てくださいね。

▼ブラック企業を辞める手順▼

関連記事
ブラック企業を辞めたいなら。
1秒でも早くブラック企業を辞めたい…。正しい退職手順を経験談から紹介します

続きを見る

▼知らなきゃ損!厚生労働省が認めた転職サイト▼

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

スポンサーリンク

1.残業がある・残業代が出る会社に勤める

オッケーマークを出す上司

手っ取り早く給料を上げる方法は『残業代の出る会社に勤めること』です。

残業は時給が上がります。

残業無しの会社から月20時間残業の会社に勤めるだけでも年収40~50万円アップが狙えます。

残業の多さは大問題ですが、適度な残業は生活をラクにします。

①ブラック企業にならない残業時間のボーダーラインについて

残業は苦しいものです。

プライベートの時間を削ることになります。労働が増えますので、体力的にも負担になります。

仕事内容やあなたの性格により耐えられる残業時間は変わります。

しかし、月の残業が80時間以上は過労死の危険があります。

多くても月40時間まで。できれば月30時間以下の残業ができる会社を探しましょう。

②繁忙期のみ忙しい会社は要注意

『月の平均残業時間』が掲載されている求人には要注意です。

残業時間に波がある可能性があります。

Ryo
毎月、どの程度の残業時間なのかを調べましょう。転職エージェントならアドバイザーに相談すれば良いですし、口コミサイト情報や面接時に聞くこともお勧めです。
SPONSORED LINKS

2.基本給が10万円以上の会社でボーナスアップを狙う

少ない基本給

転職先の給料が高くても基本給が低いと年収が上がりません。

お悩み君
月の給料が25万だから・・・ボーナス含めて年収400万くらい!と皮算用するのは危ないんだね。

基本給が少ない場合、手当などで給料を『常識的な額』にしています。

しかし、手当は基本給ではありません。

交代制手当や営業手当も突然無くなる恐れがあります。

もっとも基本給が年収に影響する理由がボーナスです。

①ボーナスは基本給の額で計算される

求人で、

「賞与5.0ヶ月分」

のように記載されていますよね。

この5.0ヶ月分は『基本給の5ヶ月分』という意味です。

基本給が7万円の会社なら35万円にしかなりません。

基本給の少ない会社は様々なデメリットがありますので、最低でも基本給10万円以上の会社に勤めるべきです。

今より基本給が2万円高く

3.昇給が1万円以上か3%アップ以上である

お悩み君
即年収が上がるなら、昇給が低くても良いかな。
年収が少しダウンしても昇給額の高い会社に勤めるべきです。
Ryo

昇給額の低い会社に勤めるといつまで経っても生活がラクになりません。

昇給額5,000円未満の会社は要注意です。

単純計算して10年経っても月額5万円しか給料が上がりません。

基本給がアップすればボーナスや退職金にも影響します。

昇給額の高い会社に勤めることで数年後の年収アップが期待できます。

 

地方の昇給1万円レベルの会社に入社できれば、それだけで大成功です。

昇給額がパーセンテージ表記されている会社もお勧めです。

年収に対するパーセンテージなら1万円近い昇給を期待できます。

①昇給3,000円以下の会社はブラック企業

あなたの会社が昇給3,000円以下なら即転職すべきです。

今後増えていくであろう労働に対して給料が全く増えないためです。

税金と今後の生活レベルを考えるとドンドン生活が貧しくなります。

この会社に勤め続けている限り、あなたの生活は良くなりません。

4.資格に対する手当が貰える

技術職の場合、取得した資格に対する手当が貰える会社があります。

資格を取っても給料が増えない場合、責任だけが重くなります。

資格と給料が直結している会社を選びましょう。

フォークリフト免許取得により月2千円プラスの会社があるとします。

22歳の時点で免許を取得。60歳までに91万2千円の増額になります。

細かく資格を取得していけば若いうちに年収数十万円アップも可能です。

①資格に対する重要度は会社によって違う

当たり前のことですが、会社によって重要だと思う資格が違います。

製造業・倉庫作業ならフォークリフト免許は重要です。

保険の営業ならフォークリフト免許はいりません。手当も出ないでしょう。

あなたが『強い資格』を持っている場合、その資格を重要だと思っている会社を選びましょう。

資格に対する正しい手当が貰えるだけで年収が上がります。

5.年収をアップするための転職サイト選びについて

笑っている若手の社員

会社側はできるだけ年収を安くして人を雇いたいと考えています。

 

『会社は経営者にお金が入って来るもの。従業員は文句の出ない範囲内でできるだけ安く雇う』

 

この考え方が大前提だからです。

従業員全てを高額で雇っていると会社が発達しません。

その会社を作った人が儲ける仕組みになっていて当然です。

なので、転職も上手に交渉しないとあなたは安く買い叩かれます。

焦ってブラック企業に入社するのではなく、あなたは自信を持って自分を売り出す必要があります。

そのためには以下の2点が大切です。

①ブラック企業率の低い転職サイトを使う

転職に慣れていないとブラック企業を見抜くのは大変です。

入社して残業代がゼロの会社に入ったらガッカリですよね。

最初からブラック企業率の低い転職サイトを使うことをお勧めします。

20代ならJAICがお勧めです。

求人先を査察しており、ブラック企業率が低いためです。

関連記事 一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

当ブログお勧めのブラック企業率の低い転職サイトはこちらでまとめています。

関連記事 ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

②希望転職先と給料について相談する

求人に掲載されている給料のまま入社する必要はありません。

資格や今までのキャリアを掲示して交渉しましょう。

交渉で年収が50万円以上アップする可能性があります。

しかし、自分で上手に交渉するのって難しいですよね。それで入社拒否されても残念です。

お勧めは転職エージェントサービスのアドバイザーを介して交渉することです。

面接前に交渉して貰えるため、事前に年収を上げてもらえる可能性があります。

当ブログお勧めの転職エージェントはこちらです。

豊富な求人の中からあなたにピッタリの求人を見つけてくれます。

関連記事 【求人の質】DODAのブラック企業率が低いのはなぜ?7つの理由と正しい使い方を解説

【求人の質】DODAのブラック企業率が低いのはなぜ?7つの理由と正しい使い方を解説

続きを見る

まとめ

私は最初に入社した会社の年収が300万円以下でした。

そこから地方の小さな製造工場に転職。残業もあったため、転職時点で年収が100万円アップしました。

年収は仕事に対するモチベーションにも影響します。

お金が無くて困っているようなら、早期に転職をすべきです。

 

関連記事
ブラック企業を辞めたいなら。
1秒でも早くブラック企業を辞めたい…。正しい退職手順を経験談から紹介します

続きを見る

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, その他

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.