ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業の種類・特徴 給与関係

年収300万円以下の生活レベル/30代・40代でも増えてきた理由

年収300万円以下について

「年収300万以下だけど、これってどうなんだろう…。生活レベルも低いし、このまま30代になったらどうなるの?」

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば年収300万円以下の実態が分かります。

 

元ブラック企業社員のRyoです。年収180万円時代も経験。34歳で年収350万でした。

 

当記事の内容はこちら

  1. 年収300万円以下の生活レベルについて
  2. 年収300万円以下の仕事の具体例
  3. 年収300万円の生活を脱出する2つの方法

 

『家が買えない』『結婚資金が貯まらない』です。食べて行くだけの生活になります。

『小さな工場勤務』『農作業の仕事』『介護職』など、規模の小さい会社・サービス業で多くなります。

今伸びている業界に転職するか、会社以外で仕事をする『これからの働き方』のどちらかで脱出しましょう。

それぞれ詳しく解説します。

▼ブラック企業の特徴一覧はこちら▼

ブラック企業の特徴一覧

スポンサーリンク

1.年収300万円以下の生活レベルについて

年収300万円以下の生活レベル

年収300万円以下の生活レベル

以下の通りです。

  1. マイホームが買えない
  2. 結婚資金が貯まらない
  3. 車は軽自動車1台
  4. 娯楽費がない
  5. 安心した保険に加入できない

普通の生活が送れないです。

お悩み君
食べていくだけで精一杯ってことです?
そういうことですね。実家暮らしなら何とか貯金ができる。そういうレベルです。
Ryo

ざっくり手取りは240万ほどになりますが、ボーナスもありますよね。

毎月の手取りは15~16万ほどになります。

内訳 金額
家賃 50,000円
通信費 スマホ・ネット 8,000円
光熱費 15,000円
食費 30,000円
車の維持費・保険関係 20,000円
雑費 10,000円
保険 10,000円
交際費 10,000円

貯金をせず、各内訳を低くしても上記のとおり。

ここに奨学金が入ってきたらもう生活が成り立ちません。

① マイホームが買えない

年収300万は家の貯金ができない

年収300万は家の貯金ができない

まとまった貯金ができません

ポイント

  • 頭金が貯まらない
  • 年収が低いので住宅ローンもたくさん借りれない
  • 家を建てた後の生活も不安

私も会社の年収はさほど多くありません。30歳現在で350万~400万円を行き来している状態です(残業次第)。

32歳で残業がゼロになり、340万円になりました。

この状態でマイホーム計画を実行しました。

業者と相談したところ、頭金があったため注文住宅を建てられるギリギリラインでした。

(ただし、30坪ほどの小さな家です。)

年収300万円でマイホーム建設をする場合、頭金が1,000万円前後必要です。理由は以下の通りです。

借入限度額が少なくなる

家を建てるにはローンが必要です。基本的にローンは年収の5~6倍の額しか借りられません。

年収300万円で借りられる限度額が、

1,800万円

です。

30坪の家を建てる場合

  • 諸経費 300万ほど
  • 土地 600~1,000万
  • 家の本体価格 1,500万

建売を購入する場合も頭金が必要です。

注文住宅はほぼ不可能

なので年収300万円でマイホームを買うなら中古物件か建売になります。

どちらも注文住宅には無いメリットがありますが、長く住める家とは考えられません。

特に建売は当たりはずれが大きいことで知られています。

私の叔父は建売物件に住み始め10年で床が傾きました。

年収300万円の場合、親から譲り受けるなどの話が無い限り『アパート暮らし』が基本となります。

年収350万円の暮らしぶりの記事も読まれています。

年収300万円はこれよりひどい生活になります。

関連記事 結婚にマイホーム。転職すべきかどうかの答え。30代、年収350万円の本音

真剣な顔の男性
結婚にマイホーム。転職すべきかどうかの答え。30代、年収350万円の本音

続きを見る

② 結婚資金が貯まらない

結婚資金はどう考えても貯まらない

結婚資金はどう考えても貯まらない

結婚式代・同棲費用が貯まりません

ポイント

  • 結婚式 300万ほど(自己負担100万円)
  • 同棲費用 100万ほど(引っ越し・家具家電含めて)

