ブラック企業の種類・特徴 給与関係

手取り18万円はブラック企業?それとも一般企業?答えはこちら

更新日:

お金と草

「俺、28歳で手取り18万円だけど大丈夫なのかな?平均から見て安いの?高いの?気になる。」

「手取りで18万円って正直ブラック企業だよね。20万以上は無いと生活が厳しい。このままで大丈夫なのかな」

そんな疑問にお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。20代で手取り18万は普通。30代になるとブラック企業レベルの少ない給与です。

 

当記事の内容はこちら

  1. 手取り18万円の全体から見たレベルについて
  2. 手取り18万円の年収について
  3. 手取り18万円を増やすのって大変?
  4. 30代で手取り18万円未満が状況によりブラック企業な理由
  5. 手取り18万円は転職すべき?しないべき?

 

29歳で手取り18万円になった私が実体験から『生活レベル』『年収』などをリアルにお伝えします。どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.手取り18万円の全体から見たレベルについて

お悩み君
手取り18万円って少なすぎじゃない?このくらいなの?
20代だと高いくらいです。
アドバイザー

手取り18万円の場合、総支給額が22~23万円になります。

厚生労働省の平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況によると、男性の各世代平均給与は以下の通りとなっています。

 

男性の各世代平均給与

  • 20~24歳 210.5万円
  • 25~29歳 248.1万円
  • 30~34歳 289.0万円

 

大卒・高卒では年収50万円の開きがあります。また、業種によっても格差があり、金融・保険業の25~29歳平均が年収285.9万円なのに対し、飲食業は225.4万円となっています。

 

手取り18万円はボーナスが0だった場合、年収およそ264万円。20代であれば平均以上の給与と言えます。

30代の場合は平均以下。また、年齢に応じて役職等による『年収格差』が広がるため、手取り18万円は非常に少ない額と言えます。

SPONSORED LINK

2.手取り18万円の年収について

ポケットに入ったお金

手取り18万円でも総支給額が23万円以上になることがあります。

労働組合費や個人年金による天引きが発生した場合です。

既にお話したとおり、ボーナスがゼロで手取り18万円の場合は年収およそ264万円となります。

 

ボーナスの額は業種・職種と会社の利益によって変動します。

厚生労働省の毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査):結果の概要によると平成29年度のボーナス平均額は以下の通りです。

 

夏のボーナスの平均額 41.3万円

冬のボーナスの平均額 42.9万円

 

これも給与の格差で額の大きい人・少ない人の差が開いています。

ボーナスの平均倍率である『夏1.1倍 冬1.2倍』を参考にした場合、

 

手取り18万円の夏のボーナス平均額 25.3万円

手取り18万円の夏のボーナス平均額 27.6万円

 

となります。

 

上記から

手取り18万円の年収は316.9万円になります。

(年収264万円+夏のボーナス25.3万円+冬のボーナス27.6万円=316.9万円)

①年収316.9万円はギリギリ結婚して家が建つレベル

「手取り18万じゃ結婚できないよ・・・プロポーズするのも無責任だし。」

と思いますよね。

実際に手取り18万代で結婚した私の本音は『徹底的に切り詰めれば結婚して家が買えるレベル』です。

銀行は年収の5~6倍のお金を貸してくれます。320×5.5として1760万円。

建売住宅なら購入可。

車は軽自動車かコンパクトカー。嫁がパートに出れば子供も養える。

こんなレベルです。

3.手取り18万円を増やすのって大変?

給与を増やすには基本給を上げないといけません。基本給を上げるには昇給額の高い会社に入社する必要があります。

 

でも昇給額って中小企業では減っているんですよね。

昔は年に1万円上がる会社がありましたけど、現在は5千円でも高いほう。3千円以下の会社もたくさんあります。

 

22歳で基本給18万の会社に入ったとします。

昇給が3千円だと32歳で総支給額21万円。手取り18万円になりません。

 

実は20代で手取り20万円以上は良企業。手取り18万円でも一般企業です。

※昇給額の平均については【社会人2年目】昇給額が少なくて「えっ?!」と驚いたあなたへという記事で詳しく解説しています。

昇給額を増やす方法にも触れてます。

口を押さえる男性
【社会人2年目】昇給額が少なくて「えっ?!」と驚いたあなたへ

続きを見る

③間違いやすい『月給18万円』の手取りとは

あなたの給与が手取り18万円ではなく月給18万円なら危険です。

月給18万円の会社に転職するのならしっかり下調べが必要。

給与は総支給に対しておよそ80%の額になります。

 

180,000×0.8=144,000円

 

