ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業の種類・特徴 労働時間

「基本給に時間外手当含む」の求人で必ず確認すべき3つのこと

夜の電車

基本給の横に「時間外手当含む」「固定残業代を含む」と書かれていませんか?

この場合、残業代が基本給に含まれることになります。

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。

人件費を減らすため、100%残業があることが分かっている場合に企業側が導入している制度です。私も実際に働いた経験があります。

この記載がある企業に勤める際に必ず確認して欲しいことが3つあります。そうしないと、私のように基本給18万円で月の残業が100時間を超えてしまうことになりますよ。

スポンサーリンク

どれだけの額が時間外手当として含まれているのか

新聞とお金

> 基本給18万円(時間外手当含む)

と記載があったとしましょう。基本給のうち、どれだけが時間外手当てか分かりません。

「基本給のうち2万円が時間外手当」と記載があれば、時間外手当の額が分かりますよね。この記載があると無いとで、不当な残業代を請求できる可能性が変わります。

「2万円分程度の残業は必ずあるんだな。」と判断することもできます。記載が無いと、1ヶ月の最大残業時間である45時間以上のサービス残業がある可能性が高いです。

そのため、どれだけの額が時間外手当なのかを確認するようにしましょう。

TIPS:

残業代を時間外手当として支給するのは違法ではありません。しかし、適切に運用されていることが条件です。手当ての額が明記されている・就業規則、労働契約書に分かりやすく記載されていないといけません。上記のように(時間外手当含む)と記載されているだけの場合は違法です。

本来は「手当て」として別途支給

基本給はあくまで「基本給」です。他の何かが含まれた給与ではありません。上記の場合、残業代を支給したくない企業が言い訳として書いているだけの話です。

時間外手当が「手当て」である以上、基本給とは別途で支給しなければなりません。

似たケースで考えられるのが営業手当てです。営業職は帰宅時間が曖昧であり、残業がしっかり付けられません。そこで、事前に時間外手当の一種として一定額を支給しています。これが営業手当です。

私の友人の会社では一律で時間外手当が4万円支給されています。当然、どれだけ働いても残業代は出ませんが、手当てとして支給されているだけマシと言えるでしょう。

SPONSORED LINKS

実際の残業時間はどの程度なのか

サービス残業の男性

時間外手当がある以上、必ず残業があると思って良いでしょう。しかし、どの程度の残業があるか分かりません。

> 基本給に時間外手当含む(残業時間はおよそ30時間 繁忙期は40時間)

と記載があると応募者も分かりやすいですよね。繁忙期のみ残業代を減らしたいのかな、と企業側の考えも理解できます。しかし、具体的な時間が記載されている求人はほとんどありません。

記載が無ければ面接時に聞きましょう。基本的に記載の無い会社は長時間の残業があります。私の場合、基本給に時間外手当含む契約で結婚式場の写真館に勤めました。毎月100時間以上の残業がありました。面接時に確認すれば良かったと悔やんだことを覚えています。

1ヶ月の最大残業時間は45時間

労働基準法で1ヶ月の最大残業時間は45時間と決められています。(労働基準法36条)

さらに細かく言えば、1週間で15時間。2週間で27時間と、週によっても明確に定められています。

残業代の代わりに時間外手当があったとしても、月45時間以上の残業は認められていません。時間外手当=無制限のサービス残業では無いのです。

そのため、実際の残業時間を知っておくことが必要です。面接時に「残業は月に60時間くらいあるよ。手当ては出るけどね。」と言われた場合、それは違反だと突っ込めます。「残業は月に45時間だよ。」と言われた場合は、入社後に月45時間以上の残業があった際に「嘘を付かれた。」と早期退社することも可能です。

規定以上の残業が合った場合に残業代が支払われるのか

ノートパソコンに疑問系

最初にお話したように、時間外手当は「〇〇時間相当」と分かりやすく記載しなければいけません。

では、20時間相当の時間外手当が支給されている場合で40時間の残業があった場合はどのようになると思いますか?

時間外手当+20時間分の残業代

を支払わなければいけません。

差額賃金を支払わないのは違法です。昭和63年5月27日の裁判結果で裁決されています。

何時間でも残業可能と言う意味ではない

会社側はみなし残業代・時間外手当を支給すれば何時間でも残業させられると思っています。決してそうではありません。

残業代を固定にすることで事務処理が分かりやすくなり、月々の支払額も分かりやすくなります。会社側はそういうメリットを考えるべきで、労働力に対しては時間分の給与を必ず支払わなくてはいけません。

あなたも面接時に、

「20時間分の時間外手当がありますが、40時間残業があった場合に差額賃金は支払われますよね?」

と聞くべきです。その返答次第で、会社の考えが分かります。

まとめ:会社によってはメリットにもなる

何となく「時間外手当はやっぱりブラック企業だよね。」と思われたのでは無いでしょうか。

実はメリットもあります。

20時間分の時間外手当が支給されているのに残業が20時間未満だった場合です。これは労働力に対して給与が増えていますよね。基本給を減らしたい会社が取り入れているケースがあります。あなたの考え方次第ではメリットになり得ます。

と言っても、ブラック企業が残業代を支払いたくないから取り入れている可能性は大です。

  • 時間外手当の額が明記されている
  • 実際の残業時間が月に45時間以内である
  • 残業時間によって差額賃金が出る

この3つは必ず確認しましょう。書面で確認できない場合は面接時に聞きましょう。

これだけでその企業がブラックかどうか判断できます。

 

仕事の労働時間が長い状況を防ぐ方法

労働時間が長い
残業が多い会社の特徴・基準について『6つの項目で徹底解説』

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業の種類・特徴, 労働時間

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら