ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 その他

試用期間中の転職はあり?転職に有利になる5つのメリット

試用期間中に仕事を辞めるタイトル

「試用期間中だけど退職しても良いんだろうか。」

「この会社はどうしても向いていない。試用期間満了で辞めたい。」

当記事では試用期間中に退職するメリットをお話します。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

私も実際に試用期間中に退職した経験があります。

試用期間中だったからこそ職歴に大きな傷もつかず、早く転職先が見つかりました。

当記事では試用期間中の退職が転職に有利になる理由を5つお話します。

試用期間中で辞めたいけど言いだしにくいあなたへ、簡単に退職できる方法もお話します。

どうぞご覧下さい。

スポンサーリンク

1.試用期間中の転職は『職歴』に傷が付かない可能性がある

職歴を書くために削った鉛筆

私は試用期間のうちに退社しました。

しかし、次の職場は1ヶ月後に見つかりました。現在勤めている製薬会社です。

その理由は試用期間中の雇用形態が正社員では無かったためです。

職歴に傷が付く前に退職できたため、簡単に転職できました。

試用期間の雇用形態は以下の通りです。

①嘱託社員契約の場合

 icon-angle-right 試用期間内は嘱託社員

という契約の場合、試用期間内のみ会社から業務委託される形になります。

この場合は、

  期間満了で退社

と職務経歴書に記載できます。

期間満了のため、面接時も「どうして辞めたの?」と聞かれません。

「期間が終わったため雇用終了となりました。」

の答えで納得されます。

試用期間も正社員の場合

正社員契約であるため、必ず転職先に分かるように伝えなければいけません。

しかし、ほとんどの企業で試用期間は3ヶ月間です。

短期間なので継続性が無い仕事と見なされます。

試用期間も正社員勤務の場合は職歴を職務経歴書に記載するようにしましょう。

履歴書と比べてフォームが決まっていないため、短期間の仕事を繰り返しながら自分の求める仕事を探していることが伝えられるはずです。

履歴書では

  • 〇〇会社に入社。
  • 〇〇のため退社。

としか記載できません。

もし職務経歴書にも退社理由を記載するのなら「求人内容に対して差異が合った」とすると良いでしょう。

残業が少なかった・給与が安かった・軽作業ではなく重作業だった。

企業側とあなたとの差異は立派な退社理由になります。

SPONSORED LINKS

2.試用期間中の退職は人間関係的に辞めやすい

試用期間中に辞めるタイトル

会社は長く勤めれば勤めるほど辞めづらくなります。

理由は、

 

  • 世話になった上司、先輩ができる
  • 辛い時に支えあった同僚ができる
  • 自分が居なくなって〇〇さんに負担が圧し掛かるのは申し訳ない

 

という『情』です。

特に日本人は情に流されやすいため、退職するタイミングを逃してしまいます。

しかし、試用期間中なら社員はあなたのことを「お試し中の新人」という目で見ています。

この期間に辞めても白い目で見られることはありません。

 

上司にも責任が行きません。

部下が退職すると上司の責任になります。短期間での退職なら上司の評価とほとんど関係ありません。

試用期間中の退職は会社側にもあなたにもメリットがあります。

①1ヶ月~3ヶ月以内の退職で菓子折りっているの?

早期の退職。特に試用期間中なら菓子折りは必要ありません。

社会人らしく挨拶しておけば大丈夫です。今お話した通り、人間関係ができていないためです。

教育係の人と上司に頭を下げるだけで十分です。

3.試用期間中なので転職活動の時間が取りやすい

転職活動中の人のデスク

試用期間中に無理な残業をさせる会社はほとんどありません。

ブラック企業でも試用期間中は仕事量を減らす傾向にあります。

そもそも仕事を覚えていない時期ですからね。

試用期間中は働きながら転職活動のしやすい時間です。

  • 残業無し
  • 難しい仕事を覚える必要が無い
  • 決まった時間に帰宅できる

平日に面接に行ける可能性もあります。

企業研究や求人検索をする時間も十分にあります。

試用期間はあなたにとっても会社を判断するための期間。まだ転職活動中だと考えれば転職もラクになります。

①試用期間中だから転職に不利にならないの?

『職歴』を傷付けないように転職活動できるため、試用期間中だから転職が楽になります。

今なら履歴書も職務経歴書も大きく変更する必要がありません。

転職に関する準備も整っています。

何度も転職を繰り返すのは危険ですが、1度や2度の早期転職は挽回できます。

4.自分が仕事で何を求めているのか分かる

試用期間中に仕事を辞めたくなるのはよほどの理由があるからです。

 

  • 事務職希望だったのに営業もすることになった
  • 役職に就かないと昇給がほとんど無い
  • 怒鳴る、にらむが当たり前の社風

 

仕事で重要な点は以下の3つ。

  時間

  給与

  人間関係

どれか1つが厳しくても何とかなりますが、2つが厳しいと続けられなくなります。

残業時間が多くて辞めたのに、次の職場も残業が多い職場だったら意味がありません。

勤めてみると自分が仕事で何を求めていたのか分かるはずです。

長く勤めるとこの感覚が麻痺してきます。試用期間内の新鮮な気分だからこそ仕事の向き不向きが分かるはずです。

 

退職関連の記事も読まれています。

ストレス度が分かりますので、合わせてご覧下さい。

関連記事 仕事のストレスでうつ病になった私が教える8つの症状

頭を抱える男性
仕事のストレスでうつ病になった私が教える8つの症状

5.ブラック求人の見抜き方が分かる

転職活動中は求人を甘く見てしまいます。

年間休日100日未満も何となくできる気がします。実際は長期休みの無い厳しい休日数です。

転職活動は焦ってはいけません。

入社して「この会社はブラックだった。こんな求人は気をつけよう。」と気づきます。

試用期間内で失敗することで、次の転職に本気になれます。

もし、試用期間内に退職せずに残ってしまうと心身共に疲れてしまいます。

私は身体中に発疹が出てドクターストップになりました。転職活動が1ヶ月も遅れました。

こうならないよう、試用期間中のストレスや辞めたい気持ちは真面目に考えるべきです。

 

ブラック求人の見抜き方も読まれています。

情報に空欄のある求人や給与の多すぎる求人は要注意です。

関連記事 求人からブラック企業を見抜く方法

ブラック企業の求人の特徴
ブラック企業の求人の特徴 | 応募に注意な『売り文句』がこれだ!

6.試用期間中に仕事を辞めたいけど言えないあなたへ

お悩み君
試用期間だからこそ、ストレス無く辞めたいんだけど。
簡単に退職できる方法はたくさんあります。
Ryo

試用期間中の退職は悩みますよね。

 

「こんなに早く仕事を辞めるなんて、どう思われるだろう。」

「誰にどうやって切り出せば良いんだろう。」

 

言い出せないまま正社員雇用になると最悪です。そうなる前に早期に退職すべきです。

もっともお勧めなのは退職代行サービスの利用です。

退職の手続きを全て業者が代行してくれます。あなたは必要な書類や返却物を郵送するだけ。

最短で即日退職できます。

①試用期間中にうつ状態になってしまったら

どうしても仕事が合わないと短期間でうつ状態になってしまいます。

こういう時は心療内科に行き診断書を貰いましょう。

診断書があればスムーズに退職できます。

まとめ

「試用期間だから辞めて良いんだ!」と逃げ腰になるのはいけません。

短期間で何度も辞めていると転職時に不利になります。

 

「どうしてこの会社とは合わなかったんだろう。」

と、理由を考えて次の求人を探すようにしましょう。

今の会社を辞める理由が分からないと、次の会社でも同じ事を繰り返します。

 

退職後はブラック企業率の低い転職サイトの利用をお勧めします。

当ブログお勧めのJAICは全ての求人先を査察。ブラック企業がありません。

10代・20代に特化したサイトになりますが、該当年齢ならホワイト求人がたくさん見つかります。

関連記事 一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, その他

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら