ブラック企業の種類・特徴 労働時間

「年間休日数105日?」何とかなるって考えないほうが身のため!

年間休日の書いてあるシステム手帳

「年間休日105日の求人が多いけど、これってどうなんだろう。少ないとは思えない。でも多くも無さそう。平均と比べてどう?実際に働くとどんな感じ?」

という疑問にお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『SB』です。

年間休日105日は平均より8日も少ない数。祝日も休みではありません。何とかなると思って入社すると痛い目にあいますよ。

 

当記事の内容はこちら

  1. 年間休日105日の内訳について
  2. 実際に年間休日105日の会社に勤めた結果
  3. 働きやすい年間休日数について
  4. 年間休日105日未満の会社に入社を考えているあなたへ

 

年間休日100日を超えてると「何とかなりそう!」って思うじゃないですか。具体的にどんな生活になるのかまでお話していきますね。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.年間休日105日の内訳について

お悩み君
年間休日105日って多そうに感じるけどどうなの?
平均よりかなり少ないです。気をつけましょう。
アドバイザー

 

まずこちらをご覧下さい。

各業種別の平均年間休日数です。

鉱業,採石業,砂利採取業 110.2日
建設業 113.1日
製造業 117.8日
電気・ガス・熱供給・水道業 120.8日
情報通信業 121.7日
運輸業・郵便業 104.3日
卸売業・小売業 111.5日
金融業・保険業 121.0日
不動産業・物品賃貸業 114.3日
学術研究、専門・技術サービス業 120.8日
宿泊業・飲食サービス業 102.0日
生活関連サービス業・娯楽業 103.0日
教育・学習支援業 116.1日
医療・福祉 111.2日
複合サービス事業 122.6日
サービス業(その他分類されないもの) 112.3日

参考 厚生労働省の平成29年就労条件総合調査

 

日本企業の年間休日は113日。

年間休日105日は平均より1週間以上少ないです。

それなのに求人で年間休日105日を多く見かけます。

その理由は『法律で定められている労働時間のギリギリライン』だから。これだけでも危険だって分かりますよね。

①年間休日105日は法律で定められている労働時間のギリギリ

法律では労働時間に制限を設けています。

 

労働基準法による労働時間の制限について

特例事業場をのぞき1日8時間、週に40時間までという規制があります。

特例事業場だと1日8時間、週44時間までになります。

特例事業場とは常時使用する労働者が10名未満の商業・映画、演劇業・保健衛生業・接客娯楽業です。

この規制をもとに年間休日105日を計算してみましょう。

年間休日105日なので1年間の労働日は260日。

 

260日×8時間労働=2080時間

2080時間÷40時間(1週間の労働時間)=52週

 

1年間は52週。

上記の計算で1日8時間労働で法律に違反することなく働ける最大の時間数が年間休日105日ということが分かります。

 

次に年間休日105日の休みの内訳をお話します。以下のどれかに該当します。

 

  1. 土日完全休みで祝日は出社。長期連休は無し
  2. 週に2日休みで祝日は出社。長期連休は無し
  3. 隔週休みで祝日・長期連休有り

 

②祝日が休みじゃないのは大変

「年間休日105日もあれば大丈夫じゃない?」

とお考えのあなたは要注意です。

既にお話したとおり、土日が全部休みだった場合は祝日の休みがありません。長期連休も無し。

有給を使わないと旅行にも行けません。もちろん年末年始も平常運転。

私も経験がありますけど、他の人が休みの時に仕事ってつらいんですよ。ここに土曜出勤が入ってくると疲れも取れません。

SPONSORED LINK

2.年間休日105日未満の会社に実際に働いてみた結果

休みの少ないカメラマン

私がフォトグラファーだった頃、年間休日が95日でした。

これを元に年間休日105日未満の会社がどんな世界なのがご紹介したいと思います。

ちなみに私が退職した理由は体中に発疹ができドクターストップがかかったからです。

 

年間休日95日の内訳は以下の通りです。

月間休日数6日+夏・お盆にそれぞれ4日間。+有給使用という名目(使えないけど)で95日間

①友達との交友が減る

ほとんど休みが無いため友人らと遊ぶ機会が減りました。

長期連休も短いため、家族との集まりで終わります。当時付き合っていた彼女とも疎遠になり、コミュニケーション不足で別れる結果になりました。

②疲れがたまり何もやる気が出ない

休日数が少ないのは単純に労働量が増えていることになります。

1年間で働いている日数が多いため疲れもたまります。休日はほとんど動けませんでした。

仕事のストレスでうつ病になった私が教える8つの症状という記事でお話していますが、最終的に身体中に発疹が出てドクターストップになりました。

心療内科でも1ヶ月以上心を休ませるように言われました。

頭を抱える男性
仕事のストレスでうつ病になった私が教える8つの症状

続きを見る

3.働きやすい年間休日数について

お悩み君
年間休日105日が少ないって分かったけど、どのくらい休みがあると良いの?
120日以上あれば安心です。
アドバイザー

年間休日数の平均は113日ですが、113日あれば大丈夫でもありません。

完全週休2日制+長期連休の内訳になるからです。どうせなら祝日(年間で15日間)も休めれば最高ですよね。

年間休日120日だと完全週休2日制+祝日(長期連休は祝日を利用)になるので十分な休みの数になります。

詳しくは年間休日120日の特徴を解説『内訳や平均からホワイトな理由を分析』もご覧下さい。実際はお盆や年末年始休暇により123日・125日が多いですね。

年間休日120日の特徴を解説『内訳や平均からホワイトな理由を分析』

続きを見る

①年間休日が多いとあなたの時給が高くなる

会社員は労働時間が決まっているので『時間給』で給与を計算できます。

年間休日が多ければ多いほど労働時間が少なくなるので時間給が高くなります。

 

年収400万円の場合の時給

年間休日105日 時給1923円

年間休日125日 時給2083円

 

②年間休日数で一生の労働時間はこんなに違う

単純に年間休日が多ければ多いほど『働く日数』が変わります。

分かりやすく一生で40年間働くとします。

年間休日105日は125日に比べて800日も多く働くことになります。

 

せめて日本の平均年間休日数113日は超えた会社に入りましょう。

4.年間休日105日以上の会社に入る方法について

履歴書を書く準備

年間休日数の多い会社に勤める方法は大きく2つ。

 

  1. 年間休日数の多い業界に勤める
  2. 年間休日数のあてにならないブラック企業を除外する

 

①年間休日数の多い業界に勤める

当記事の最初で業界別の年間休日数の平均を掲載しました。

宿泊業・飲食サービス業は平均102日なのに情報通信業は121.7日あります。

年間休日の平均数が多い業界に勤めれば年間休日105日以上の会社に勤めやすくなります。

 

入社しやすくて休みの多い業界は『製造業』ですね。

基本的に土日が休みですし、祝日も入荷や輸送の価格が高くなるためストップしている会社がほとんど。休日数が安定しています。

②年間休日数のあてにならないブラック企業を除外する

年間休日数は雇用の段階で決まっていることなんですが、実際は『出勤しなければならない雰囲気』があったりします。

そういう点でブラック企業は危険。

ノルマの厳しい会社や『みなし労働時間制』の会社も出勤を求められるケースがあります。

 

求人を厳しくチェックしている転職サイトから年間休日105日以上の会社を選ぶことで、正しい年間休日数で勤務できるようになります。

 

当ブログオススメの転職サイトは以下の3つです。

正直言って転職サイトの求人ってそんなに変化がありません。でも、こちらの3社は全求人先を査察して離職率の高い会社を除外していたり、アドバイザーの質が高くてオススメです。

こちらの3社を中心にいくつかの転職サイトに登録しておけば大丈夫です。

 

JAIC ※国内に48社しかない厚生労働省認可の職業紹介優良事業者の1つ。全求人先を査察。ブラック企業ゼロです。

DODA ※応募者と企業のマッチング率が高く、30代に選ばれているサイト。

【ウズキャリ第二新卒】
 ※同じく求人先を査察しているサイト。大阪・関東に本社・支社があるため、この2地区に近い人にお勧め。

 

この中でもあなたが10代・20代ならJAICは絶対ですね。ブラック求人なしと厚生労働省から認可されてますから。とりあえず求人チェックすべきです。

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ

ちなみに年間休日数と残業時間は別。

私なんて年間休日95日+月の残業100時間超えでしたから。今思えばこんな会社に入った自分がどうかしてました。

仕事は無理するものじゃありません。

大変な仕事も休みが多いだけで耐えられたりします。年間休日数だけは多い会社を選んだ方が良いですよ。

 

以上、「「年間休日数105日?」何とかなるって考えないほうが身のため!」という記事でした。

 

仕事の労働時間が長い状況を防ぐ方法

労働時間が長い
残業が多い会社の特徴・基準について『6つの項目で徹底解説』

続きを見る

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
元ブラック企業社員『SB』

元ブラック企業社員『SB』

月残業100時間以上のサービス業・教育のない現場・突然『辞めろ』と言われるなど、様々なブラック企業を経験。それを元にブラック企業情報を配信しています。 プロフィールはこちら ⇒ Blahara編集部

-ブラック企業の種類・特徴, 労働時間
-

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.