働きやすい職場の特徴 勤務地

【経験談】職場は近くで間違いなし!4つのメリットがこちら

更新日:

遠くへ通勤する男性

「片道40分の仕事って大変かな。でも、興味ある仕事だし通勤時間くらい我慢できそうじゃない?どうだろう・・・。」

そんな通勤時間の疑問にお答えします。

 

結論から言えば通勤時間は短ければ短いほど良いです。片道5分とか理想です。

当記事の内容はこちら

  1. 台風などの災害時でも通勤手段に悩まなくて済む
  2. 無駄に早い出勤をしなくて良い
  3. 睡眠時間や家族との時間が確保できる
  4. 忘れ物を取りに帰ることができる

 

当記事を書いている私は片道1時間と片道15分の仕事をそれぞれ経験しました。その経験談を元にして職場は近い方が良い理由を4つお話します。

SPONSORED LINK

1.台風などの災害時でも通勤手段に悩まなくて済む

台風の外

日本も異常気象が続いています。数年に1度レベルの台風が1年に2回も来ましたね。

そこで問題なのが通勤。

そもそも出勤時は労災の対象内であり、会社側が災害時の出社について取り決めるべきです。

でもそんな会社はありません。規定が無ければ出社するしかない。

 

外が暴風だろうが、電車が止まっていようが、取り合えず出社しようとした姿を見せなければなりません。これって無駄だし危険ですよね。

 

通勤時間が長ければ長いほど天候に振り回されます。徒歩5分なら何とか会社には行けます。あなたも負担が無いですし、会社にも文句を言われません。

①日本は理由があっても『遅刻』が許されない

日本はマナーに厳しい国です。特に『遅刻』。

会社によってはどんな理由があっても遅刻を許しません。交通機関が麻痺していても、腹痛で一歩も動けなくても『休まない』のなら遅刻はNG。

 

通勤時間が長いと遅刻の恐怖と戦い続けないといけません。

 

大雪の日の車出社も怖いですね。雪国ならともなく、雪慣れしてないと皆ノロノロ運転。始業時間の2時間前に出ないと間に合わなくなります。

2.無駄に早い出勤をしなくて良い

これ大事!

通勤時間が長いと『絶対遅刻しないための早めの出社』が必要になります。

公共交通機関が時間通りに来るとは限りません。

出勤時間ギリギリに到着するんじゃなくて、30分前到着が当たり前。この時間は『人生の無駄な時間』です。

①万が一に備えた30分前行動の無駄

1日30分を無駄にするとします。

1年で250日仕事をするのなら125時間の無駄。1年で5日間も生産性の無い時間に使っています。

 

これを一生分の40年で考えましょう。

人生で200日も会社のデスクでスマホを触る時間に使ってます。場合によってはサービス早出。

 

200日も自由な時間があれば何かできますよね。1つくらい凄いスキルが身に付きます。

でも、この30分は『社内』の時間。何か勉強してたら『仕事しろ』と言われます。

3.睡眠時間や家族との時間が確保できる

家族の写真

片道1時間の会社に通うと往復で2時間かかります。

出勤時間が短ければこの2時間を自由な時間に使えます。眠ることだってできますし、家族と一緒にご飯を食べることもできます。

スウェーデンの研究者Erika Sandow氏が発表した研究結果で、

「通勤時間が45分以上の場合、離婚のリスクが40%。それも、妻より夫の通勤時間が長いほうが離婚するリスクが高い」

ということが分かりました。

 

あなたの通勤時間を確保するため妻や家族の負担が増えるからです。

①早い出社・遅い帰宅は家族の負担になる

出勤に1時間かかるとします。始業時間は8時半。

7時半に家を出ると始業時間ギリギリです。30分前行動を考えると7時には家を出なければなりません。

奥さんは6時に起きて弁当や朝ごはんを作ることになります。

 

忘れてならないのが通勤時間に給与は出ないこと。

会社も遠くから来る社員を喜びません。問題が起こりやすいですし、負担になって離職率があがるからです。

 

満員電車も問題です。

満員電車のストレスは戦場の兵士と同等と言われています。通勤でヘトヘトになれば仕事の能率が落ちます。評価も下がります。

4.忘れ物を取りに帰ることができる

お悩み君
うわー!大事な資料を家に置いてきちゃった!どど、、、どうしよう!

仕事は学生時代と違って忘れ物が致命的なダメージです。

どうしても必要な資料を取りに戻るだけでお客さんを1時間待たせたりします。

会社から家が近ければ忘れ物リスクがありません。歩いて取りに行くだけですから。

弁当やスマホ・財布なんかも取りに戻れます。

①『まさか』の事態が1度はある

「そんな忘れ物なんてしないよ。」

と思われるでしょうが、何だかんだで1度はやらかします。しかも大事な時に忘れます。

なぜなら家に帰るまでも時間がかかるから。

片道1時間なら20時に会社を出ると家に着くのが21時。翌日の朝が早ければ即寝る準備をしなければなりません。

自分の時間が無いから忘れ物チェックもできません。

 

会社と家は近いほど時間的にも仕事的にも有利です。

まとめ

会社に近いと『会社から呼ばれやすい』などのデメリットがありますが、これは毎日のことじゃありません。

災害時の出社や念のための30分前到着は毎日のことです。積み重なると負担になります。

 

できれば徒歩10分。自転車15分以内の通勤にしましょう。

公共交通機関を使わないだけで到着時間も安定します。今から職場を選ぶあなたは通勤時間が短い場所を探しましょう。

 

以上、『【経験談】職場は近くで間違いなし!4つのメリットがこちらという記事』でした。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-働きやすい職場の特徴, 勤務地

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.