ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業の種類・特徴 その他

【要注意】平均年齢が高い会社・低い会社はやめとけ!激務につながる3つの理由

平均年齢が高い・低い会社の注意点

「ほとんど若手がいない会社だけど大丈夫かな?」

「若い人ばかりの会社なら働きやすいよね。」

当記事では平均年齢で分かるブラック企業について解説します。

 

45歳に社員の7割が集中している会社に勤めていたRyoです。

お悩み君
なんかすごい割合ですね…。
若手は激務でした。それに退職金で会社が傾く恐れが出てきたんです。
Ryo

あなたが希望している会社の平均年齢は何歳でしょう。

  • 「若手ばかりの働き甲斐のある会社です。」
  • 「小さな工場なので50代が活躍しています。」

このように、平均年齢が若すぎる・高すぎる会社は危険。激務につながります。

当記事では、平均年齢が激務につながるのかを3項目にわけて解説していきますね。

仕事内容だけでなく、あなたの未来がボロボロになる危険もあります。

どうぞご覧下さい。

▼独身が多い会社の注意点▼

関連記事
幸せな既婚者
【心配】独身が多い会社・職場は大丈夫?離職率が上がる5つの問題点を解説します

続きを見る

▼家族経営の注意点▼

関連記事
家族経営の会社はブラック
【やめとけ】家族経営の会社はブラック?給料・公私混同などデメリット5つを解説

続きを見る

スポンサーリンク

1.平均年齢が高い会社が激務につながる3つの注意点

平均年齢が高い会社は若手の使い方が雑

平均年齢が高い会社は若手の使い方が雑

以下の3つです。

  1. 若い人に仕事が押し付けられやすい
  2. 自分たち以外は役職社員
  3. 退職金を確保するために仕事量が増える

会社って縦社会じゃないですか。

なのに、

力を持った人の方が過半数

なんですね。

私も勤めていた工場の平均年齢が40代ほど。

20代社員が4名しかいなかったんです。

お悩み君
それでパワハラ的なことがあったんです?
ありました。若手は残業して当然って風潮ですね。
Ryo

体験談を交えつつお話しします。

① 若い人に仕事が押し付けられやすい

自分たちの若い頃と比較してくる

自分たちの若い頃と比較してくる

  • 時代を考えての発言がない
  • 昔の自分たちと比べてくる
  • 自分たちが働きたくないから、若手の仕事を増やす

若手は残業80時間。40代社員は20時間とかあるんですよ。

  • 俺は家族がいるから
  • 若手は残業代が必要だろ?
  • 残業させてやってるんだ

というマウンティングですね。実際に言われました。

今は働き方改革もあり月45時間までの残業しかできません

そういうのも無視して「昔はやってた。」と言ってくるんですね。

② 自分たち以外は役職社員

役職社員の指示だから逆らえない

役職社員の指示だから逆らえない

  • 40歳くらいになると最低でも主任になる
  • 先輩が全て『役職社員』
  • 指示も命令になるので、聞くしかない

間に入る『先輩』レベルの人がいないんですね。

お悩み君
ああ、なるほど。先輩がいればお互いの意見を立ててくれそう。
そうなんです。若手の面倒を見る人がいないんです。
Ryo

だから、

  • 若手に対してパワハラ・モラハラ的発言が多い
  • 嫌なことは若手任せにさせる
  • 若手の離職率が上がる

んですよ。

私が勤めていた工場も10年間で、

7名の20代社員が退職

しました。

新しく入っても続かないんです。

③ 退職金を確保するために仕事量が増える

退職時期がかぶるので、退職金の不安をしている

退職時期がかぶるので、退職金の不安をしている

45歳の人が多いとして、あと15年で定年。

中小企業だと全員分の退職金を用意できないんですよ。

お悩み君
えっ?!そんなことあるんです?
分割支払いとか、早くから積立式に切り替える会社もありますね。
Ryo

で、その雰囲気を平均年齢の高い人が感じ取るわけです。

  • もっと働いて利益ださないと
  • でも自分たちはもう十分働いたかな
  • 若手にやらせよう

となるんですね。

その結果がパワハラ・モラハラになり、さらに若手の離職率が上がります。

逆に若い人しかいない職場も注意点があるんですよ。

SPONSORED LINKS

2.若い人しかいない職場の注意点

若い人しかいない職場は仲間意識が高すぎる

若い人しかいない職場は仲間意識が高すぎる

以下の3つです。

  1. 離職率が高い
  2. サービス残業の多い社風になりやすい
  3. 仲間意識が強すぎる

ベンチャーでセルフスターター的な人を求めている会社ですね。

セルフスターターとは

1人で何でもできる・働ける人のこと

参考 セルフスターターとは『今、仕事で求められる人材を解説』

 

