退職ポイント

未来のある会社と未来の無い会社の違い

投稿日:

オフィス街

ずっと勤められるとは限らない

今の給与が高かったとしても、未来を感じられない企業は「ブラック企業」です。40代で会社が潰れてしまうと自分の人生が台無しになる恐れがありますよね。そのため、会社を存続させる企業努力を怠っている、または方針を間違えている企業に勤めていてもメリットは無いと言えます。

そこで今回は未来のある会社と未来の無い会社の違いをまとめました。

SPONSORED LINK

未来を感じる会社の3つの特徴

エリートサラリーマン達

未来を感じさせるとは、

  • 会社が潰れる心配が無い
  • 頑張れば評価される
  • 自分の努力が売り上げに繋がる

といったことの集約になります。今が苦しくても将来が安定すると分かっているのなら、それはブラック企業と言えません。従業員のモチベーションを考慮する社風であれば、士気が高まり働くのが楽しくなります。

では、どのような会社が未来を感じさせるのか。その特徴を見て行きましょう。

設備投資に力を入れている

新機械・新サービスを取り入れる会社には未来があります。

理由は、

  • 経営陣が「精神力は労働力につながらないこと」を理解している
  • 製造力が上がる
  • 人件費がカットできる
  • 他社からの評価が上がる

からです。設備投資ほど会社に利益を与えるものはありません。しかし、設備投資には決断が必要です。高い費用、将来的な会社のビジョンが必要だからです。それでも設備投資をする会社は将来のことを考えています。

整理・整頓・清掃・清潔・躾の5Sを取り入れている

今、日本の会社には「製品の質の維持・向上」が求められています。不景気だからと品質を下げてしまっては売り上げの確保になりません。SNS、ツイッターの普及から、些細なことで会社の売り上げが激減する可能性があるためです。

品質の維持・向上は衛生管理が基本です。掃除ができていなければ、髪の毛や虫が製品に入る恐れがありますよね。小売店も製品を仕入れる際、その企業の衛生方法を見ています。

ちゃんと掃除の時間を作り、清掃マニュアルができている会社は「クレームからの炎上」のリスクが低いため、会社の未来を考えていると言えます。

定期的に新入社員を募集している

会社は生き物と言われます。10年経てば勤めている人がガラっと変わってしまいます。同じクオリティの製品を作るためには、新入社員を募集し教育しなければいけません。いつまでも同じ人が同じ作業に従事するとは限らないためです。

5年ごとに新入社員を募集しているとしましょう。将来的に彼らが部長となり、会社を引っ張っていくことになります。彼らが定年した後は、次の5年後に入社したグループが会社を経営することになります。

新入社員を募集していないと人が育ちません。突然、多数の人が退職し、何も分からない若手が会社を経営することになる可能性があります。

未来の無い会社の3つの特徴

顔をゆがめる社員

では、未来が無い側の会社を見て行きましょう。未来が無いとは、

  • リスク分散が無く、突然潰れる可能性がある
  • 60歳近くなっても作業内容が変わらず、給与も変わらない
  • いつか終わるサービス内容を展開している

ということです。

いつまでも手取り20万円で現場仕事をする訳にはいきませんよね。現在、手取り40万円でも5年後に潰れるのなら勤めるメリットはありません。

具体的な特徴を見てみましょう。

残業を減らす努力をしていない

いつまでも従業員の残業に頼っている会社に未来はありません。

  • 人件費がかかる
  • 設備投資をしていない
  • 「労働力」に関する勉強を怠っている

からです。

会社で一番大きな出費は人件費です。交代制を導入する、アルバイトを雇い、正社員の残業を減らす。など、方法次第で年間100万円以上を節約できます。何も対策をしない会社は、毎年100万円以上をドブに捨てています。

正社員枠をパートで代用している

どうしても会社に馴染めずに退職する正社員が居るでしょう。彼らが辞めた後に正社員では無く、パートを雇う会社があります。人件費のダウンにつながりますが、パートは正社員と同等の仕事ができません。どうしても他の正社員に負担がかかることになります。

