ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 その他

仕事選びの優先順位は3つのポイントで簡単判断!転職先で失敗しないコツがこれ

仕事選びの優先順位について

「仕事選びの優先順位を知りたい。どうすれば転職先が選びやすいんだろう?」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば仕事選びの優先順位がわかります。

 

元ブラック企業社員の『Ryo』です。1年間に4回転職した経験があります。

お悩み君
優先順位を考えずに転職したから失敗したんです?
そうなんです。その後、自己分析して優先順位を決めたら成功したんですよ。
Ryo

営業や製造現場など、仕事にはたくさんの種類があります。

しかし大事なのは給与・人間関係・労働時間の3つ

この3つが悪ければあなたのやりたかった仕事でも数ヶ月で退職することになります。

なぜこの3つが大事なポイントなのかを実体験からお話しします。

仕事の本質についてもお話しますので、仕事選びに悩んでいるあなたはどうぞご覧下さい。

▼いい求人がない時に対処法▼

関連記事
いい求人がない・見つからない場合の2つの対処法『簡単です』

続きを見る

▼知らなきゃ損!厚生労働省が認めた転職サイト▼

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

スポンサーリンク

1.仕事の人間関係でストレスが常識的であること

一緒に仕事をしている人たち

仕事選びで重要なポイントの1つが『人間関係』です。

どれだけ仕事内容が自分に合っていても人間関係が悪ければストレスが溜まります。

ストレスが溜まると以下のような危険があります。

 

  1. 精神的な病気になる
  2. 仕事で事故やミスが増える
  3. 仕事そのものが嫌になる

 

特に人間関係で注意して欲しいことが以下の内容です。

①上司との人間関係が悪い職場は即NG

例えば面接対応した工場長がパワハラ的な発言の多い人なら要注意です。

上司との人間関係が悪いと『会社での評価』に影響するためです。

あなたの評価が悪ければ昇進やボーナスに影響します。

仕事は労働力を提供して対価を得る行動。あなたの価値が人間関係で落とされれば、時給が低くなります。

上司との人間関係はあなたの年収をダウンさせます。

②責任の重い職場では人間関係が悪化しやすい

介護や看護など、責任の重い職場はストレスとの戦いです。

誰もがピリピリしているため、どうしても衝突しやすくなります。

人間関係でストレスの溜まりやすい性格の人は避けましょう。

逆に個人での作業が多いクリエイティブな仕事・特定の人とだけ関わりがある中小企業は人間関係でストレスが溜まりにくくなります。

SPONSORED LINKS

2.年収が350万円以上であること

年収が350万円以上

年収が350万円以上

お悩み君
希望求人の年収が300万円以下なんだけど大丈夫かな?
絶対に辞めましょう。働くだけ無駄です。
Ryo

既にお話したとおり、仕事は労働力を提供して対価を得る行動です。

給与が低いとあなたの時給が低くなります。

アルバイトやパート以下の時給で働くことに意味はありません。

具体的に言うと年収350万円以下の会社は即NGにすべきです。働くだけ損をします。

①働くだけ人生がつらくなる『ワーキングプア』になってはいけない

20代前半は年収300万円でも生きていけます。

実家暮らしなら貯金もできるでしょう。

しかし、30代になり結婚して家を買う場合は年収400万円以上が必要です。

年収は住宅ローンの借入額にも影響します。

30代で突然会社が倒産した場合のリスクを考えるとまとまった額の貯金も必要です。

働いても働いても貧しい状況が続く仕事は何かしらの問題を抱えています。

年収350万円以下の会社に勤めたいのなら、年に5,000円以上の昇給が絶対条件です。

昇給に関する記事も読まれています。

昇給5,000円未満の会社に勤めると10年後に後悔します。

関連記事 昇給額5,000円未満の企業に勤めるとワーキングプアになる5つの理由

昇給額5,000円未満の企業に勤めるとワーキングプアになる5つの理由

続きを見る

3.残業や休日出勤ができるだけ少ない時間であること

1時間当たりの時給を上げるには労働時間を減らすことが必要です。

1時間で1万円もらえるのと、10時間で1万円もらえるのは効率が全く違いますよね。

残業や休日出勤が多ければ多いほどあなたの人生は『仕事だけ』になります。

基本給やボーナスが多いなら効率の良い仕事です。

逆に基本の給与が低く、残業代でまかなう必要のある会社は非効率な会社です。

①サービス残業が1時間でもある会社に入社してはいけない

残業や休日出勤は『残業代が出ること』が当たり前です。

1時間でもサービス残業がある会社は法律違反。

今後も社員に悪い状況を作る可能性が大です。将来のことを考えると入社すべきではありません。

 

また、サービス残業のある会社は残業時間がどんどん増えます。

社員が働けば働くほど会社に利益の出る状況だからです。

1円もお金にならない仕事はあなたに何の利益も与えません。あなたは人生を無駄にすることになります。

私もサービス残業のある会社に勤めたことがあります。

月の残業は100時間を超えました。

関連記事 月の残業100時間と0時間の会社にそれぞれ勤めた結果

月の残業100時間と0時間の会社の違い。ストレスや体調の変化をご紹介します。

続きを見る

4.仕事選びは『常識的な会社を探すこと』が大前提

多くの人が転職先を見つけることに必死になっています。

大事なのは転職後に定着する仕事を見つけること。

次の仕事を1ヶ月で辞めてしまっては意味がありません。

仕事探しは『あなたが無理なく働ける仕事を探すこと』です。

そのためにも労働時間・給与・人間関係の3つをどこまで我慢できるかを判断する必要があります。

 

とにかくお金が欲しいなら、残業が多い会社でも良いでしょう。残業代が出れば若くてもそれなりの給与になります。

低ストレスで働きたいなら、給与が低くても労働時間・人間関係の2つを重視すべきです。

このように考えていけば、業界や仕事内容も絞れてきます。

①常識的な会社を見つける方法について

あなたが転職に慣れていれば求人を見て会社の実態を判断できます。

本当の残業時間もその会社を下見すれば分かります。

 

しかし、転職に慣れていないと求人からブラック企業は見抜けません。

ブラック企業の多いハローワークを利用しても『非常識な会社』に入社する可能性が高くなります。

そんなあなたはブラック企業率の低い転職サイトを利用すべきです。

求人先を査察して、ブラック企業なら却下する転職サイトも登場しています。

利用できるものは何でも利用して、一生働ける職場を探しましょう。

 

関連記事
いい求人がない・見つからない場合の2つの対処法『簡単です』

続きを見る

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, その他

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.