ブラック企業の種類・特徴 時間

トイレに行けないほど忙しい職場の実態『恐怖の人員不足』

投稿日:

トイレもいけない仕事

「ずっと1人で接客してるからトイレに行けない・・・。もう1人だけ社員を雇ってくれないかな。休憩とは言わないけど、生理現象くらい我慢したくない。」

「今、俺がトイレに行ったらラインに人がいなくなる。エラーで止まったら責任問題になるけど、腹が痛くて我慢できない・・・どうしよう・・・。」

そんな悩みにお答えします。

 

ブラック企業対策メディアBlaharaです。

トイレに行けないほど人手不足な職場ってありますよね。結論から言えば、そういう会社は人手不足倒産する危険もあります。

 

当記事の内容はこちら

  1. トイレに行けないほど忙しい職場の実態
  2. トイレに行かせない環境は『パワハラ』
  3. 1人の現場は異常

 

そもそもトイレに行かせない環境っておかしいですよね。お腹痛くなったらどうするんでしょう。実際にトイレが原因で機械を止めた体験談もお話します。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.トイレに行けないほど忙しい職場の実態

1人で働く溶接工

労働時間に対する休憩は法律で定められています。

でも、トイレや水分補給は生きるために必要なこと。我慢するものじゃありませんし、これを規制することもできません。

しかし、トイレについて指示をしてくる会社があります。

 

「トイレくらい上手に行け。ただし、現場を止めてはいけない。」

「お客さんがいない間にトイレに行けばいい。」

 

これは矛盾してます。

トイレと言っても短時間のもばかりじゃありません。急な腹痛もあります。お客さんがいつ来るかなんて分かりませんし、トイレに行っている間にオペレーター不在なら以上は機械も停止すべきです。

トイレに行けない現場で注意して欲しい・考えて欲しいのが以下の3つです。

 

  1. 原因は単純に『人手不足』
  2. 考えて欲しいこと『トイレに行くのはダメなの?』
  3. トイレまで上司にOKもらう働き方は危険

 

①原因は単純に『人手不足』

問題が『トイレ』になっちゃってますけど、結局は人手不足なだけです。

本来は2人必要な場所に1人しかいないだけ。経営的に厳しいからです。

上司としては『トイレなんてどうでも良い。それよりも1人で上手にまわしてくれ。』って思ってます。

 

だからトイレに行けない職場は他の問題も抱えています。

  • 判断できる役職社員が不在
  • 1人が休んだら現場が回らない
  • 朝から晩まで残業

のようなことです。もちろん有給も使えません。

②考えて欲しいこと『トイレに行くのはダメなの?』

トイレに行っている間に機械にトラブルがあったとします。あなたは絶対怒られます。

ここで思うのが「トイレに行くのもダメなの?」ってことですよね。

ちなみにトイレに行くのはOKです。

でも上司が言いたいのは「オペレーター不在が危ないのは分かりきったことだから、誰かに相談しなさい。」という点。

これは上司が間違ってます。従業員が働きやすい環境になっていないからです。別にお茶やお菓子を置いておけ。細かく休憩を取らせろと言っているんじゃありません。

トイレくらい行かせてくれって言っているだけです。

あなたは自信を持ってトイレに行けばいいですし、それが問題化しても悪いのはあなたじゃありません。

③トイレまで上司にOKもらう働き方は危険

普通の会社なら、

「〇〇課長。トイレに行かせて下さい。」

なんて相談したら叱られます。君はトイレも行けないのかって笑われます。

実際、トイレに行きたい時ってギリギリが近いじゃないですか。上司に連絡しても上司の段取りが付くか分かりません。

だからトイレまで上司にOKをもらう働き方は会社として間違っています。

2.トイレに行かせない環境は『パワハラ』

お悩み君
トイレに行ったら叱られた。これってパワハラじゃないの。
民法90条に違反していると考えられますね。
アドバイザー

 

民法90条では

公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

となっています。

簡単に言うと「社会的に当たり前のことに違反するルールや非常識なルールーはダメですよ。」ということです。

トイレは生理現象で当たり前のこと。止めることはできません。

トイレの制限やトイレによる評価の下落があった場合はパワハラであると言えます。

①実際にトイレが原因で機械を止めた話

私はクリーンな部屋で40分間作業をし続ける仕事があります。

二次更衣をしなければならない上に、その作業をしている間は動けません。私がいなくなれば、工場内の作業全体が一時ストップしなければならない仕事です。(製品ロット切り替え時の検査作業)

 

