ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業の種類・特徴 人間関係

【納得】ブラック企業の上司にありがちな特徴5選/パワハラ・モラハラの恐怖を実体験を元に解説

理不尽な上司に立ち向かう男性

「ブラック企業の上司の特徴を知りたい。人格否定するし、部下にも強く当たる。人前でも怒鳴ってくる。これってパワハラですよね?」

という疑問にお答えします。

当記事を読めばブラック企業に勤める上司の特徴がわかります

 

元ブラック企業社員のRyotaです。工場長に家族をバカにされた経験もあります。

お悩み君
それはひどいですね…。そんな上司とは働きたくない!
ですよね。我慢せずパワハラだと認めることが大事なんですよ。
Ryo

時間・給与の待遇が良くても人間関係が悪くては会社にはいられません。

同僚・先輩はとにかく、上司の性格はそのままあなたの働きやすさに直結します。

軍隊では激務よりも部下の気持ちに理解を示す上官がいるかどうかで部隊の居心地が変わることが分かっています。

普通の上司がいる会社の見抜き方までお話しますので、どうぞお役立てください。

▼ブラック企業率の低い転職サイトはこちら▼

関連記事
パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

▼モラハラ上司のチェック項目▼

関連記事
モラハラ上司のチェック方法
モラハラ上司のチェック方法・特徴とモラハラ対象外にする4つの方法

続きを見る

スポンサーリンク

1.ブラック企業の上司にありがちな5つの特徴

いやな顔をする上司

いやな顔をする上司

以下の5つです。

  1. 日常的に人格否定をする
  2. 部下にあたる、手柄を自分のものにする
  3. 人前で怒鳴る・パワハラをする
  4. 引越し・田植えなどを押し付ける(公私混同)
  5. 部下に八つ当たりする

叱る・注意するではなく、パワハラ・モラハラ的発言が多くなります。仕事内容ではなくて個人を否定されるようなら『ブラック企業的な上司』と言えます。

それぞれ詳しく解説しますね。

① 日常的に人格否定をする

あなたをバカにする上司

あなたをバカにする上司

「お前は何もできないヤツだ。」

「どうしてこんなヤツをうちの会社に入れたんだ?」

などの暴言を吐きます。

お悩み君
それ、良く言われます…。
立派なモラハラですね。録音しても良いと思います。
Ryo

ブラック企業の上司は仕事上のミスを叱るのではなく、あなたの生き方を否定します。

なぜなら『人としての常識』に欠けているためです。

部下は理不尽に叱られると能率が50%以上落ちると言われています。通常の会社であれば、部下のモチベーションを上げるために人により注意の方法を変えるんですよね。

ブラック企業は『人が辞める前提』で考えます。いつでも退職させられるよう、部下の人格を日ごろから否定します。

パワハラより危険なモラハラについて

パワハラは会社の権力を利用して、精神的・肉体的苦痛を強いることです。退職理由としても良く聞かれますね。

パワハラは退職すれば終わります。その上司との接点がなくなるからです。でもモラハラは違うんですよ。

あなたの人格を否定するため、あなたの考えが変わってしまう恐れがあるためです。モラハラ上司からはできるだけ早期に逃げるしかありません。

② 部下にあたる、手柄を自分のものにする

部下に強くあたる上司

部下に強くあたる上司

オレオレ系の人に多い性格です。

部下が寝ないで作ったデータを自分が作ったように発表し、部下が勝ち取った販売を自分の手柄にしてしまいます。

大きな被害はありませんがモチベーションは下がるばかり。将来的な昇給も見込めません。あなたの評価が上がりませんからね。

もしお金に困っているようなら別の会社で役職を狙った方が建設的でしょう。

ポイント

評価を盗む上司の特徴として『誉めない』があります。自意識が強いため、人を下に見る癖があるためです。誉めない上司は危険です。

昇給額が5,000円未満だとワーキングプアになる恐れがあります。

正当な評価が受けられないと、あなたの生活に影響します。

関連記事 昇給額5,000円未満の企業に勤めるとワーキングプアになる5つの理由

③ 人前で怒鳴る・パワハラをする

人前で注意する上司

人前で注意する上司

人前で怒鳴ることは会社になんのメリットもありません。怒鳴られた社員・怒鳴るのを見た社員のモチベーションが落ちるためです。

私は結婚式場に勤めていた際に店長が20代前半の若い方でした。彼女も激務で疲れており部下に当たることがチラホラ。怒鳴る・人前で叱る・相談しても怒られるということが日常茶飯事に行われていました。

