ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業求人の具体例

出張の多い仕事とは?転勤より危険なたった1つの理由がこれだ!

出張の多い建築会社の人

「出張の多い仕事ってあるの?」

「出張は生活の上で負担になるの?」

当記事では仕事と出張について解説します。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

出張ぐらい何とかなるって思っていませんか?

出張は1日で終わるものだけではありません。1週間以上北海道に行くこともあれば、転勤の代わりに無期限の出張を命令されることがあります。

台風や地震、悪天候の場合は帰宅できなくなります。

出張に行くと自宅でリラックスすることができません。あなたが思っている以上の負担となります。

当記事では出張の多い仕事の体験談と、どのくらいの負担になるのかを解説します。

どうぞご覧下さい。

スポンサーリンク

1.出張の多い仕事に就いた体験談

出張に使うスーツケース

以下、大手建築会社に勤めた知人の体験談になります。

 

  1. 1ヶ月の教育期間が1週間に短縮
  2. 入社後3週間で出張の依頼
  3. 出張期間未定
  4. おおよその期間を聞いたところ、2年以上の可能性があるとの返答

 

出張の問題点は期間だけではありません。

『誰と、どのように行くか』によって大きなストレスになります。

上司と数日間ずっと2人で行動するとします。あなたは常に上司に気を使わなければなりません。

 

もちろん出張の期間も問題です。

日帰りの出張は遅くなる可能性が高いため翌日の仕事がつらくなります。

また、上記のように『無期限の出張』というパワハラもあります。

①無期限出張が転勤より過酷であるたった1つの理由

無期限の出張で倒れた若者

「いつ帰れるか分からない。」

という無期限の出張は存在します。

建築業界の場合、遠方で大きな建築物を製造することがあります。

作業終了の目処が付くまで自宅に帰れません。

早くて3週間。遅いと半年以上になります。

無期限の出張は転勤よりも危険です。

なぜなら、出張の期間が分からないため現在のアパートを借り続けなければならないためです。

 

私の知人の体験談の場合は会社側が『2年以上の可能性がある』と言っています。

可能性があるだけでもっと短く終わるかもしれません。あくまで出張だからです。

「ああ、長い出張の予定だったけど、人が見つかったから明日帰っていいよ。」

と言われるかもしれません。

 

転勤であればアパートを引き払い、次の仕事場近くのアパートを借りれば問題ありません。

月単位のレオパレスを契約するにしても、現在のアパートの水道・電気を解約するわけにはいきません。

SPONSORED LINKS

2.出張の多い仕事に勤めない方法について

お悩み君
出張の無い仕事ってあるの?
工場の現場仕事など、特定の仕事は出張がほとんどありません。
Ryo

出張がゼロの仕事を探すのは大変ですが、ほとんど無い仕事なら見つかります。

例えば工場のライン工。

工場が作業現場になるため、他の場所で仕事をすることはまずありません。

  • 緊急で修理部品を引き取りに行く
  • 新しい機械の下見に行く

のように、イレギュラーなことのみが出張になります。

 

小売店の販売員も出張はほとんどありません。

支店への応援が可能性としてあるくらいです。支店も同じ県内なら時間がかかりません。

①出張・転勤の無い仕事を紹介して貰う

出張・転勤の無い仕事は需要があります。

『家が欲しい』『家族との時間を大切にしたい』

と考える人が多いためです。

 

仕事を紹介してもらえる転職エージェントに相談することで、出張・転勤の無い仕事を見つけることができます。

お話したとおり、出張ゼロの仕事を見つけるのは大変です。

『出張がほとんど無い』『転勤が無い』仕事なら見つけることができます。

当ブログお勧めの転職エージェントはこちらの記事で紹介しています。

どれもブラック企業率が低く安心して利用できます。

関連記事 ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

まとめ

私も出張が年に1度だけ・転勤ゼロの仕事に就いています。

毎日、決まった場所へ出社するのは生活的に安定します。

宿の手配や天気の心配をする必要もありません。

 

出張には仕事以外の雑務がプラスされます。

経費の提出だけでも面倒ですよね。

面倒なことが苦手なあなたは出張が少ない仕事に就くことをお勧めします。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業求人の具体例

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら