最初に ブラック企業診断テスト

『ブラック企業診断テスト』2分でできる3つの判定項目と脱出法がこれだ!

更新日:

ブラック企業テストを受ける会社

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」

「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」

当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリストをご用意しています。

 

仕事は一生続けるものです。

働くことがつらいとあなたの人生は台無しになります。

しかし、間違えていけないのは『仕事は耐えられる程度のつらさ』である点です。

仕事がつらい原因はあなたの会社がブラック企業だからかもしれません。

当記事では簡単にブラック企業をチェックできるリストをご紹介しています。

会社の倒産を2度経験し、月残業が100時間以上あるブラック企業を2社経験した私が実体験を元に作成しました。

それぞれの項目に関しても詳しく解説しています。

2分あればチェックが終わります。どうぞ当記事をご活用下さい。

SPONSORED LINK

1.ブラック企業チェックリスト『あなたの会社はどっち?』

アドバイザー
ブラック企業とは従業員を使い捨てにする非常識な会社のことです。

仕事とは労働力を提供してお金を得る行動です。

仕事の働きやすさは大きく3つの内容が影響します。

 

  1. 労働時間
  2. 給与
  3. 人間関係

 

この3項目のバランスが崩れている・明らかに法律違反な状況だと会社はブラック企業化します。

それぞれの項目別にブラック企業チェックリストをご用意しました。

早速チェックしてみましょう。

 

労働時間の項目

  1. 早朝出勤・深夜帰宅がある
  2. 基本的に休憩時間が無い
  3. 上司が帰るまで帰れない
  4. 年間休日が100日前後である
  5. 有給が使えない(忌引きなどを含む)
  6. 月の残業時間が60時間を超える
  7. 特定の人間だけ仕事量が多い
  8. 残業時間が自己申告制だ

 

給与の項目

  1. 残業代が基本給や手当に含まれている
  2. 上の世代と自分たちの世代の昇給額が全く違う
  3. 基本給が低く手当が多い
  4. 自費の勉強会・懇親会がある
  5. 役職に付かないと給与がほとんど上がらない
  6. 役職に付いても手当が無い
  7. 交代制勤務で交代性手当てが無い
  8. 年収が300万円以下
  9. 昇給が5,000円未満

 

人間関係の項目

  1. 教育係がいない
  2. 30歳以下の人間が多い
  3. 独身者が多い
  4. 女性が半数以上を占めている
  5. パワハラ・モラハラがある
  6. 暴力がある(軽い平手打ちなども含む)
  7. プライベートに干渉される
  8. 社員同士の連携が無い
  9. 社員間の能力差が大きい

 

その他の項目

  1. 福利厚生が無い
  2. 入社時の話と違う業務内容になっている
  3. 社訓の唱和がある
  4. 参加しなければならない会社行事が多い
  5. 駐車場が自己負担だ
  6. 社員を常に募集している
  7. 管理職が多い

 

 

5つ以上該当すればブラック企業認定です。

太字の項目は1つでも〇があればブラック企業です。

 

以下、それぞれの項目について詳しく解説します。

なぜこのチェックリストがブラック企業認定につながるのかも合わせてお話します。

2.ブラック企業を認定する3つの判定項目について

頭を抱える男性

私はアルバイト時代を含め2社の倒産を間近で見てきました。

会社に利益が無くなると利益を追求するあまり、従業員の気持ちを考えない手段が取られます。

その手段が労働時間・給与・人間関係の3項目に影響を与えます。

 

仕事が労働力を提供してお金を得る行動である以上、人間関係はそれほど影響しないと思われるかもしれません。

しかし、定時帰宅・年収350万円の会社に入社したのにうつ状態になった経験があります。その理由が人間関係による『気疲れ』です。

怒鳴る・暴力を振るうだけがブラック企業ではありません。

教育が無く、仕事を与えない。情報が分からない状況を続けることもブラック企業です。

①ブラックな会社は労働時間が非常識である

お悩み君
ブラック企業と言えば地獄の残業ですよね?
月の残業が60時間以上は本当に危険です。
アドバイザー

ブラック企業と言えば過労死するほどの残業時間。

月の残業が80時間を超えると過労死する危険があります。

ポイント

厚生労働省が脳や心臓疾患による過労死の基準として『発症1ヶ月前に月100時間の残業、発症2~6ヶ月前に1ヶ月当たり約80時間の残業があった場合』に因果関係があるとしています。

参考 厚生労働省 過労死等防止啓発パンフレット

ブラック企業の場合は休日出勤も含めて100時間以上の残業になる可能性があります。

また、始業時間前の掃除や雑用を強要されます。

 

年間の休日数が100日未満も要注意です。

長期連休が無くなります。一生で考えると年間休日125日の会社と比べて1,000日近く無料奉仕することになります。

②ブラックな会社は働いても生活がラクにならない

ブラック企業は従業員を使い捨てにして、自社の利益を増やそうと考えています。

そのため、どれだけ頑張って働いても給与が増えません。

働くだけ損をする『ワーキングプア』になります。

 

ワーキングプアになるかどうかは『時給』を考えれば分かります。

あなたの1時間当たりの給与がアルバイトやパート以下の金額ならブラック企業です。

昇給が少ない・基本給が低い・残業代が出ないなど、時給が増えない方法に心当たりはありませんか?

