ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職

【驚愕】転職時の面接NGワードがこれだ!具体例と好評価ワードまで明らかに!

ネガティブな転職理由

「転職の面接があるんだけどNGワードって何だろう。素直に色々と伝えたほうが良いのかな。絶対に落ちたくない会社だから面接対策を教えて欲しい。」

という疑問にお答えします。

当記事を読めば転職の面接NGワードがわかります。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

面接にはNGワードがあります。それがネガティブ発言。ついつい本音を話しちゃうと悪い印象につながります。

 

当記事の内容はこちら

  1. 転職時の面接NGワードについて『具体例』
  2. ネガティブな転職理由をポジティブな内容に変えるコツ
  3. 面接が有利になる好評価ワードについて

 

「前の会社は残業が辛くて辞めたんです。」とか言っちゃうと悪い評価につながります。でも「長く勤める意思があります。」をアピールできると受かります。

こういう具体的なことまでお話しますね。

▼ブラック企業率の低い転職サイト▼

関連記事
パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

▼面接前の下見について▼

関連記事
夜のビル
【絶対受かりたい!】面接の前に下見が必要な6つの理由『ブラック企業の判断もできちゃう方法を解説』

続きを見る

スポンサーリンク

1.転職理由の面接NGワードについて『具体例』

Ryo
面接ではコミュニケーション能力や営業力が求められます。

前会社の給与が低すぎたとします。

転職時の面接で、

「私が前会社を辞めた理由は給与に不満があったからです。」

と答えてはいけません。

ネガティブなワードは企業側の感情を逆なでします。

あくまで企業側にあなたを雇うメリットがあるように伝えなければなりません。

①特に使ってしまいがちな面接NGワード

ついつい面接時に使ってしまうNGワードがこちらです。

 

  1. 前会社では残業が多すぎたため退職しました
  2. 昇給額が少なくて生活に支障が出ました
  3. 人間関係で上手くいきませんでした

 

この3つのワードを聞いた企業側はどう思うでしょう。

「この会社でも同じ状況になるんじゃないかな?」

と考えます。

前会社ではなく、あなた自身に問題があるのでは無いかと思われます。

②嘘や強調した表現も面接ではNG

前会社でパワハラがあったとします。

パワハラを強調しすぎて『上司に暴力を振るわれた』というのはNGです。(それが事実なら問題ありませんが。)

会社同士は意外なところでつながっています。

面接後に前会社に企業側から連絡をする可能性もあります。

あくまで事実を伝えましょう。嘘はもちろん、強調した表現も控えるべきです。

前会社に不満はあるでしょうが、前会社に勤めていて良かった点も伝えるべきです。それが好印象につながります。

SPONSORED LINKS

2.ネガティブな転職理由をポジティブな内容に変えるコツ

笑顔の人事部

ネガティブな転職理由も言い方を変えるだけでポジティブになります。

ポジティブワードを使うことで企業の印象が良くなります。

さらに、あなたの営業力も評価されます。

具体的には以下のような方法でNGワードをポジティブなワードに変えます。

①より高みを目指すワードに変える

例えば『給与が低い』という転職理由。

言い方を変えれば『スキルアップ』『より給与が高く専門的な仕事に就きたい』となります。

これなら仕事に対して前向きな雰囲気が出ますよね。このイメージでネガティブワードをポジティブワードに変えます。

 

残業の多さが問題だった場合も、

「前会社では月60時間の残業をこなせましたので、御社の月30時間残業は問題なくこなせます。」

というように生かせます。

②引越しや結婚など、全く別の内容を理由にする

前会社に不満があっただけでなく、別の転職理由があったとします。

例えば結婚や家の都合での引越し。

これは正当な退職理由になります。

 

企業側は『長く勤める人』を探しています。

人を雇うにもお金がかかりますし、人を育てるのは時間がかかります。

長く勤めてくれる人ほど貴重な存在はありません。

結婚などによる引越しで会社の近くに来てくれた場合、通勤の疲労がありません。

これだけでも企業側は『辞めにくい』『働いてくれそう』と判断します。

3.面接が有利になる好評価ワードについて

即採用の面接面接をしている男性

面接を有利にするコツは『長く働く意欲』を見せることです。

なぜなら、人を雇うのは会社に取って大きな出費。長く勤めてくれる人じゃないとマイナスになります。

だから長く働く意欲を見せるだけで面接が通過しやすくなります。

 

  • 勤務地が近い
  • 数年後に結婚も考えている
  • 1つ1つの仕事をしっかり覚えて長期的に働きたい

 

こんなことを伝えましょう。

特に勤務地が近いが武器になりますね。会社側は勤務地が遠いと離職率が上がることを知っています。なので、長く働くために負担にならない職場を探しました。というのは素敵な言葉です。

4.面接を通過するためには練習が必須

ネガティブワード、NGワードをポジティブワードに変更するには慣れが必要です。

ついつい正直に本音で話してしまうと、それだけで面接通過率は下がります。

慣れるためには練習しかありません。

例えば第2新卒・若者向けの転職サイトでは『面接の練習』をしてくれるサービスがあります。

 

転職エージェントサービスなら、アドバイザーがあなたの本当の転職理由を聞いてくれます。

その理由を元にあなたにピッタリな企業を紹介してくれます。

あなたの性格と企業側の社風がマッチしていると、気分的にネガティブなワードも出づらくなります。

 

どうしても面接で緊張してしまうなら、若者向けの転職サイトを活用しましょう。

まとめ

転職理由って悩みますよね。

しかし、企業側が絶対に聞いてくる内容です。しっかり対処しておく必要があります。

当記事でご紹介したように、ポジティブな内容に切り替えれば全く問題ありません。

日ごろから転職をポジティブに考える練習をしましょう。

 

以上、『【驚愕】転職時の面接NGワードがこれだ!具体例と好評価ワードまで明らかに!』という記事でした。

 

関連記事
パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

関連記事
夜のビル
【絶対受かりたい!】面接の前に下見が必要な6つの理由『ブラック企業の判断もできちゃう方法を解説』

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら