労働時間

1日15時間勤務の仕事

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2019/6/24

1日15時間勤務を週に3日続けた経験談『体調不良の実例を紹介』

「1日15時間勤務の仕事ってどうなんだろう…。メチャクチャ忙しそうなイメージがあるけど違法じゃないのかな?実際に勤めていた人の話を聞きたい。」 という疑問にお答えします。   ブラハラ運営者のSBです。地方の小さな工場に勤めており、繁忙期に月90時間残業を経験しました。1日15時間勤務が週に3日ありましたね。   当記事の内容はこちら 1日15時間勤務を週に3日続けた経験談『体調不良を解説』 当たり前の疑問:1日15時間働くって違法じゃないの? 長時間勤務があり得る仕事の具体例3つ & ...

早朝出勤のメリットデメリット

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2019/5/27

『朝6時半』早朝出勤のメリットデメリットを経験者が解説『きつい』

「早朝出勤の仕事ってどんな感じなんだろう。メリットやデメリットを経験者から教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   Blahara(ブラハラ)運営者のSBです。朝6時半出社の仕事を経験しています。シフト製勤務の工場で7時出社も7年間続けました。   当記事の内容はこちら 経験して分かった、早朝出勤の3つのメリット 早朝出勤の4つのデメリット『二度と勤めたくない理由』 早朝出勤の仕事に勤めようと考えているあなたに伝えたいこと   実際に早朝出勤を経験した私なのでお伝えで ...

休みの少ないサラリーマン

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2018/12/30

年間休日の最低ラインとは『ブラック企業の判断目安に使えます』

休みの少ないサラリーマン 「年間休日数の最低ラインって何日なんだろう。コレ以下は即ブラック企業!みたいな基準って無いのかな。求人の判断に使いたい。」 という疑問にお答えします。   ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。 結論から言うと年間休日105日未満は法律違反になる恐れがあります。年間休日の最低ラインも105日にしましょう。   当記事の内容はこちら 年間休日の最低ラインとは『結論:105日』 年間休日105日未満でも許される会社の条件について 年間休日判断で大 ...

労働時間が長い

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2019/6/25

仕事の労働時間が長い状況を防ぐ方法『定時帰りを実現する20項目』

「仕事の労働時間が長すぎる。残業が月に80時間以上あるし、休憩時間もほとんどない。これって働きすぎなんじゃないだろうか。二度とこういう会社に勤めないためのボーダーラインが知りたい。」 という疑問にお答えします。   仕事の労働時間はあなたの人生を奪います。80時間以上は過労死の危険もあります。 どういう会社に勤めると労働時間が伸びてしまうのか。どういう会社が異常なのかをまとめています。 私も月100時間以上の残業をして倒れた経験があります。 あなたはそうならないよう『何とかできそう。』で労働時間 ...

上司が帰るまで帰れない会社のビル

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2018/12/30

上司が帰るまで帰れない社風について『無駄な時間が大ストレス』

「何か上司も先輩も勤務時間が終わったのに仕事してる・・・。新人の僕だけ帰っていいのかな・・・。でも定時だし。帰りたい。1分1秒でも早く会社から出たいのに。」 という気持ち、凄く分かります。   ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。 上司が帰るまで帰れない雰囲気の会社ってあるんですよね。そういう会社って古い考えが残ってるので働きにくいです。   当記事の内容はこちら 上司が帰るまで帰れない社風について 上司より先に帰るのはOK。ただし注意が必要 帰りにくい空気でも帰っ ...

トイレもいけない仕事

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2018/12/30

トイレに行けないほど忙しい職場の実態『恐怖の人員不足』

「ずっと1人で接客してるからトイレに行けない・・・。もう1人だけ社員を雇ってくれないかな。休憩とは言わないけど、生理現象くらい我慢したくない。」 「今、俺がトイレに行ったらラインに人がいなくなる。エラーで止まったら責任問題になるけど、腹が痛くて我慢できない・・・どうしよう・・・。」 そんな悩みにお答えします。   ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。 トイレに行けないほど人手不足な職場ってありますよね。結論から言えば、そういう会社は人手不足倒産する危険もあります。 &nbsp ...

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2019/1/7

有給が取れない人手不足の会社の特徴『取得義務化でも危険です』

「人手不足で有給が取れない会社ってどういう感じなんだろう。有給取得の義務化が始まるから大丈夫なのかな。実際に有給が取れなかった会社の人の話が聞きたい。」 という疑問にお答えします。   ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。有給取得のために残業人員を探さないといけない会社に勤めていました。 結論から言うと『有給取得義務化で有給が取れない会社はさらにブラック化』します。   当記事の内容はこちら 有給が取れない人手不足の会社の3つの特徴 有給取得義務化が有給の取れない会 ...

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2018/12/30

掃除を労働時間に含めない会社がブラックである3つの理由

始業前、作業終了後の掃除を労働時間に含めない会社があります。これを当たり前だと思ってはいけません。 ブラック企業と断定できる要因はいくつかありますが、この「掃除時間の扱い」でも判断できます。 ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。 なぜ掃除時間を労働時間にしないとブラック企業になるのか。その理由を3点お話します。

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2018/12/30

「基本給に時間外手当含む」の求人で必ず確認すべき3つのこと

基本給の横に「時間外手当含む」「固定残業代を含む」と書かれていませんか? この場合、残業代が基本給に含まれることになります。 ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。 人件費を減らすため、100%残業があることが分かっている場合に企業側が導入している制度です。私も実際に働いた経験があります。 この記載がある企業に勤める際に必ず確認して欲しいことが3つあります。そうしないと、私のように基本給18万円で月の残業が100時間を超えてしまうことになりますよ。

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

2018/12/30

1日3時間残業の会社に勤める6つの注意点+実際に勤めた経験談

あなたはどの程度の残業時間なら妥協できるでしょうか。 仕事があまりに見つからないと「月間80時間残業」でも軽く考えてしまいます。実際には過労死する危険があるほどの残業時間です。 ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。 では「1日3時間」として「月間60時間残業」はどうお考えですか?何とかなりそうだと思いますよね。結論から言えば、想像を絶する仕事量になります。 今回は私が実際に月60時間の残業を行った経験を元に、1日3時間残業の注意点を6つお話します。

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.