負担が増えたのに給与が増えなければ従業員のモチベーションは下がります。結果、離職率のアップにつながります。離職率が上がれば残された社員の負担が増え「ブラック企業化」が進んでいきます。

従業員の要望・提案を募集していない

製造品の品質が高ければ評判が上がります。評判が上がれば売り上げも伸びますよね。品質を上げるには現場の意見を経営陣が取り入れなければいけません。

改善提案書、現場の話を聞く動きの無い会社に未来はありません。

現場の意見は効率を上げる・機械が故障する不安を無くすなど、会社の利益に直結します。現場の意見を取り入れないのは、利益を捨てているようなものです。利益が増えなければ設備投資も給与アップもできません。

まとめ

私は潰れる寸前の会社でアルバイトをしたことがあります。現場の空気は最悪で、社長レベルの人でも手取り20万しか給与を貰っていませんでした。

あなたが未来の無い会社に勤めているのなら、転職を考えなければいけません。未来の無い会社は求人募集の広告費もケチりますから、主にハローワークで募集をするでしょう。

なので、転職サイトやエージェントを利用して転職先を相談するのがお勧めです。

当ブログでは使いやすい転職サービスや転職サイトをご紹介しています。宜しければご覧下さい。

icon-chevron-circle-right ブラック企業から脱出する!おすすめの転職サイトランキング

 ブラック企業を辞める勇気が欲しいあなたへ、私が退職して得た7つの幸せ

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの3社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サイトです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

という他の転職サイトには無いサービスが充実しています。

早期転職をしてしまった・勢いで仕事を辞めてしまったあなたにお勧めです。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

@typeの転職力診断

転職力診断

 自己分析の1つとして『転職力』を診断できる無料サービスを実施しているサイト。

複数の項目に『該当する・しない』を5段階評価するだけで、自分の得意分野や現段階の予想内定社数・年収を診断してくれます。登録すると同時に企業からスカウトメールが届く『スカウトサービス』も始まります。

「転職って何からすれば良いんだろう・・・。」とお悩みのあなたにおすすめです。

私も登録翌日に4社からメールが来たため、他社の転職サービスと並行して使い情報集めを行いました。他の転職サイトには無いサービスがあるので一見する価値があります。

おすすめ記事

ブラック企業テストを受ける会社 1

「何だか働きづらいけど、私の会社ってブラック企業じゃないのかな?」 「朝礼では怒鳴られるし、給与は低いし。仕事ってこんなに大変なの?」 当記事ではあなたの会社がブラック企業なのか判断できるチェックリス ...

パソコンで作業中の机の上 2

「転職サイトってブラック企業ばっかりじゃないの?」 「転職先がブラックだったらどうしよう・・・。」 転職はしたいけど、絶対にブラック企業には入社したくないあなたへ。 当記事では『ブラック企業率の低い転 ...

3

求人数が増えている一方でブラック企業率も増えています。 ブラック企業に勤めないためには『ブラック企業率の低い転職サイト』を利用するか、ブラック企業を簡単に見抜けるサービスを使う必要があります。 当記事 ...

4

東京は人が多いため仕事探しも簡単です。地方に比べて求人が多く、狭いエリア内でたくさんの仕事が見つかるためです。 しかし、 ブラック企業も多い です。 企業目線で考えると、人が辞めても直ぐに別の人が見つ ...

5

「入社して直ぐだけど、もう辞めたい。」 「本当に3年間も仕事を我慢する意味ってあるの?」 当記事では初めての就職でブラック企業に入社してしまったあなたへ。 一生働ける仕事を見つける方法を詳しくお話しま ...

6

「もうブラック企業には入社したくない!でもどうやって見抜けば良いの?」 「求人から企業の実態を知る方法が知りたい。」 当記事ではブラック企業の特徴を元に、求人からブラック企業を見抜く方法をご紹介します ...

7

「ブラック企業の少ない転職サイトって無いのかな?」 「親身になって相談してくれる転職サイトはどこだろう。」 とお悩みでは無いでしょうか。   実際にブラック企業務めを経験し、転職を繰り返した ...

-退職ポイント

Copyright© Blahara , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.