退職ポイント ストレス・病気

仕事で過労死しそうなあなたへ。退職を決断すべき3つの危険なサイン

投稿日:

「毎日終電帰り。出勤は始発・・・。」

激務で体重が減り、ストレスで不眠。命の危険を感じるほど働いていないでしょうか。私自身、6時半出社0時退社の仕事をしていた時期に体中に発疹が出てドクターストップを受けた経験があります。

仕事って辞めたくても辞められませんよね。退社後の不安を考えると今の職場に居続けたくなるのも分かります。ですが、80時間以上の残業は過労死の危険もあります。

今回は仕事で疲労困憊しているあなたへ。退社を決断した方が良い身体の危険なサインを3つご紹介します。

SPONSORED LINK

退職を決断すべき身体の危険な3つのサイン

私は「倒れたら直ぐ辞める。」と決めて激務を続けていました。意外なことに、人ってそう簡単に倒れないんですよ。パタンっと倒れるのは既に手遅れの時。熱中症では喉が渇く前に水を飲めと言われますが、まさに喉が渇ききった状態です。

倒れる前兆の症状を見逃してはいけません。私は体中に発疹が出て倒れる前に以下の3つの症状を経験しました。あなたも同じ症状があったら危険です。

退職後はもちろん転職活動をすることになりますが、ドクターストップによる退社の場合、人によりますが数週間の安静状態になります。精神的にもボロボロで直ぐに転職活動はできないでしょう。空白時間があればあるほど転職は難しくなります。

症状をご紹介した後に転職に関するアドバイスもご紹介しますので合わせてご覧下さい。

真っ直ぐ歩けない・真っ直ぐ運転できない

疲れるとフラつきます。原因は平衡感覚の乱れによるもの。十分な休養が取れていれば治ります。なので、常時フラつくようなら「休養が足りない」「疲れが溜まりすぎている」と言えます。

自律神経のバランスが崩れることもフラつきの原因になります。ストレスにより交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、緊張状態が続くなどの状態になり疲れやすくなるためです。

白線の上を真っ直ぐ歩けない

なら要注意。もちろん蛇行運転も危険です。事故をする恐れもあります。

さらに疲れが溜まると

歩いているつもりが足踏みをしている状態

になります。

喉に何かがつっかえる感覚がある

食べ物が喉の中に残っているような不快感。これはヒステリー球(別名:梅核気 咽喉頭神経症)と呼ばれる症状で、自律神経が乱れて交感神経が働きすぎることが原因です。

最初は小さな違和感なのですが、そのうち飴やピンポン球が喉に入っているような感覚になります。水を飲むのが大変になり、声を出すのも辛くなります。

喉の違和感から喉を掻くことが増えるので首周りが真っ赤になります。

気がつくと頭を抱えている

ドラマ等で頭を抱えて悩むシーンを見かけます。「おおげさな。」とお思いかもしれませんが、本当に精神的ストレスが溜まってくると頭を抱えて悩みます。しかも無意識に、です。

「ストレスから逃げ出したいけど、仕事をしている以上は逃げられない。」

どうしようもない状態で頭は興奮状態です。その緊張を和らげようと無意識に頭に手を差し伸べた結果が頭を抱えるしぐさです。頭を掻くのも同じ意味合いです。

仕事でミスをした。翌日が不安だ。など、突発的なことで頭を抱えるのなら良いですが、1日1回以上頭を抱えているのなら要注意。精神的に逃げ場の無い状況に追い込まれています。

過労死は唯一の逃げ道

疲れが溜まると冷静に物事を考えられなくなります。

転職を考える → 転職の準備・段取りをする → 退職する

ができなくなり、過労で倒れたい・職場に行かずに遠くに行きたいなどの考えに辿り着きます。これは「うつ状態」です。この状態で続けて働いていると突発的な自殺等の過労死の原因になります。私も激務の頃は通勤時に事故をした方が楽になると思っていました。

では、激務で疲れきっているあなたはどのような行動を取れば良いのでしょうか。それが以下の通りです。

会社に居ながら転職活動を進める

転職に向けて行動を開始すればそれが逃げ道となり精神的ゆとりが持てます。でも、忙しすぎて転職に使う時間がありませんよね。そこで専門家に相談してお勧めの仕事をピックアップしてもらいましょう。

今や「転職アドバイザー」は新しい転職活動の形です。マンツーマンで在職中でも転職に関する相談を進めることができます。アドバイスだけでなく、希望の条件にあった求人をピックアップして知らせてくれます。

次の仕事を考えずに退職してしまうと、

健康保険や年金の手続き・社会的に見放される不安・友人らと自分を比べてしまう劣等感・転職サイトのピックアップ、登録

のようにすべきことが多すぎてパンクします。特に社会的に見放される不安は大きく「自分はできそこないかもしれない。」と本気で悩むようになります。

当ブログではブラック企業率の低い転職サイトをご紹介しています。アドバイザーサービスでもっともお勧めなのがDODA。

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」とお悩みでは無いでしょうか。 実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した私がオススメする転職サイトが『DODA』です。 DODAは数時間に...

離職率の低い求人等、ブラック度の高い求人を省いた仕事が見つかりやすいのがこちらの転職サイトです。

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。当記事では『ブラック企業率の低い転職サイト』『ブラック企業を見抜きやすい転職サービス』をご...

まとめ

今思えばどうしてあんなブラックな仕事をしていたのか分かりません。身体や心を壊してまで仕事をするメリットはありませんでした。

今は給与こそ低いですが時間が自由になり、人間関係もとりあえず問題の無い職場に勤めています。仕事でどうにもならないレベルのストレスはありません。

仕事の悩みから解放されると「人生ってこんなに楽だったんだ。」と感じます。あなたも毎日ヘトヘトになり、逃げ出したいと思っているのなら転職を考えることをお勧めします。

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-退職ポイント, ストレス・病気

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.