ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 その他

旦那の会社がブラックなあなたへ。上手に転職させる4つの方法

企業家

「旦那が激務過ぎてつらそう・・・。転職させたい。」

「残業代が出ないから、月の残業が60時間あるのに年収300万円台。旦那を転職させる方法ってないの?」

当記事では旦那さんを安心して転職させる方法について解説します。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

旦那さんがブラック企業に勤め続けていると体調を壊します。

ストレスや不眠から重大な病気・うつ病からの自殺につながる危険もあります。

しかし、家族を養う責任感があるため、簡単に転職してくれません。

当記事ではブラック企業に勤めているあなたの旦那さんを、ストレス無く転職させる方法を4項目に分けてお話します。

旦那さんを助けたいと思うあなたは是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

1.在職しながら転職活動をする

激務に取り組む作業員

お悩み君
ブラック企業勤めでヘトヘトだから、退職後に転職活動した方が良いんじゃない?
結婚後は『働いていないこと』もストレスになります。
Ryo

結婚後の旦那さんは家族を養う責任感を持っています。

退職して転職活動するより、在職しながら転職活動した方が精神的には安定します。

1度退職してしまうと健康保険や年金の手続きも大変です。

あなたは旦那さんが働きながら転職活動をするサポートをしましょう。

①現会社に転職活動をバレないようにする

転職活動は今の会社に相談してはいけません。

上司はもちろん、同僚に相談するのもNG。会社にバレたらあなたの旦那さんは今の会社に居られなくなります。

1度でも転職を考えた人は評価が悪くなるためです。

SPONSORED LINKS

2.履歴書の清書を妻が行う

お悩み君
時間のかかる作業はあなたが手伝いましょう

転職活動は履歴書から始まります。履歴書を買うだけで気持ちが転職に向かいます。

しかし、履歴書を書くことは時間がかかります。

1枚書くだけでも1時間近く必要です。

ブラック企業に勤めながら履歴書を書く時間を作り出すのは難しいでしょう。

そこで、清書はあなたが行うようにしましょう。

下書きだけなら気を使わないため、早い時間で書くことができます。

完成済みの履歴書がたくさんあれば、色んな会社に同時に応募できるようになります。結果、転職先が早く見つかります。

①職務経歴書はパソコンで作る

履歴書と違い、職務経歴書は決まったフォームがありません。

履歴書に添える書類なので手書きである必要もありません。

パソコンで作るのなら、あなたが旦那さんの代理で作ることができます。

3.旦那に転職してもらいたいなら、ハローワークに頼らない

うつろな表情の社員

転職の成功とは『旦那さんがストレス無く働ける仕事を見つけること』です。

転職と言えばハローワーク。

「そんなに今の会社がつらいならハローワークに行ってみたら?」

とアドバイスしていませんか?

ハローワークはもっともブラック企業率の高い転職サービスであり、転職者のモチベーションを下げる場です。

①ハローワークは仕事が見つけづらい環境である

ハローワークは様々な問題を抱えています。

まず職員の対応の悪さです。

ハローワーク職員はパートや派遣社員を多用しています。

正社員に比べて責任感が低く、対応の悪い人がいるため、求職者を邪険に扱う可能性があります。

 

求職者も必死な人が多いため、ハローワーク全体の空気が悪くなっています。

求人閲覧用のパソコンも常に人が集まっている状態です。

ハローワークの求人に関しての記事も読まれています。

求人に空欄が多く、ブラック企業率が高いのが特徴です。

関連記事 ハローワークの求人票で気をつけたい5つのポイント

【急募】ハローワークの求人票は危険?チェックポイント5つ+ホワイトな求人の見つけ方まで解説します

続きを見る

4.転職サイトへの登録を妻が行う

事前に旦那さんから細かな希望条件を聞いておきます。

1社のみ転職サイトに登録してもらうのも良いでしょう。

その希望条件や既に登録してある転職サイトの情報を元に、あなたがたくさんの転職サイトに登録しておきます。

転職サイトは使用するまでが面倒です。

しかし、転職サイトにはハローワークには無い様々なサービスを受けられます。

 

  • 企業から連絡が来るオファー・スカウトサービス
  • 企業の口コミ・年収額が分かる
  • 希望条件を元に、おすすめの企業を判断してくれる
  • 企業との交渉

 

と言った内容です。

 

登録さえしてしまえば、上記のサービスが使い放題です。

①ブラック企業率の低い転職サイトについて

転職する以上、旦那さんは今より働きやすい職場に勤めなければなりません。

そこで大切なのが『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用することです。

ブラック企業率が低ければ、今のような苦しい仕事に勤める可能性が低くなります。

例えば当ブログでお勧めているJaicはブラック企業率の低い転職サイトです。

全ての求人先を査察し、離職率の高い企業のようにブラック企業と判断できる企業の求人を省いています。

転職後の定着率は94.3%。

10代・20代に特化した転職サイトになりますが、該当するならお勧めです。

 

30代以降なら転職サイトDODAがお勧めです。

DODAはホワイト求人が多い非公開求人が多数を占めています。

転職が難しい30代でもピッタリな求人を短期間でご紹介してもらえます。

関連記事 【求人の質】DODAのブラック企業率が低いのはなぜ?7つの理由と正しい使い方を解説

【求人の質】DODAのブラック企業率が低いのはなぜ?7つの理由と正しい使い方を解説

続きを見る

まとめ

40代以降は転職が難しくなります。

ブラック企業勤めを我慢して身体を壊してしまい、結果的に退職となっては意味がありません。

夫婦で真剣に相談して、低ストレスの仕事を探すことは大切です。

在職しながらの転職活動なら半年以上続けても金銭的な負担がありません。

早めに転職活動を開始してチャンスを逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, その他
-

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら