ブラック企業の種類・特徴 収入

手取り18万円はブラック企業?それとも一般企業?

更新日:

お金と草

「俺、28歳で手取り18万円だけど大丈夫なのかな?」

「手取りで18万円って正直ブラック企業だよね。」

当記事では手取りで18万円が世間的にどの程度のレベルなのかをお話します。

 

地方の製薬会社勤務で30歳の私は残業無しだと手取り16万5千円です。30時間残業をすれば21万円になります。年収で言うと370~400万円。

 

えっ!少なっ!

 

って思いますよね。

いやいや、実際このくらいですよ。むしろサービス残業がゼロなので良い方です。

実は20代で目指す給料が手取り18万円と言われていることをご存知ですか?

当記事では手取り18万円がどんなレベルなのか。ブラック企業なのかどうかについて詳しくお話します。どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.手取り18万円の年収について

ポケットに入ったお金

総支給と手取りの違いはご存知でしょうか。

求人に「基本給200,000円」と書かれていても実際には150,000円くらいしか残りません。

 

icon-caret-right 社会保険

 所得税

 住民税

 (厚生年金基金・労働組合費など)

 

が引かれるからです。

新卒1年目だと住民税が引かれません。2年目の6月になって手取り額が一気に減ってビックリすると思います。

手取り18万円の場合、天引きされる額は50,000~60,000円。総支給で23~24万円になります。

24万円×12ヶ月=288万円 ボーナスが3ヶ月として72万円。

手取り18万円の年収はおよそ360万円です。

①ギリギリ結婚して家が建つレベル

「手取り18万じゃ結婚できないよ・・・プロポーズするのも無責任だし。」

そうですよね、この給料だと安心した結婚生活は送れませんよね。

切り詰めて貯金しながら生活できるレベルです。

銀行は年収の5~6倍のお金を貸してくれます。360×5.5として1980万円。

何とか一戸建てをローンで建てられます。

建売なら安く抑えられますので普通の生活が送れるでしょう。

車は軽自動車かコンパクトカー。嫁がパートに出れば子供も養える。

こんなレベルです。

②実は手取り18万円を超えるのは大変

手取り額が増えるポイントは昇給です。

残業はあくまで無くなる可能性がある収入なので、あてにするのは止めましょう。

22歳で基本給180,000円の会社に入社します。ざっくりと手取りは130,000円です。毎年10,000円の昇給があったとして27歳でようやく手取り180,000円。

ただ、昇給10,000円の会社はほとんどありません。

地方だと昇給は5,000円前後。180,000円になるのは10年後の32歳です。

なので、20代で手取り18万円を貰えているのなら「普通の会社」「ちょっと良い会社」だと思って下さい。

もちろんサービス残業の有無や働きやすさが関わってきますが。

 

③月給18万円の手取りとは

あなたの給与が手取り18万円ではなく月給18万円なら危険です。

月給18万円の会社に転職するのならしっかり下調べが必要。

給与は総支給に対しておよそ80%の額になります。

 

180,000×0.8=144,000円

 

手取りは144,000円。とてもラクに生活できるレベルではありません。

  • 昇給額
  • 賞与
  • 福利厚生

をチェックして、将来に希望が持てるかどうかを判断しましょう。

2.30代で手取り18万円未満は状況によりブラック企業

パソコンとスマホ

今までは20代の話。30代は別です。

30歳の平均年収は約400万円。30歳後半になれば450万円は欲しい所です。

部下との付き合いもありますし、子供が育ってくるためお金が掛かります。生命保険も重要になってきます。

30代で手取り180,000円なら将来の期待や住んでいる地域の状況が大切です。

①役職の有無

30代は役職が貰える時期です。

icon-caret-right 主任クラス ・・・ 手当10,000円~

 係長クラス ・・・ 手当20,000円~

 各責任者(安全・防虫・交通など) それぞれ2,000~5,000円。

昇給額も上がりますし、退職金にも影響します。

役職が貰える可能性が高いのなら手取り180,000円でも問題ありません。

他の企業に転職するよりもメリットがあるからです。

②残業などプラスの報酬の可能性

基本的に残業等無くなる可能性のあるお金は当てにはできません。

しかし、30代になれば毎年どの時期にどのくらいの仕事量になるか把握できます。毎年の臨時手当の額も分かってくるでしょう。

一定額のプラス報酬が期待できるのなら基本給の手取りが少なくてもやっていけます。

ただし、手当てが無くなってしまった場合のリスク分散を考えなければいけません。

③地方なのか都市部なのか

都市部で手取り180,000円は赤信号です。

例えば東京。物価が違いすぎます。家賃だけでも地方の1.5倍。

ハンバーガーだって値段が違います。最低でも180,000円の1.5倍・・・270,000円前後必要でしょう。

都市部は時給が違います。基本的に給料も高めに設定されています。

それなのに180,000円しか貰えない、昇給額が5,000円しか無いのは地方と一緒の賃金感覚で給料が決められている証拠です。

3.手取り18万円は転職すべき?しないべき?

手取り18万円の場合、ボーナスや福利厚生の有無で会社の良し悪しが変わります。

基本給中心の給与なのか、手当により給与が上がっているのかも重要です。

①手取り18万円でも転職しない方が良い会社の例

例えば、以下のような会社なら転職を待った方が良いでしょう。

 

  1. 昇給が5,000~10,000円ある
  2. ボーナスが3.0ヶ月分以上
  3. 住宅手当など、良い福利厚生がある
  4. 常に定時帰りでストレスがほとんど無い

 

給与的には高くありませんが、働きやすい職場だからです。

ボーナスが安定していれば月の給与が低くても生活がラクになります。

昇給額が高ければ将来的に給与が伸びます。

ストレスの少ない仕事なら副業等で稼ぐ方法も考えられます。

②手取り18万円で転職すべき会社の例

逆に手取り18万円で以下のような会社なら退職すべきです。

 

  1. ボーナスが無い
  2. サービス残業がある
  3. 昇給が3,000円以下
  4. 人間関係が悪くストレスがたまる

 

給与が少ない上に、人間関係が悪く時間の拘束が長ければ働くだけ無駄です。

どうしても会社員は時給換算になります。

時給がアルバイトやパートレベルの会社に勤めるメリットはありません。

③年収を増やす転職方法について

転職で年収を増やすにはいくつかのコツがあります。

単純に残業があり残業代が貰える会社に勤めるだけでも年収が50万円近く上がります。

あなたが持っている資格に対して手当を出す会社に勤めるのもお勧めです。

まとめ

33歳でやっと残業ゼロで手取り18万円を超えるようになりました。

一方で伸びている会社に勤めている友人は年収が倍。手取りも30万円。

会社により給与は全く違います。

給与が安ければせめてそれ以外のメリットがある会社に勤めたいものですね。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-ブラック企業の種類・特徴, 収入

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.