みんな同じくらいの年齢なので話しやすいのですが…

  • 仕事をしないと嫌われる
  • ほどほどに働けない

という欠点が出てきます。

① 離職率が高い

ほどほどに仕事をしたい人はやめていく

ほどほどに仕事をしたい人はやめていく

  • 定時で帰りにくい
  • プライベートを優先すると仲間外れにされる
  • 意見がぶつかりやすい

ほら、仕事って

ほどほどにできればいいや

って考えもあるじゃないですか。

若手中心だと気の強い人が多く、会社を育てることが第一になるんです。

  • 残業して普通
  • 帰宅後も仕事の話
  • 公私混同

という感じですね。

② サービス残業の多い社風になりやすい

仕事を頑張る人のまねをしないといけない

仕事を頑張る人のまねをしないといけない

  • 既婚者がいない、少ない
  • 会社を育てることが生きがいになる
  • 上の人もサービス残業を推奨する

若手中心の会社は成長中の会社。

会社が自分の家であり作品になっちゃうんですね。

お悩み君
ああ、それで残らないと叱られると…。
そうなんです。しかもサービス残業。喜んで残る形になりますね。
Ryo

じゃ残らないとどうなるのか。

実際に若手中心の会社で言われたこと

  • もう帰るの?
  • 明日はこんなもんじゃ帰れないよw
  • お前はいつまで持つのかなww(専務クラスの人より)

③ 仲間意識が強すぎる

会社を利用する考えだと嫌われる

会社を利用する考えだと嫌われる

  • 風邪で休みづらい
  • 台風でも出社して当然
  • 自分を優先すると仲間外れにされる

例えるなら、ちょっとした宗教になっちゃうんですね。

  • 社長は神様
  • 専務の言うことに従って当然
  • 頑張ってサービス残業しました!

という感じ。

繰り返しになりますが、サービス残業をした人が『偉い』になるんです。

もし、仕事をしたくない。風邪で休んで当然の考えだと、

社内でいじめの対象

になります。理不尽ですよね。

だから、平均年齢が普通の会社を探すのが1番なんです。

3.平均年齢が標準な会社を選ぼう

人がやめない会社は各年齢層がそろってる

人がやめない会社は各年齢層がそろってる

  • 人がやめていない
  • 毎年1人か2人ずつ社員を雇っている
  • それぞれの年齢に社員が残っている

この流れです。

もちろん、入社後に理由があってやめていく人は出てきます。

それでも、2~3歳に1人ずつ社員が残っているのが普通ですよね。

各年齢に人がばらついていれば大丈夫

まずもって相談しやすいです。

各年齢層に人がいるメリット

  • 年齢の近い人に相談できる
  • 役職社員の話は先輩経由で聞く
  • 仕事量が分散される

逆に若手がかわいがられるんですよ。上の人が大事にしようって思うので。

お悩み君
なるほど。自分たちが大変だったから、同じことはさせたくない…?
そうなんです。そして、若手も団結してそれなりに力を持ってるんです。
Ryo

そりゃ役職社員の指示は聞くものですよ。

でも、若手が団結していれば上も少しは遠慮します。この関係って大事です。

年上が責任を取り、年下が相談しやすい会社が働きやすい

笑顔で電話応対する人

笑顔で電話応対する人

年齢の高い人は体力がありません。

だから働かなくても責任を取ればいいんですね。

年齢層が固まっていると、責任も取らないし働かない。ダメなパターンになります。

ポイント

  • 離職率の低い会社を探そう
  • 止まっている車から年齢層を感じとろう
  • 若手も同時に数名雇う会社を探そう

こういう会社を探すべき。

厚生労働省が優良認定した職業紹介優良事業者だと離職率の低い求人が見つかります。

全国区ならJAICさん。

  • 全求人先を査察
  • 離職率の高い求人を除外している

ので、平均年齢が安定している会社が見つかりやすいですよ。

▼JAICについてはこちら▼

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ

個人的には平均年齢の高い会社の方が危機感を覚えます。

退職金で会社が傾くためです。

あなたが40代になった時、会社にお金がありません。40代で倒産を経験すると転職先も見つかりません。

そうならないよう、各年齢にちゃんと人のいる平均年齢40代前後の会社に入社しましょう。

 

関連記事
幸せな既婚者
【心配】独身が多い会社・職場は大丈夫?離職率が上がる5つの問題点を解説します

続きを見る

関連記事
家族経営の会社はブラック
【やめとけ】家族経営の会社はブラック?給料・公私混同などデメリット5つを解説

続きを見る

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

 

人気記事 ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業の種類・特徴, その他

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.