結果、うつ病+全身にストレス性の蕁麻疹となりました。

  • 朝礼で怒鳴る
  • 新入社員の近くで叱る
  • 胸を突き飛ばす

上記は特にブラック企業で見かける行動。

我慢するだけ無駄なので、この3つが1回でも守られなかったら退社を考えましょう。

暴力的な上司からは逃げるべき

もし上司から暴力を受けたら即退職しましょう。

なぜなら、あなたのことを何も考えていないためです。

上司はあなたのことを評価します。あなたは良い評価を受けられないと給与が上がりません。

暴力的な上司は非常識な人間です。そんな人の下についても良い評価は受けられません。

本当に危険なブラック上司の記事も読まれています。

未だに暴力的な上司は多いので気をつけましょう。

関連記事 こんな上司に気をつけろ!即退職につながる「ブラック上司」の6つの特徴

ブラック上司の特徴とは『部下を追い詰める6つの性格』

続きを見る

④ 引越し・田植えなどを押し付ける(公私混同)

引越しの命令を受けた社員

引越しの命令を受けた社員

50代~60代の年配上司に多い行動です。

自分のプライベートを部下に手伝わせる全く会社と意味の無い奉仕を求めます。

ですが、これに参加しないと「あいつは甲斐性が無い」「あいつはダメだ」と評価を下げられてしまいます。

完全な公私混同です。引越しならまだしも、田植えなど毎年の行事に参加することは気をつけましょう。

毎年頼まれるようになり、最後には当たり前になってしまいますから。

似たパターンとして社外行事への参加強制があります。

  • 草野球への参加
  • 地域の祭りでのボランティア
  • バレーボール大会の出場
  • 消防団への参加

は全て社外活動。

強制されるものではありません。最初に断りましょう。

特に消防団は危険です。消防団参加が会社の事業税を下げられるため強制参加させる中小企業が増えています。

消防団はあなたのプライベートをほとんど持って行きます。

⑤ 部下に八つ当たりする

面白くないことがあると部下に厳しくなる人が居ませんか?上司も人なので気分の変化があるのは仕方ありません。

しかし、人や物に八つ当たりする上司は要注意です。

部下が上司の機嫌を見て報告をするため、報・連・相が上手にできない可能性があるためです。

あなたも上司の顔色をうかがって報告しなければならないのは大変ですよね。上司の機嫌が悪い日は現場の雰囲気が悪くなります。

作業効率が落ち、ケガや事故の危険も増えます。気分屋な上司の下で働くのはなんのメリットもありません。

SPONSORED LINKS

2.普通の上司がいる会社を見抜く方法について

優しく話をしてくれる上司

優しく話をしてくれる上司

離職率が低い会社を選びましょう。

パワハラ・モラハラ上司がいる職場は離職率が上がります。立場上、その上司を辞めさせられないため、あきれた部下が退職するためです。

私の勤めていた工場のライン責任者が問題児でした。気分屋で人を睨んだりバカにすることばかり。結局、ライン担当になった若い子は全員が退職しています。

その状況が10年間続きました。

離職率の低い会社を見つけるために

ハローワークではなく、転職エージェントのアドバイザーに相談することです。

お悩み君
どうしてです?
離職率って求人では分からないんですよ。アドバイザーなら求人の実態を知っています。
Ryo

転職エージェントは長く勤めてくれる社員を企業に紹介しないと評価が上がりません。離職率の低い企業を求めればちゃんと紹介してくれます。

そもそも離職率の高い企業を除外している転職エージェントもあります。JAICです。あなたが20代なら知らないと損。利用も無料なので1度ご覧ください。

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ:ブラック企業の上司はパワハラ・モラハラマシーンです。

勤務時間・人間関係の悪化はうつ病に繋がります。

心の病は治すのが難しく、1年~2年を無駄に過ごしてしまう可能性があります。その間に職務経歴書の空白期間が増え再就職が難しくなります。

ブラック企業からの脱出はあなたが元気なうちに行動しなければいけません。そのためにも上司の行動を観察することは必須です。

転職活動はあなたの転職力を判断したり、企業の口コミを調べる情報集めから始まります。あまりに上司が理不尽でストレスがたまっているのなら、転職に関する情報集めから始めましょう。

 

以上、「【納得】ブラック企業の上司にありがちな特徴5選/パワハラ・モラハラの恐怖を実体験を元に解説」という記事でした。

関連記事
モラハラ上司のチェック方法
モラハラ上司のチェック方法・特徴とモラハラ対象外にする4つの方法

続きを見る

関連記事
一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業の種類・特徴, 人間関係
-,

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら