転職 転職サイト

「もう嫌だ・・・!」と会社を飛び出す前にあなたの「転職力」を調べよう

更新日:

転職力をチェックするエージェント

「転職したいけど、年収上がるかな。」

「企業からのスカウト制度を利用したいけど、俺なんかにスカウト来るのかな。」

とお悩みのあなたへ。

まずは転職力を診断することをお勧めします。

転職には準備が必要です。

  • あなたの得意分野
  • あなたの足りないもの
  • 今、自分は正しく評価されているのか

など、様々なことが分かるためです。

客観的に判断されることで、あなたが社会的にどの程度のレベルの人間なのかも分かります。

当記事では無料で転職力診断ができる『転職サイト@type』を利用した、転職力診断についてお話します。どうぞご覧下さい。

 

 

1.自己分析に有利な転職力を決める『6つの力』について

転職力を診断する決意の人

転職力とは、

  1. 推定年収
  2. 推定内定数

を6つの項目で分析した力のことです。

転職力を知ることで、転職すべきかどうかの判断ができます。

あなたに足りない項目が分かればそこを重点的に勉強。その後で転職活動を行えば年収アップが狙えます。

6つの項目とは

 

  1. 自己分析能力
  2. 将来ビジョン策定能力
  3. タイミング把握能力
  4. 企業分析力
  5. 交渉・説得力
  6. ビジネス基礎能力

 

です。

これを『★★★☆☆』のように評価してくれます。

①自己分析に転職力診断が便利な理由

転職力の中にも『自己分析』の項目があります。

それとは別に企業分析・交渉などの項目が用意されています。

あなたの自己分析能力が低ければ、改めて自分のできること・得意なことを考えるべきです。

なぜなら『希望した業界以外にも能力を発揮できる可能性』が見つかるためです。

あなたがつまらないと思っていた仕事でも天職があるかもしれません。

希望求人の幅が広がれば転職活動も有利になります。

お悩み君
没頭する作業が好きなら『品質管理』もありだね。
倉庫内整理作業もありです。場所により年収も高めですから。
アドバイザー
SPONSORED LINK

2.@typeの転職力診断の流れを徹底解説

まずは@typeの公式ページに行きましょう。

こちらです。

 

 

転職力診断を利用するため、無料の会員登録をします。

 

 

登録内容はこれだけ。5分もかかりません。私は1分で終わりました。

登録後、転職力診断テストにうつります。登録後の内容なので画像化できないのですが、ざっくりと以下のような感じです。

 

  1. いつも高みを目指して努力している
  2. 自分の強みを語ることができる
  3. 大勢の前で話せる
  4. 転職したい理由が分かる
  5. 上司が苦手だ

 

これが48問続きます。

それぞれに

 

あてはまる・ややあてはまる・ややあてはまらない・あてはまらない

 

のどれかにチェックを打っていきます(チェックはクリックするだけ)。

 

この問題が終わった後に『経歴入力』にうつります。

生年月日などの情報から現在の職歴・学歴を入力します。

最後に資格とパーソナリティ(どのような仕事を重視するか)を入力します。

私が10分ほどでざっくり入力した結果がこちら。

 

私の転職力診断結果

 

総合得点から予想年収までズラリと書かれています。

今の職場より年収が100万円以上高くなる結果となりました。

現在の職場が医薬品関連なので、規模の大きい会社に入れば年収が上がるだろうという予想だと思われます。

 

ちなみに@typeの転職力診断は

 

@typeに登録している13万人の会員データ+キャリアアドバイザー監修

 

で作られた自己分析ツール。大勢からデータを集めているので信頼性があります。

①診断後は企業からのスカウトメールも

今回ご紹介している「@type」は転職サイトです。

転職力診断の内容を元に、あなたを気になっている企業からメールが届きます。

私も即日3件のメールが届きました。企業名をぼかしていますが、こんな感じです。

 

 

②転職力の結果を元にどうすべきか

転職力の結果がそのまま転職結果になるわけではありません。あくまで転職力は自己分析の1つ。

転職力を転職に活かすために、

足りない部分を補う努力

が必要です。

予想年収が少ない場合は資格の取得・技術の取得が必須。

各項目の点数にバラつきがある場合は、コミュニケーション能力から順に育てていく必要があります。

③転職力が足りないとどうなるか

私は20代前半で3回の転職を経験しました。

最初の会社がブラック企業だったため、身体を壊し早期退社。

定職に付かないことが不安だったため、しっかりと調べずに何となく大きい会社に入社しました。結果、給与は低く社内でも馴染めませんでした。

転職力は会社で生きていく能力を示します。転職力が低い状態で高望みしても、入社後に能力が足りず失敗する恐れがあります。

今回ご紹介した転職力診断はこちら

今回ご紹介した診断は転職サイト@typeから無料で行えます。

既にご覧になった通り、登録は1分で終了。そこから直ぐに転職力診断がスタートできます。

 

 

会社を辞めるのは簡単です。

しかし、辞めた後に良い会社に入社できるとは限りません。改めて自分を分析することから始めましょう。

自分に合った会社に入社できると毎日が本当にラクになりますよ。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

おすすめ記事

ブラック企業を辞める図解 1

ブラック企業の辞め方をまとめました。   『もう会社に行きたくない。今この場で辞めたい。』という方から『もう会社は辞めたんだけど、長く働ける会社が見つからない。』という方まで使える情報をまと ...

ブラック企業テストを受ける会社 2

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 3

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

4

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

-転職, 転職サイト

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.