ブラック企業の種類・特徴 収入

基本給が低い会社に勤める5つのデメリット

更新日:

少ない基本給を並べた

基本給18万の会社と基本給5万+手当て15万の会社、どちらを選ぶ?

ハローワークの求人で「基本給は8万円。+手当てにより総支給23万円程度」のように書かれているのを見たことが無いでしょうか。

手当で給与が増えているから一緒じゃないかと思いますよね。

基本給が低いことでたくさんのデメリットがあるんです。

大手企業でも基本給が低い会社はありますので、注意して判断するようにしましょう。

当記事では基本給の低いデメリットを5つご紹介します。

当記事をご覧頂ければ基本給の高さがどれほど良いことかが分かるようになります。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.基本給が低いとボーナスが少なくなる

少ないボーナス

ボーナス〇〇ヶ月分は基本給の額で判断されます。

ボーナスが8か月分でも基本給が5万円なら40万円しかありません。

常識的に考えればボーナス8か月分は100万円を超えるような額です。

求人によっては基本給額を掲載せず、総支給額のみ給与額として記載。

ボーナスの〇〇か月分を多めに書くことで人を集めようとしていることがあります。

注意

特に基本給の額が少ない業種が『トラックの運転手』などの運送業。移動時間の兼ね合いで残業が多いため、基本給を少なくして残業代を減らしています。

宅配業者が少ないことで有名ですね。私の叔父が有名宅配業者の店長をしておりました。年収800万円クラスなのに基本給は8万円な時期があったとグチっていたことを覚えています。

①年収を上げたいならボーナス額が最重要

特に地方では年収400万円を超えるまで時間がかかります。

年収を増やすにはボーナスの額が重要です。

月の給与総支給額が22万円しか無くても、夏冬のボーナスがそれぞれ70万円あれば404万円。

ボーナスが5.0か月分以上あれば年収はどんどん上がります。

基本給が着実に上がる会社なら30代で年収600万円も可能です。

将来的に年収を上げるためにも基本給の額が重要になります。

2.基本給の額によって退職金が少なくなる

ボーナスと同じく退職金も基本給より判断されます。

退職金の制度は会社によりまちまちですが、私の会社の場合は月々の積み立て+〇〇か月分の給与となります。

基本給が低ければ低いほど退職金は少なくなります。(基本給×勤続年数という企業もありますね。)

退職金の支給算定としては、

 

 icon-angle-right 基本給連動型 基本給×勤続年数

  ポイント制 業績・個人の評価によりポイントを加算。ポイント×ポイント単価

  別テーブル制 資格や等級により額を決め、その額×退職金支給率

 

のような方法があります。

基本給連動型は名前の通り基本給の額と直結しています。

例 基本給×勤続年数(35年)の場合

基本給10万円×35年=350万円

基本給25万円×35年=875万円

3.残業代の単価が低い

お悩み君
基本給が低くても残業すれば問題ないんじゃないの?
残業代の額が基本給で決まります。
アドバイザー

残業代の1時間辺りの単価も基本給から算出されます。

基本給20万なら1時間1,500円ほどですが、基本給が40万円なら3,000円に跳ね上がります。

基本給の単価が低い若手に多くの残業をさせ人件費を軽減する企業もあります。(私の会社でも派遣より若手に残業をさせたほうが1時間辺りの人件費が少なくなります。)

基本給が低い会社ほど残業が増える可能性があるのは残業単価が理由です。

 

残業代の計算方法

給料(時給)×1.25(割増率)×残業した時間=残業代

 

当然ですが、基本給の高い会社で残業をした方が時給が高い計算になります。手当で手取りが増えていても、残業代の金額は少ないかもしれません。給与明細でチェックしましょう。

①ブラック企業ほど基本給を下げたがる理由

ブラック企業はできるだけ安く労働力を使いたいと考えています。

残業代を支払いたくないのですが、サービス残業が問題視される時代になりました。

そこで基本給の額を下げ、残業代をできるだけ低く設定する企業が増えています。

基本給の低い企業は残業時間が多くなる傾向があります。注意しましょう。

4.基本給の低さをカバーする『手当』は無くなる危険性がある

手当が無くなって放心状態の人の心の中

基本給以外の手当てとして、

icon-check 営業手当

 役割手当

 皆勤手当

 食事手当

 応援手当

など、たくさんの種類があります。共通するのはどれも「手当」でしかないことです。

皆勤手当なら休んでしまえば無くなりますよね。

営業手当も他部署に移転になれば無くなってしまいます。手当が無くなってしまえば基本給だけの給与になります。

基本給が10万円以下の場合、手当が減ると手取り15万円以下の給与になる危険があります。

会社は生き物

あなたの会社の売上が激減したとします。会社側が社会保険労務士と相談して無駄な手当てを省き出した場合、あなたの給与も激減します。基本給と違い手当てを減らすのは簡単だからです。

5.基本給が低いと昇給額が低くなる恐れがある

昇給額も基本給が関わってきます。

一般的には基本給が上がっていくものですが、役割手当が増えるだけの会社もあります。

基本給が増えないので前述したようにボーナス・退職金・残業代は増えません。

どれだけ働いても残業代の単価は増えないので、残業が減る可能性もありません。

昇給自体も基本給×〇〇%で算出されるケースがありますので、昇給額が少ない可能性もあります。

運送会社など、働けば働くだけお金が貰える企業では基本給が少ない可能性が高くなっています。

年功序列で落ち着いてキャリアアップしていきたい人は基本給額が常識的な企業を探した方が良いでしょう。

年齢と共に給与を下げる会社について

私の知人の会社は一定の年齢になると給与が上がらなくなります。手当てが無いとワーキングプア状態になります。給与を上げない理由は『もう辞められないから』。

基本給がそれまでに上がっていれば何とか生活できます。しかし、基本給の少ない状態で手当てやボーナスを下げられ、給与が上がらなくなるとどうしようもありません。

まとめ

転職で焦っていると、

「この会社は基本給少ないけど総支給は25万円になる。大丈夫だな。」

と自分で納得してしまいます。それでは危険です。本当に満額手当てでもらえるのか確認が必要です。手当ての額はコロコロ変わるためです。

昇給・ボーナスにも影響するので、総支給が高くても年収は低い可能性もあります。

基本給の低い会社を避けたいならブラック企業率の低い転職サイト利用をお勧めします。

求人の数が増えていますが、同じようにブラック企業の数も増えています。

転職サイトの中には独自のマニュアルでブラック企業の求人を却下する企業が登場しています。

例えば当ブログでお勧めしているJAIC。

JAICも全ての求人先を査察して、離職率の高い会社は却下しています。

無料で登録可能なので、色んな転職サイトを利用してみましょう。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-ブラック企業の種類・特徴, 収入

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.