手取りは144,000円。とてもラクに生活できるレベルではありません。

  • 昇給額
  • 賞与
  • 福利厚生

をチェックして、将来に希望が持てるかどうかを判断しましょう。

4.30代で手取り18万円未満が状況によりブラック企業な理由

手取り18万円の30代のデスク

今までは20代の話。30代は別です。

年収格差による極端な平均を省いたとして、30歳の平均年収は約400万円。30歳後半になれば450万円は欲しい所です。

 

部下との付き合いもありますし、子供が育ってくるためお金が掛かります。生命保険も重要になってきます。

とても手取り18万・・・年収316.9万円で生活が成り立つものではありません。

 

以下の点に該当しない限りあなたの会社はブラック企業です。

  1. 30代で役職がもらえる
  2. 残業代や手当で手取りが変動する
  3. 地方の企業である

 

①30代で役職がもらえる

30代は役職がもらえる時期です。役職がもらえる前提なら手取り18万円でも我慢できます。

おおよそですが、役職手当は1~3万円。

役職に応じて昇給額・ボーナスが増える可能性もあります。

また、役職をもらった後は転職にも有利です。

②残業代や手当で手取りが変動する

基本的に残業等無くなる可能性のあるお金は当てにはできません。

しかし、30代になれば毎年どの時期にどのくらいの仕事量になるか把握できます。毎年の臨時手当の額も分かってくるでしょう。

基本的に手取りが18万円でも、繁忙期だけ残業代で給与が増えるようなら生活が成り立ちます。

③地方の企業である

都市部で手取り18万円は赤信号です。

例えば東京。物価が違いすぎます。家賃だけでも地方の1.5倍。

ハンバーガーだって値段が違います。最低でも18万円の1.5倍・・・27万円は必要でしょう。

都市部は時給が違います。基本的に給料も高めに設定されています。

それなのに18万円しか貰えない、昇給額が5,000円しか無いのは地方と一緒の賃金感覚で給料が決められている証拠です。

5.手取り18万円は転職すべき?しないべき?

手取り18万円の場合、ボーナスや福利厚生の有無で会社の良し悪しが変わります。

基本給中心の給与なのか、手当により給与が上がっているのかも重要です。

①手取り18万円でも転職しない方が良い会社の例

例えば、以下のような会社なら転職を待った方が良いでしょう。

 

  1. 昇給が5千~1万円ある
  2. ボーナスが3.0ヶ月分以上
  3. 住宅手当など、良い福利厚生がある
  4. 常に定時帰りでストレスがほとんど無い

 

給与的には高くありませんが、働きやすい職場だからです。

ボーナスが安定していれば月の給与が低くても生活がラクになります。

昇給額が高ければ将来的に給与が伸びます。

ストレスの少ない仕事なら副業等で稼ぐ方法も考えられます。

②手取り18万円で転職すべき会社の例

逆に手取り18万円で以下のような会社なら退職すべきです。

 

  1. ボーナスが無い
  2. サービス残業がある
  3. 昇給が3千円以下
  4. 人間関係が悪くストレスがたまる

 

給与が少ない上に、人間関係が悪く時間の拘束が長ければ働くだけ無駄です。

どうしても会社員は時給換算になります。

時給がアルバイトやパートレベルの会社に勤めるメリットはありません。

 

今は給与の上がっている時代です。昔の基本給のまま経営している会社より、積極的に人を集めている会社に転職するだけで年収が上がります。

求人自体はそれほど転職サイトで差がありません。

ですが、こちらの3サイトはオススメです。

優良事業者認定だったり、アドバイザーの質が高いためです。こちらに登録しつつ、気になる他社を使えば転職可能です。

 

JAIC ※国内に48社しかない厚生労働省認可の職業紹介優良事業者の1つ。全求人先を査察。ブラック企業ゼロです。

DODA ※応募者と企業のマッチング率が高く、30代に選ばれているサイト。

【ウズキャリ第二新卒】
 ※同じく求人先を査察しているサイト。大阪・関東に本社・支社があるため、この2地区に近い人にお勧め。

 

あなたが10代・20代ならJAICを使うべきです。それだけで手取り18万円以下・ボーナスゼロ・昇給無しのブラック企業に勤める危険がなくなります。

全求人先を査察してますからね。こちらの記事で詳しく解説していますので、1度ご覧下さい。

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ

手取り18万は20代なら普通。30代ならブラック企業。

ただし、ボーナス額や福利厚生によっては働けるレベルになります。

給与を節約で我慢するのは危険です。結局、ストレス解消でお金を使い出してしまうからです。

もしあなたが年収300万円以下なら即転職を考えた方が良いです。20代は良いにしても、30代以降で本当に生活に困ります。ご検討下さい。

 

以上、「手取り18万円はブラック企業?それとも一般企業?答えはこちら」という記事でした。

 

給料が低い会社に勤めない方法はこちら

給料が少ない
給料が低い会社に勤めない方法『20項目以上で徹底解説』

続きを見る

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業の種類・特徴, 給与関係

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.