ブラック企業からの転職 転職サイト

DODAの求人がブラック企業率の低い7つの理由

更新日:

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」

「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」

とお悩みでは無いでしょうか。

 

実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した私がオススメする転職サイトが『DODA』です。

 

DODAは数時間に及ぶカウンセリングをし、企業とあなたの希望が一致する求人を紹介してくれます。

転職者をお客様として扱い、真剣に話を聞いてくれます。

今回はDODAがブラック企業率の低い理由を7項目に分けてお話します。

体験談やカウンセリングのQ&Aまで丁寧に解説しますのでどうぞご覧下さい。

 

 

1.DODAは企業側の求人掲載料が高い

ハローワークのブラック企業率が高い理由は『企業が無料で掲載できる点』です。

ブラック企業は離職率が高いため、人をいつも募集しています。広告料に経費がかかるため、安く人を集めようとします。

その結果、いつもハローワークに求人を掲載しています。

 

DODAの掲載料金の最安値は1週間で62,500円。

リクナビNEXTやマイナビ転職は50,000円。

他企業に比べてDODAに広告を載せるには20%以上も高い費用が必要です。

  • 人材を大切にしている企業
  • 広告費にお金を使えるほど儲かっている企業

のような、人の価値を理解している企業がDODAを利用するため、DODAには働きやすい求人が集まっています。

①DODAの求人の質について

ブラック企業には2つのパターンがあります。

 

  • 人を使い捨てにする、本当にブラックな運営方針
  • あなたにとって働きづらい企業

 

給与アップを考えていたのに、実は残業が少なくて給与の低い会社に入社してしまったら「ブラックだ!」と感じますよね。

これはあなたの希望と求人がマッチングしていなかったためです。

DODAは長時間のカウンセリングで本当の退職理由も聞かれます。

あなたの希望を徹底的に伝えられるため、あなたにとって働きづらい企業に入社する可能性がありません。

他社と求人が似ていても、マッチングの点で『求人の質が高い』という評判を得ています。

SPONSORED LINK

2.DODAを利用する年齢層が30代・40代中心である

DODAでカウンセリングを受ける転職者の7割が30代・40代です。

 

転職者側目線だと30代・40代はもう転職に失敗できない年齢層。

企業側目線だと職場で活躍してくれる即戦力+幹部候補。

 

書類選考の時点で企業側も『取り合えず入社してみよう。』と思いません。

  • 本当にこの人はうちの会社に合っているのか
  • 強みは何か。長く働いてくれるのか。
  • 給与に不満は無いか。

など、具体的なことを考えて選考しています。

ブラック企業は人を使い捨てにしたいため、すぐ面接します。即日入社もあり得ます。

DODAの求人は敷居が高いものもあります。

しかし、入社できれば待遇も良く活躍できる場を与えてくれます。

転職者側に『ホワイトな求人が多い』と言われるのは企業側も即戦力や会社に役立つ人材が欲しいためです。

3.DODAの求人はホワイト企業が多い『非公開求人』

DODAの求人は85%が非公開求人数です。実に34,000社が非公開で応募しています。

非公開求人の多くは働きやすいホワイトな求人です。

『福利厚生が充実している』『離職率が低い』という特徴があります。

 

「どうして非公開なの?企業側からすればメリットが無さそう。」

と思いますよね。もちろん、非公開にする理由があります。

 

  • 病気などの理由による、急な退社による欠員募集
  • 1~2名のみ募集の求人
  • 人気がある企業の求人なので応募者が殺到し、対応しきれない
  • 本当にやる気のある人材だけを募集している

 

 

他にも『新規事業への挑戦』などの理由があります。

あなたに本気で転職したい熱意があれば、カウンセリング時にアドバイザーが非公開求人を紹介してくれます。

 

 

4.DODAではあなたにアドバイザーという担当者が付く

DODAは転職求人と転職支援サービスが一緒になっています。

登録することでキャリアアドバイザーがカウンセリングを行ってくれます。

希望条件から既に数十社の求人を選んでいます。カウンセリング後にその中からオススメの企業を教えてもらえる流れです。

もちろん非公開の求人からあなたにあったものを探してくれています。

職務経歴書・履歴書の添削、面接相談も可能です。

アドバイザーはあなたの希望職種や業界から詳しい人が選ばれますが、どうしても相性が悪いケースがあります。アドバイザーの変更希望も受け付けてもらえますのでご安心ください。

①DODAのカウンセリング体験談

DODAでは登録が4段階に分かれています。

 

 

最初の会員登録が終わった時点で5分後にDODAのアドバイザーから電話が掛かってきます。(土曜日でもTEL有り)

 

  • 登録のお礼
  • カウンセリングの希望について

 

の2点が主な内容です。

カウンセリングは電話のみでも対応して貰えますが、DODAの支店に行った方が具体的な話を聞けます。

この電話でカウンセリングの希望日時を聞かれます。土曜も可能なので空いている日時を伝えましょう。

カウンセリングは私服で構いません。堅苦しくありませんので、気軽な気持ちで行きましょう。

カウンセリングでは、

 

  • どうして退職されたのか(本当の理由について。本当の理由は企業に伝わりません。)
  • 希望の仕事、勤務地について
  • 年収や休日数について
  • 今後の打ち合わせについて

 

を話すことになります。

DODAでは転職者がお客様です。非常に丁寧な応対をして貰えました。

退職理由に関しても

「どんな企業があるか、私たちの勉強にもなります。あなたにどんな求人をご紹介するかの判断基準にも関わりますので、本音を教えて頂けますか。もちろん、企業側には伝えません。」

とのことでした。

DODAの支店まで1時間半の道のりでしたが、本当に行って良かったと感じています。

支店の場所は都市部中心ですが、時間をかけてでもカウンセリングを受ける価値があります。どうぞご検討下さい。

 

徹底的なカウンセリングによりアドバイザーがあなたにピッタリな求人を選びます。そのため、ブラック企業率が低くなります。

 

5.DODAにお金が入るのはあなたが転職に成功してから

 

「カウンセリングが無料なのはどうして?どこからお金を貰っているの?」

と感じますよね。

DODAは企業側からお金を貰います。広告掲載料+紹介料の2つになります。

企業により広告料の流れは違いますが、

あなたが数ヶ月勤務してDODAに報酬が入る

ことになります。

あなたが早期退職した場合、DODAにはお金が入りません。

DODAにとって転職者はお客様。しっかりカウンセリングして納得した求人を紹介しないと稼ぎになりません。

ブラック企業は掲載するだけ時間の無駄。

だから、ホワイトな求人・紹介する価値のある求人をあなたに紹介します。

6.DODAでは企業情報が詳細に書かれている

ブラック企業の求人は情報もれが多い特徴があります。

  • 地図が手書き
  • ボーナス未記入

など『賞与無し』など、空白を埋める書き方をしていません。

ハローワークや小規模な転職サイトにはブラック求人が多く見られます。

DODAでは社員の育て方、キャリアアップの方法、「残業代の平均+分刻み支給」など、細かい部分まで記載されています。

DODAは求職者にアドバイザーが付くように、企業側にもアドバイザーが付きます。

 

「情報を細かく書いた方が印象が良い。」

「長続きする人材を集めるには福利厚生などを整えた方が良い。」

 

のようなアドバイスがあるため、あなたにしっかりした情報が伝わります。

7.転職で職務経歴書のデータを利用できる

DODA登録後は職務経歴書のデータをアップロードすることになります。

職務経歴書では履歴書に書ききれない、

  • 職場内での異動歴
  • 異動に伴う仕事内容の変更
  • 仕事内容の具体的な内容(部下〇〇人を使って作業した。など。)

などの情報を伝えられます。

ハローワークでは履歴書は必須ですが、職務経歴書は必須ではありません。

DODAでは職務経歴書を元にアドバイザーが求人を探します。

あなたの経験を活かせる仕事が見つかるため、働きやすい職場が見つかります。

8.DODAのカウンセリングQ&A

DODAでは支店でカウンセリングを受けられます。

詳細情報登録前の『会員登録』が終わった時点でアドバイザーから電話があります。(私は5分後に電話がありました。)

その時にカウンセリングの有無と希望日時を聞かれます。

 

DODAは各都市圏に支店があります。

東海・東北など、各地方に1つは支店がありますので、そちらでカウンセリングを受ける形になります。

私は自宅から1時間半の場所に支店がありました。

カウンセリングによりかなり希望条件にあった仕事を紹介して貰えますので、遠くてもできるだけ受けることをオススメします。

 

カウンセリングはおよそ1~2時間かかります。

本当の退職理由や希望業種・職種など具体的な内容を聞かれます。本当の退職理由は話しましょう。企業側には情報がもれません。

アドバイザーがあなたにあった求人を探す手助けになります。

服装は私服で構いません。堅苦しい雰囲気もなく、気軽に会話できます。

筆記用具とメモ帳があると便利です。

職務経歴書のデータがあると、登録がスムーズに終わります。

必須項目以外は登録後に変更可能です。

現在勤めている会社など、情報を公開したくない企業も登録時に記載できます。

 

DODAはブラック企業の登録率が低いだけでなく、転職者の希望にマッチすることを考えた転職サイトです。

まずは公式ページをご覧下さい。

 

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業からの転職, 転職サイト

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.