ちなみに女性が男性に求める年収額は400~600万です。

お悩み君
共働きする女性を見つけるしかないですね…。
それでも妊娠・出産時期は大変ですよ。
Ryo

男性だけの収入で生活をしなければなりません。

年収300万円で2~3人を養うのはギリギリまで切り詰めないと不可能です。

ボーナスが年に50万円あるとしましょう。

残りの250万円を月割りします。

20.8万円になりますが、ここから保険料や厚生年金、住民税が引かれます。手取りで16万~17万円。1人暮らしの額ですよね。

家賃や食費、通信費を引いていくと貯金ができません。

生きていくことしかできなくなります。

③ 車は軽自動車1台

年収が低いと車も軽自動車しか持てない

年収が低いと車も軽自動車しか持てない

買い替えが必要で一番お金のかかるもの。それが車です。

ポイント

  • 乗用車1台をずっと維持するのに月額3~40,000円。
  • 1年でおよそ50万。
  • 30年で1,500万の維持費。

上記のとおりなので、年収300万円では大きな車を持つことはできません。

総排気量2リットル超なら自動車税が45,000円かかります。

ガソリンも馬鹿になりませんし、車検の金額も高くなります。

なので自動的に軽自動車かコンパクトカーしか選択肢が無くなります。

地方では移動に車が必須ですよね。2台持つと維持費は倍になります。逆に車を持たないことで年収300万円でもそれなりの生活を送る考え方もあります。

地方の年収300万円以下は特に危険

都市部の場合、交通機関が発達しています。

「車はお金が掛かる。」

ということが浸透しているため、車を持たない層が増えています。

必要な時だけ車を借りる生活スタイルも登場しています。

 

地方の場合、車が無いと生活できません。

子どもが2人いると軽自動車では限界があります。

地方の年収300万円は都市部に比べて『節約できる』わけではありません。

地方だからこそ昇給額も少なくなるため危険です。

昇給額とワーキングプアの記事も読まれています。

働いても生活がラクにならないのは昇給額によるものです。

関連記事 昇給額5,000円未満の企業に勤めるとワーキングプアになる5つの理由

昇給額5,000円未満の企業に勤めるとワーキングプアになる5つの理由

続きを見る

④ 娯楽費がない

旅行はほぼ不可能

旅行はほぼ不可能

旅行費・娯楽費は人の生活の潤いに欠かせません。たまにの外食や国内・海外旅行があるから仕事も頑張っていられますよね。

年収300万円での貯蓄を考えてみましょう。

先ほども書きましたがボーナスが50万円(手取りで38万円程度)として毎月の手取りは17万円です。

これだと毎月の定期的な貯蓄はほとんどできません。ボーナスをまるっと貯金に回すことになります。ここから旅行費を出すことになります。

このボーナス貯蓄から車の維持費・冠婚葬祭費・家電の買い替えなど全てをまかなわなければいけません。

もし、会社の経営が悪化してボーナスが出せなくなったら「生きるだけの生活」になります。

⑤ 安心した保険に加入できない

保険の見積もり中

保険の見積もり中

車の保険、生命保険、ガン保険・・・人生には「まさかっ!」という時が必ずあります。30歳を超えたら保険には加入するべきです。

しかし、保険は毎月の大きな出費になります。

手当ての大きい生命保険の場合なら毎月4,000~5,000円は必要です。

中古物件・建売を購入したのなら火災保険・地震保険の加入も考えなければいけません。

年収300万円は何とか生活できるラインであり「何かがあった時に大丈夫」な額では無いんです。

なので、あなたが仕事を探している最中なら最低でも年収350万円~の会社を見つけるべきです。

仕事ができなくなった場合を考えよう

仕事はいつ無くなってもおかしくないものです。

  1. 急な倒産
  2. パワハラによるリストラ
  3. 大きな病気・怪我

などの理由で、即給与が無くなる恐れがあります。

失業手当も大きい額ではありません。貰える時期の限度もあります。

貯金ができない場合『まさか』の時に人生がダメになる危険があります。

SPONSORED LINKS

2.年収300万円以下の仕事の具体例

年収300万円以下の仕事の具体例

年収300万円以下の仕事の具体例

これまで私が経験した、見つけた求人で年収300万円以下だったのがこちら。

  1. 地方の小さな工場
  2. 介護職
  3. ホテルマンなどのサービス関係
  4. アパレルの販売員

ポイントは業界選びと会社の規模です。

お悩み君
最初の選び方が大事ってことです?
そうなんです…。そもそも会社で支払えるお金って限界があるんですよ。
Ryo

① 規模の小さい会社について

利益が少ないので人件費に限界があります。

注意ポイント

  • 各種役職手当が低い
  • 昇給が低い
  • 役職がなかなか上がらない

ボーナスについても全員で奪い合っている形になります。

しかし、利益が爆発的に増える可能性は低いです。

厚生労働省のデータを見ても会社規模が大きいほど年収が上がっています。

参考 平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況

② サービス業について

カメラマンなど高スキル職も薄給

カメラマンなど高スキル職も薄給

業界的に給与が低く設定されてます。

お悩み君
どうしてなんです?
人が人を相手にする仕事なので、利益に限界があるんですよね。
Ryo

エステティシャンが製造業のように1日何十人も施術するのは不可能です。

だから、サービス業は独立して『ブランディング』で価値を高めないと給与が伸びにくいですね。

私もブライダルカメラマン時代に年収が低かったです。しかも基本給に残業代が含まれていました。

3.年収300万円の生活を脱出する2つの方法

年収300万円の生活を脱出する方法

年収300万円の生活を脱出する方法

以下の2つです。

  1. 伸びている業界・福利厚生のある会社に転職する
  2. 個人で副業して稼ぐ

時間に余裕があれば自分で稼げる時代。会社を基本的な収入源もありです。

現在がブラック企業なら転職すべきですね。

年収300万円以下は既に底辺レベル。

業界を変えたり、残業があり残業代の貰える会社に変わるだけで年収50~100万円アップは望めます。

福利厚生の充実した会社に入社できれば節約が可能です。

あなたが20代・30代なら転職を考えましょう。

当ブログお勧めの20代向け転職サイトはこちらです。

求人を出した企業の視察をするためブラック企業率が低く、定着率が高いためです。

関連記事 一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

① 40代・50代で年収300万円のあなたへ

40代以降だと転職は難しくなります。

年齢的にあなたを求める企業が無いためです。

タクシー運転手やチェーン店スタッフなど、過酷な仕事しか選択肢がありません。

別の方法で年収を上げる努力が必要です。

最近なら『預けるだけの投資サービス』『人にアドバイスをしてお金を貰うこと』が可能です。

この機会に別のお金を貰う手段を考えましょう。

または、エージェントサービスを利用してアドバイザーに相談することをお勧めします。

あなたのスキルやキャリアを考慮して、良い求人を紹介してもらえる可能性があります。

② 個人で稼ぐ方法について

ざっくり一覧にしておきますね。

ポイント

  • クラウドソーシングで仕事を獲得する
  • 現在の本業のスキルを利用して、スキルマーケットで販売する
  • SNSを通じて仕事をもらう
  • 各種代行の仕事をもらう

営業や事務でも『代行』の仕事が増えてます。

ただし、副業は禁止の会社も多いのでチェックしてくださいね。

まとめ:年収300万以下は脱出しましょう

生きていくには必ずお金が必要です。

先日、政府から『副業解禁』のニュースがありました。

必要なお金を自分で稼いで欲しいという考えです。

今後、給与が上がる可能性はどんどん低くなっていくと考えられます。

その日のためにも、早期に給与の高い会社に入社して貯蓄や投資をするようにしましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業の種類・特徴, 給与関係

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.