40分間トイレの我慢ができない時がありました。その部屋に入ってすぐは良かったんですけど、20分くらいでお腹がゴロゴロ。どうしても耐えられませんでした。

しかし私の会社は交代制。その時間は私の仕事を代理でできる人がいませんでした。

結局、10分程私のトイレで機械を止めることになりました。

ちなみに機械をストップした原因には「人員不足によるトイレのため」とは書けません。改ざんするように言われました。

②本当に「オムツをはけ」と言う会社がある

トイレ問題で上司が必ず言ってくるのが

「オムツでもはいたらどうだ。」

という冗談。

これ、私は言ってはいけないことだと思います。現場はトイレも行けないほどギリギリで働いています。でも上司がこのような意見では環境づくりもあったもんじゃありません。

 

だからトイレに行けないほど忙しい会社は大問題であり、上司の環境づくりによる意識の下落が見られます。

3.1人の現場は異常

アドバイザー
現場作業に1人は異常なことです。なぜなら『安全管理』ができていないからです。

サービス業の場合、店員がいなくても『危険』ではありません。もちろん運営的には問題ですが、誰かが怪我する訳ではないからです。

 

1人で工場の現場を動かしているのは危険です。

ダブルチェック項目が実践できません。さらに、事故や災害時に対応ができないからです。

「勤めて実感」有給を取れる会社と取れない会社の5つの違いという記事をご覧下さい。

人員不足による問題点を掲載しています。その中に、「一部の人にしかできない作業がある」という話があります。

1人で工場の現場を動かしているのですから、代理で作業できる人がいません。あなたはずーっとその作業を1人で任されることになります。他の人が覚える時間が無いためです。

「勤めて実感」有給を取れる会社と取れない会社の5つの違い

労働者の権利である「有給」。実際は取れる会社と取れない会社の真っ二つに分かれます。90%以上を消化できる会社がある一方で、有給を使うことが「悪」だと言われるブラックな会社もあります。 どうしてこのよう ...

続きを見る

①人手不足による倒産を考えよう

  • 人が足りない
  • 特定の人だけしかできない作業がある

の2つが揃った時、人手不足による倒産の危険があります。

人手不足を背景にした倒産は年々増えています。今後も若い人材が減ることにより機械化が遅れている会社は倒産していくでしょう。

 

あなたもトイレまで気軽に行けない会社に長く勤めるべきではありません。

ちゃんと人が揃っていて、有給も自由に使える会社を探しましょう。そういう会社に入った方が倒産の危機も無く安定して働けます。

何よりもイライラしません。

 

働きやすい職場を探すには以下の3つのサイトがお勧めです。

転職サイトってそんなに求人の質は変わらないんですけど、こちらの3サイトは別。

厚生労働省が認可した優良事業者だったり、アドバイザーの質が高くて求職者に選ばれているためです。この3サイトに登録して、別の気になる場所に登録すればちゃんと仕事が見つかります。

 

JAIC ※国内に48社しかない厚生労働省認可の職業紹介優良事業者の1つ。全求人先を査察。ブラック企業ゼロです。

DODA ※応募者と企業のマッチング率が高く、30代に選ばれているサイト。

【ウズキャリ第二新卒】
 ※同じく求人先を査察しているサイト。大阪・関東に本社・支社があるため、この2地区に近い人にお勧め。

 

特に10代・20代はJAICオススメですね。ここより求人の質が高い転職+エージェントサービスって他にありません。だから厚生労働省の認可が下りてます。

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

「どうやったら一生働ける仕事が見つかるんだろう?」 「20代で転職難民になっちゃった。どうやったら脱出できるの?」 など、再就職にお悩みの20代のあなたに当記事はピッタリな情報をお届けします。 &nb ...

続きを見る

まとめ

トイレに行けない。水分補給できないってつらいですよね。

私もお腹が強い方じゃないのでストレスを感じる時がありました。些細なことなんですけど、毎日のことなのでイライラします。

なぜトイレも行けないほど忙しいのか。売上は落ちていないのか。人員を補充する可能性はあるのか調べて見ましょう。

もしかしたらもっと大きな問題を抱えているかも知れませんよ。

 

以上、「トイレに行けないほど忙しい職場の実態『恐怖の人員不足』」という記事でした。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業を辞める図解 1

ブラック企業の辞め方をまとめました。   『もう会社に行きたくない。今この場で辞めたい。』という方から『もう会社は辞めたんだけど、長く働ける会社が見つからない。』という方まで使える情報をまと ...

ブラック企業テストを受ける会社 2

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 3

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

4

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

-ブラック企業の種類・特徴, 時間

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.