ブラック企業からの転職 転職サイト

転職先が決められない!希望求人がサクサク見つかる3つの方法

更新日:

希望求人の見つかった男性

「転職すると決めたんだけど、転職先が決められない。」

「転職先って何を基準に決めたら良いの?」

当記事では転職先が決められないあなたへ。希望求人が見つかる方法をお話します。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。

1度ブラック企業に就職してしまうと転職が不安になりますよね。

気になる求人も「ここは本当に大丈夫だろうか。」と思ってしまい、応募まで踏み出せません。

そこで当記事では転職先を見つけられる方法を3つお話します。

希望求人が見つかればあなたの転職活動もスムーズになります。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.前会社で嫌だった部分を参考にする

ハテナが一杯の少年

会社選びは以下の3つを基準にします。

 

  1. 労働時間
  2. 給与
  3. 人間関係

 

この3つのうち1つがダメでも我慢できます。2つがダメだと我慢できません。

どれを重要視するかは人により違います。

転職先が決められないのは、あなたが仕事で何を重要に思っているかが分からないためです。

実は仕事内容はそこまで重要ではありません。

仕事が労働でお金を稼ぐ手段である以上、まず考えるべきは上記の3点だからです。

あなたが前仕事を辞めた理由は何でしょうか。

退職理由を考えることで、あなたが仕事の何を重要視するかが分かります。

①転職先を直感で決めてはいけない

前会社をあなたが『長すぎる残業』で辞めたとしましょう。

次の会社は残業の少ない会社を選ぶべきです。あなたは残業に耐えられる性格では無かったためです。

「同じ業界だけど、この会社は時間がしっかりしてそうだし、大丈夫だろう。」

と思って転職をしてはいけません。

あなたが思ったことと、転職先の残業時間が全く違う可能性があるためです。

 

なぜその会社は残業が少ないのか。

同じ業界はきっと残業が多いだろう。

 

このように考えていくと、あなたがどんな会社を選ぶべきか見えてきます。

②本音はネガティブに、転職理由はポジティブにする

真面目な性格の人は退職理由をキレイにしてしまいます。

 

「残業が長くて耐えられなかったのは自分の甘えだ。」

「給与が少なすぎた。もう1万だけ多い会社を探そう。」

 

仕事は一生続くもの。

あなたは本音を大事にすべきです。

給与が少ないと感じたら、ちゃんと給与が多い・ボーナスの多い会社を探しましょう。

ただし転職理由は本音ではいけません。日本の会社はポジティブな転職理由を好みます。

その点を間違えてはいけません。

SPONSORED LINK

2.自分のできること、得意なことを分析する

自己分析中の女性

希望求人が見つからない理由として『業界を絞りすぎていること』が考えられます。

私も華やかな仕事に憧れて『カメラマン』『結婚式場』など、キレイな仕事に限定したことがあります。

現在は地方の小さな製造工場に勤務しています。

仕事選びで大事なのは『業界』ではなく、あなたの得意なことを活かせることです。

得意なこととは技術だけではありません。

 

「細かな作業が平気。」

「同じことを続けていても大丈夫。」

 

など、性格と一致したことです。

業界を絞ることから抜け出せれば、あなたの希望求人は一気に増えます。

そのために自己分析を進めましょう。

①客観的にあなたの能力を判断してもらう

自分で自己分析をする場合、過去の経験をピックアップするのが大切です。

あなたが成功したことを書き出しましょう。

なぜ成功できたのかを分析できれば、あなたの得意なことが見えてきます。

 

アルバイトで人をまとめられたのは『コミュニケーションが好き』だからです。

それなら、コミュニケーションが必要とされる営業や顧客とのやり取りができる仕事が良いでしょう。

 

また、転職サイトの中には無料であなたの自己分析をしてくれるサービスがあります。

3.専門家と相談し、求人を紹介してもらう

お悩み君
人に求人を紹介してもらうのって大丈夫なの?
最後に決めるのはあなたですし、相手も商売なので安心ですよ。
アドバイザー

転職活動が長引くと焦ります。

焦ってしまうと適当な会社に入ってしまうため、ブラック企業に入社する率が高くなります。

それなら転職を相談できるサービスを利用して求人を紹介してしまうことをお勧めします。

アドバイザーと本音で相談できれば、あなたの得手不得手をアドバイザーが見抜いてくれます。

自分で求人を探すよりホワイトな求人を得られる確立が上がります。

①良い求人を紹介してもらうために

確かに求人を紹介してもらっても『ブラック企業』に入社する可能性があります。

そこでオススメなのがブラック企業率の低い転職サイトを利用すること。

当ブログでお勧めしている『JAIC』だと、求人先を視察しています。

あなたが転職先で長く勤めていないとJAICの評判も落ちてしまいますよね。

ブラック企業を省くことで定着率94.3%を実現しています。

まとめ

希望求人が無くなった時の絶望感は想像以上です。

「この先どうしたら良いんだろう・・・。」と思います。

そうなった時こそ焦らずに、アドバイザーと相談してみましょう。焦りが無くなるだけでも転職活動は成功しやすくなります。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業からの転職, 転職サイト

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.