ブラック企業の種類・特徴

仕事がつらい女性へ。低ストレスの働きやすい職場が見つかる4つの方法

更新日:

パソコン作業中の女性

「職場に派閥があって、人間関係に疲れてしまった。」

「30歳の独身女だけど、仕事がつらくて辞めたい。この先どうしたら良いんだろう。」

当記事では女性が働きやすい職場を見つける方法をお話します。

 

女性は男性に比べて働きづらい職場が多いです。

女性特有の人間関係はもちろん、女性は役職が貰えない会社もあります。

女性なのに終電帰りや月の残業100時間以上のブラック企業も存在します。

当記事では女性が低ストレスで働ける職場を見つける方法を5つご紹介します。

明るい未来が見えないあなたは是非ともご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.現職場が女性の働きづらい職場か判断する

アドバイザー
男性は働きやすいけど、女性は働きにくい職場があります。

女性が働きにくい職場が存在します。

 

  • 上司のパワハラ・セクハラが黙認されている
  • 女性は役職につけない
  • 女性の昇給・ボーナス額が少ない
  • 産休や育休が無い
  • 権力を持ったお局さんがいる

 

男性と女性のブラック企業は少しズレがあります。

まずはあなたが女性特有のブラック企業に入社していないかどうか判断しましょう。

女性を差別化する会社に勤めていても、あなたの状況は改善しません。

2.女性が全体の過半数を占めていない会社を探す

女性が活躍する職場

私は女性が過半数を占める会社に勤めていました。

女性が多い職場は確実に『派閥』ができます。

派閥があると人間関係が悪化しやすく、非協力的な状況があります。

女性は男性に比べて体力的に劣ります。

体調が優れないことも多く、労働力が足りない状況があります。

突然の残業や1人で終わらない作業量の仕事を求められることがあります。

 

逆に女性だからこそ男性の多い職場に勤めることをお勧めします。

①男性の多い職場の女性は優遇されやすい

男性の多い職場に女性がいると男性の効率が上がります。

単純に『格好をつけたい』と思うためです。

会社側もそれをしっており、女性がいることがメリットになると考えています。

工場の事務など、男性主体の職場に女性が入ると働きやすい環境が与えられます。

女性が守られやすいため、パワハラやセクハラを問題化しやすい点も安心です。

3.女性の役職社員がいる会社を選ぶ

アドバイザー
女性の役職社員がいると女性が守られやすいです。

女性差別の無い会社では女性の役職社員がいます。

課長クラスの女性社員がいる会社では、女性の意見が会社側に伝わりやすくなります。

 

  • 産休・育休の取得
  • 女性が働きやすい環境作り(トイレ・更衣室の改善など)
  • 男女の仕事内容の差を理解できるものにする(女性だけトイレ掃除などが無い)

 

女性が重要なポストにいない。

女性に責任ある仕事を任せていない会社の場合、女性を使い捨てる考えが残っています。

「いつか女性は辞めるもの。」

と会社側が思っていると、女性の働きにくい社風になります。

4.女性向けの仕事を扱う転職サイトを探す

女性向けの仕事を扱う転職サイト

女性が働きやすい職場を見つけるには、女性向けの求人を多く扱う転職サイトを利用しなければいけません。

ハローワークの求人票だけでは、

「男女の比率」

「女性の役職社員の有無」

まで分からないためです。

ですが、女性向けの求人を多く扱う転職サイトは少数です。

ポイントは『女性向けの相談会』や『女性のアドバイザー』がいるかどうか。

女性のアドバイザーがいれば、女性の立場を考えた求人選びをしてくれます。

女性の仕事探しは仕事を続けるかどうかでも変わります。

結婚・出産後も職場復帰できる会社は多くありません。

そういう部分も女性アドバイザーなら相談できるため安心です。

まとめ

男女は全く違う特徴があります。

それぞれの良さを上手に組み合わせた会社が伸びます。

しかし、残念ながら未だに男女の悪い部分だけに目を向けた会社が多くあります。

あなたがどれだけ優れていても『女性だから』という理由で評価されなくては残念です。

そうならないよう、女性特有のブラック企業からは脱出しましょう。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-ブラック企業の種類・特徴
-

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.