転職 その他

『ホワイト企業の見つけ方』ストレスの無い仕事を探す4つの方法

更新日:

ホワイト企業に勤める社員

「ホワイト企業ってどうやって見つければ良いの?」

「求人で働きやすい職場って見抜けるの?」

当記事ではホワイト企業を簡単に見つけられる方法をご紹介します。

 

ホワイト企業とはあなたにとってストレスの無い、ずっと続けられる企業のことです。

そんな仕事が見つかれば人生がラクになりますよね。

月曜日の朝も憂鬱になることがありません。

しかし、ホワイト企業を見つけるにはちょっとしたコツがあります。頑張って探そうとしても見つかりません。

当記事ではホワイト企業を見つける具体的な方法を4つご紹介します。

仕事選びの関連記事も一緒にご紹介します。丁寧に解説しますので、どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.仕事内容や業界を絞らずに仕事を探す

印刷マシン

「絶対に華やかな一流企業に入社するんだ!」

というあなたは危険です。

一流企業がホワイト企業とは限らないからです。

給与は良いかもしれません。しかし、労働時間が長くノルマが厳しいため精神的に追い込まれます。

現に一流企業から過労死のニュースが耐えません。

 

大事なのは『あなたにとってのホワイト企業』を見つけることです。

そのためにも仕事内容や業界を絞ってはいけません。

あなたの能力に合った仕事を探せば良いわけであり、工場だから悪い・現場仕事は大変そうと思うのは勿体無いです。

①大事なのは労働時間・給与・人間関係の3要素

仕事探しで大切なのは時間・給与・人間関係の3つです。

この3つが良好ならどんな仕事でもストレスが溜まりません。

逆に好きな仕事でも給与が低く、人間関係が悪ければ続きません。

 

今まで見ていなかったようなジャンルの求人もチェックしてみましょう。

近場で思いがけない優良企業が見つかる可能性があります。

2.まだ転職サイトやハローワークに掲載されていない求人を探す

アドバイザー
非公開求人は優良企業が多いことで知られています。

転職エージェントサービスを利用して、アドバイザーから求人を紹介してもらいましょう。

なぜなら『非公開求人』を紹介してもらえるからです。

非公開求人はホワイト企業が多数含まれています。

その理由は以下の通りです。

 

  1. 人気過ぎて人が殺到するため非公開にしている
  2. 離職率が低いため、ほとんど求人が出回らない
  3. 専門的な内容なので、公開しても人が集まらない

 

いつも見かける求人は離職率の高い傾向にあります。

人が辞めやすいため、どんどん人を募集する必要があるためです。

逆に出回っていない求人はホワイト企業が多くなります。

不動産と一緒ですね。

人気の土地は不動産会社が直接紹介するため、広告やフリーペーパーに掲載されません。

良い求人もサイトに掲載される前に人が集まってしまいます。

①非公開求人を紹介して貰う方法

基本的に非公開求人は転職エージェントサービスで紹介して貰うことになります。

非公開求人の多い転職エージェントを利用すれば、ホワイト企業が見つかりやすいです。

当ブログでお勧めしているのはDODAです。

DODAは9割が非公開求人。

アドバイザーもあなたの本音を知ることから相談を始めます。親身になってくれるのでお勧めです。

3.低ストレスを意識した仕事探しをする

働きやすい職場はとにかくストレスが溜まりません。

上司には何でも相談でき、仕事でミスをする前に『徹底した教育』でカバーされている。

こんな状況なら働きやすいですよね。

既にお話した通り、労働時間・給与・人間関係の3要素がストレスと直結しています。

他にも細かい部分でストレスを少なくすることができます。

それがホワイトな仕事を探すコツにもつながります。

①通勤時間や始業前作業に注意する

仕事は毎日する作業です。

プライベートの時間より仕事に費やす時間の方が長くなります。

些細なことがストレスに影響するので、できるだけラクな仕事を選ぶ必要があります。

 

例えば通勤時間。

満員電車で40分かかる職場より、歩いて5分の職場の方がストレスはたまりません。

プライベートの時間も長くなります。

1日70分も時間が浮きます。1週間が5日勤務なら、350分浮く計算です。

1ヶ月ならおよそ23時間になります。

 

古い雰囲気の会社では出社時間前に掃除やメール処理が含まれます。

掃除もメール処理も立派な仕事。

この意識の無い会社に勤めていると、サービス残業を求められる危険があります。

4.ブラック企業率の低い転職サイトを活用する

ホワイト企業を探すなら、そもそもブラック企業の数が少ない転職サイトを利用すべきです。

既にブラック企業を独自のマニュアルで省いた転職サイトが登場しています。

なぜなら、転職後の定着率が転職サイトの評価に関わって来るためです。

 

ではどのようにブラック企業を省くのでしょう。

 

例えば離職率の判断が挙げられます。

従業員が10人以下の会社は離職率が高くなります。

規模の小さい会社は些細なことで経営方針や給与が変わります。それについていけない社員が多いためです。

このような企業を省くだけでもブラック企業率が低くなります。

①ブラック企業率の低い転職サイトがこちら

当ブログではJAICをお勧めしています。

10代・20代に特化した転職サイトですが、定着率は94.3%。

全ての求人先を査察。実際にブラック企業認定した企業の掲載を拒否しています。

若者に支持されている転職サイトなので、あなたが20代以下なら活用すべきです。

まとめ

年齢と共に体力が衰えます。

そんな時にたくさんの仕事を押し付けられてはどうにもなりません。

転職先も見つかりませんから仕事を辞められない。

人生が積んでしまう前にホワイト企業を探すことは大切なことです。

現在転職活動中のあなたは、今回ご紹介した4点を意識して転職活動をして見ましょう。

一生働ける仕事が見つかります。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-転職, その他
-

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.