ブラック企業からの転職 その他

転職か異動のどっちを選ぶべきかの答え『ストレスと待遇で判断する』

投稿日:

転職か異動か

「転職か異動のどっちを選ぶべきなんだろう。仕事がどうしてもつらいから転職しようか考えたんだけど、異動で解決するならそれで良い気もする。アドバイスを聞きたいな。」

という疑問にお答えします。

 

Blahara(ブラハラ)編集部のSBです。以下のような経験があります。

  • 1年で4回転職
  • どうしても人間関係で馴染めなかった仕事を異動で解決

 

当記事の内容はこちら

  1. 転職か異動のどっちを選ぶべきかの答え『判断方法も解説』
  2. ネットで言われるほど転職はラクにすべきじゃない話

 

転職も会社と相談して仕事内容を変更してもらった経験もある私なのでお伝えできることがあるかと思います。決断できず悩んでいるのが1番つらいですよね…。その状態を解決できるよう詳しくお話します。

どうぞご覧ください。

SPONSORED LINK

1.転職か異動のどっちを選ぶべきかの答え『判断方法も解説』

違う部署の人たち

違う部署の人たち

異動できるなら異動すべきです。

答え:まずは異動を選択すべき

異動にはリスクがありません。

  • 同じ会社に勤められる
  • 今までの昇給などが無駄にならない
  • 異動がプラスになることもある(スキルアップ)

上記の通りです。

しかも転職と同じ状況になります。人間関係が一新され、仕事内容も変わります。リスクなく転職できるので会社に掛け合ってみる価値があります。

 

異動を勝ち取る方法

  • 人事異動願いを出す
  • 面談で相談する
  • 異動先の部署の責任者に直談判する

転職を切り出すのはやめましょう。1度でも退職の意思を会社が知ってしまうとあなたの評価を落とす可能性があります。

異動を勝ち取る方法に関してはITmediaビジネスさんの記事も参考になります。

判断方法:ストレスと待遇で決定します

異動でストレスが減り、待遇が変わらないのなら好条件ですよね。異動してもストレスが変わらず待遇が落ちるようならメリットはありません。

 

異動で解決するメリットを解説

  • 人間関係
  • 仕事内容(残業時間含む)

上記の通りです。

一方で『待遇』はあまり改善されません。同じ会社である以上、給与・ボーナスが劇的に上がるとは考えにくいためです。

転職には必ずリスクがあります

人間関係が原因で転職を考えた場合は異動を検討しましょう。

転職は必ずリスクがあります。実はほとんどの会社って何かしらのブラック要素を含んでいます。完全にホワイトな会社に勤めることはできません。

転職先が今以上にブラックな会社になる可能性もあります。

現会社でできる限りのことをして、それでもダメなら転職を考えます。労働者不足なので求人はたくさんあります。しかし、その半数以上はブラック企業です。

SPONSORED LINK

2.ネットで言われるほど転職はラクにすべきじゃない話

転職に失敗した男性

転職に失敗した男性

ネットでは転職は素晴らしいこと、ラクなことを言われてます。当ブログでも転職をオススメする記事はたくさんありますが、『ブラック企業からの転職』に限ってのことです。

私はブラック企業に我慢して勤めていた結果、全身に発疹が出て倒れました。明らかに人を使い潰す状況なら転職すべきです。異動しても無駄だからです。

転職 ← その会社に見切りをつけた時に決断する

転職は最終カードです。

  1. 会社に相談しても改善されなかった
  2. 異動しても改善されなかった
  3. 努力して仕事をしても評価が上がらない。そもそも向いていなかった

上記の流れをした結果、転職を考えます。

そうしないと転職を繰り返すことになり将来的に逃げ場がなくなるためです。

会社に見切りをつけるためには会社に残るための努力をします。その結果ダメなら会社も引きとめようとしません。あなたも会社選びに失敗したと安心して転職に踏み切れます。

その業界が向いていなかった。という結論付けも可能ですね。
ブラック 企業研究家

会社は生き物。どんどん変化していきます。

会社はどんどん変化していきます。

最初はホワイトな会社だったのに、徐々にブラック化。ボーナスがゼロになることだってあります。業務停止を食らって倒産直前になることもありますね。

あなたが異動して働いている間に、元の部署の問題だった上司が退職する可能性があります。そしたら元の部署に戻るよう指示があるかもしれません。

「かも…。」の話ばかりで恐縮ですが大事なことです。問題が解決したらあなただって転職しなくて良かったって思いますよね。その可能性に掛けてみるのも無駄じゃありません。

 

異動してダメなら後悔無く転職可

異動して状況が変わらないのなら会社的に『ブラック』だと判断できます。どの部署の上司も人を使い潰す感じなら、経営陣からそういう指示が出ているって分かります。

それなら今の会社に残ることの方がデメリットです。転職しましょう。
ブラック 企業研究家

 

転職リスクの低い転職方法について

未経験の業界に飛び込むのなら『派遣』で働いてから正社員雇用を探します。私はこの方法でブライダル業界から工場に勤めました。

未経験でプログラミングやデザインの業界に行きたいなら自分でスキルを磨いて、クラウドソーシングなどで実績を作りましょう。向き不向きが分かるだけでなく、実績があるので入社しやすくなります。

何もわからない状態で入社ってつらいですからね…。

なお、転職サイトはJAICを推奨します。詳しくは以下の記事をどうぞ。

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ:転職か異動はまず移動を選ぶべきです

あなたの選択肢に異動があるのならまず異動すべきです。

工場→物流

の異動は転職を同じこと。もちろん、工場→営業も一緒です。今の会社に残っていれば見知った顔もいます。今の評価を残した状態で新しい仕事に挑戦できます。

あなたが既婚者なら特に異動を選ぶべきです。人生はギャンブルじゃありません。低リスクで行動しましょう。

 

以上、「転職か異動のどっちを選ぶべきかの答え『ストレスと待遇で判断する』」という記事でした。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業からの転職, その他

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.