時給が高ければ労働時間も少なくて済みます。

③上司が理不尽ならブラック企業になる

お悩み君
人間関係ってそんなに大事なの?
働きやすさだけでなく、評価にも関わってきます。
アドバイザー

人間関係は労働時間と給与に影響する大事な部分です。

単純に『あなたのストレス』にもつながります。

例えば上司と仲が悪いとしましょう。

あなたの上司はあなたを評価するのが仕事です。気に食わなければ評価を下げます。

あなたの評価が下がれば昇進やボーナスに影響します。

 

仕事上の相談ができなければミスが増えます。事故の原因にもつながります。

会社に問題が無くても上司に問題があればブラック企業です。

事実、人間関係は転職理由の不動の一位となっています。

3.ブラック企業を辞めたいあなたへ。具体的な脱出法について

仕事中に暴れる男性

ブラック企業に長く勤めると『洗脳』されてしまいます。

 

  • 「他の会社にいっても同じ。」
  • 「つらいのは自分の頑張りが足りないから。」
  • 「自分は社会に溶け込めない人間何じゃないだろうか。」

 

仕事は大変なものですが、何ともならないものではありません。

ブラック企業は異常な場所だと知ることが大切です。

あなたの会社がブラック企業だったとして、次に不安なのが転職です。

「転職先が見つからなかったらどうしよう。」

と思うので、ブラック企業から脱出できなくなります。

そこで最近の転職事情を知ることが大切です。

①ブラック企業率の低い転職サイトが増えている

転職と言えばハローワークです。

しかし、ハローワークはどんな企業でも求人を出せるためブラック企業率が高くなります。

だから連続でブラック企業に入社する人がいます。

大切なのはブラック企業率の低い転職サイトを使い、アドバイザーと相談することです。

転職活動は孤独です。

あなたの悩みを誰かに相談できるだけでも焦りが無くなります。

私もハローワークのみを利用したためブラック企業に再度入社してしまいました。

当ブログでは実際に転職サイトの運営企業と話をして『ブラック企業率の低い転職サイト』を厳選しています。

 

あなたが10代・20代ならJAICがお勧めです。

求人先を査察しているため、ブラック企業率が低くなっています。

若者向けの求人中心になりますが、転職後の定着率は94.3%。

もちろん在職中でも転職活動が可能です。

関連記事 一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

「どうやったら一生働ける仕事が見つかるんだろう?」 「20代で転職難民になっちゃった。どうやったら脱出できるの?」 など、再就職にお悩みの20代のあなたに当記事はピッタリな情報をお届けします。 &nb ...

続きを見る

 

アドバイザーとの相談を前提にするならtype転職エージェントがお勧めです。

女性のアドバイザーが多く在籍しており、男女共に悩みを相談しやすいためです。

本当の転職理由を相談することで、あなたにピッタリの求人を紹介して貰えます。

他の転職サイトと違い1分で終わる簡易登録で利用できるのも便利です。

登録はこちらから可能です。

 

 

関連記事 上京して就職に失敗したあなたへ。type転職エージェントを使う4つのメリット

笑顔のサラリーマン
上京して就職に失敗したあなたへ。type転職エージェントを使う4つのメリット

「上京して働き出したけど、つらくて続けられない。」 「どうやって東京で仕事を探せば良いの?どこもブラック企業に見えてしまう。」 など、上京後の仕事で悩んでいるあなたに当記事ではピッタリな情報をお届けし ...

続きを見る

 

まとめ

私はブラック企業に勤めたため心身共にボロボロになりました。

ドクターストップで退社したため、転職活動も遅れました。金銭的に厳しくなり、婚約までした彼女とタイミングが合わずに別れる結果になりました。

ブラック企業からは直ぐに逃げ出すべきです。

耐えていても良くなることはありません。そういう社風だからです。

あなたはあなたの人生を仕事のために台無しにすべきではありません。

正しく転職活動を行えば就職先は1ヶ月以内に見つかります。

当ブログではブラック企業を見抜く方法を細かく解説しています。当ブログがあなたのブラック企業脱出に役立てば幸いです。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-最初に, ブラック企業診断テスト

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.