ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 その他

通勤1時間がきつい3つの理由『車も電車も関係なし。時間の無駄。』

通勤に1時間かかる電車待ち通勤に1時間かかる電車待ち

「通勤1時間がきつい…。自分で選んだことだけど、こんなに通勤がストレスって思わなかった。やっぱり通勤1時間は常識ハズレな時間なのかな。正直な意見が聞きたい。」

という疑問にお答えします。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。『電車で1時間』『車で1時間』『徒歩で30分』『自転車で20分』の4つの通勤時間を経験しています。

結論から言うと通勤1時間はそれが退職理由になるほどつらいです。通勤時間の長さで給与がダウンしたのと同じだけのストレスになることも分かっています。

 

当記事の内容はこちら

  1. 通勤1時間がきつい3つの理由『車通勤も電車も同じ』
  2. 企業側から見た通勤1時間社員について
  3. 通勤時間が長いから辞めたい ← 経験談を話します

 

「18時に仕事が終わったけど、帰宅したら19時…。」みたいな状況って勿体無いです。この1時間は給料も出ません。人生の無駄な時間です。

数字化するとどれほど無駄なのかゾっとしますよ。詳しくお話します。

スポンサーリンク

1.通勤1時間がきつい3つの理由『車通勤も電車も同じ』

  1. 遅刻する可能性が増える
  2. 通勤1時間は人生の無駄な時間が多い
  3. 通勤前に無駄なストレスを受けてしまう

上記3つです。

 

改札を行き交う人々通勤方法は問題じゃない

 

「満員電車の方が車よりストレスを受ける。」とか言われますが、通勤1時間だと関係ありません。車は車で『渋滞』のリスクが高まるので早く家を出ることになります。

電車でも車でも5分で会社に着いたら我慢できますよね。そういうことです。

通勤時間は人生のストレスになるほど大きな問題です。

理由① 遅刻する可能性が増える

通勤時のイレギュラーが増えるので遅刻しやすくなります。

  • 渋滞・事故
  • 天候
  • 寝坊

の3つが原因です。起床時間が早くなるので寝坊も増えます。10分のロスが渋滞による遅刻につながります。

Ryo
日本は遅刻に厳しい会社です。特にブラック企業は『どんな理由』でさえ遅刻を認めません。パワハラ対象になる恐れがあります。

台風・大雨・大雪の出社が難しくなる

通勤1時間だと交通の状況がモロに影響します。

大雪はもちろん、台風や大雨でも交通は麻痺します。良く電車が遅延しますよね。それも考慮すると、会社に1時間以上前に到着しなければならないケースも考えられます。

理由② 通勤1時間は人生の無駄な時間が多い

通勤時間を測る時計通勤1時間を計算すると恐ろしい数字になります。

会社の往復に2時間かかります。1年の稼働日を240日として、38年間で計算すると…

18,240時間(760日)

も、通勤に時間を使ったことになります。

通勤時間が短ければこの760日間はあなたの時間です。睡眠やテレビを観る自由な時間になります。

理由③ 通勤前に無駄なストレスを受けてしまう

満員電車のストレスは戦場以上と言われています。

通勤前にこれほどのストレスを受けるのです。仕事の能率にも影響します。仕事で力を発揮できないと評価も下がります。あなたの給料にも影響します。

私は車で1時間の通勤を経験しました。その間に仕事の嫌なことを思い出したり、渋滞による焦りで疲れてしまいます。

逆に帰りは早く帰りたくてスピードを上げてしまいます。事故の危険が増しました。

SPONSORED LINKS

2.企業側から見た通勤1時間社員について

企業側も通勤時間が長い社員を積極的に雇用しません。

すぐに辞めるだろうと考えているためです。

 

面接でブラック企業を見抜く企業側も通勤時間には慎重な考え

 

イギリスの西イングランド大学が行った研究では、1日の通勤時間が20分増えると給料が19%減ったのと同じ影響になりました。

通勤時間と離職率の高さを企業側は知っています。

企業の本音:すぐ辞めるだろうな

企業側は辞める社員を見抜くのが上手です。なぜなら、社員が辞めてしまうと会社には大きな痛手だからです。労働力的にも雇用に関する費用的にも損をします。

通勤1時間の社員と20分の社員がいれば、間違いなく20分の社員を雇用します。

Ryo
交通費も無駄になりません。あなたも本気でその会社に残りたいのなら会社の近くに住むことを考えるべきです。

3.通勤時間が長いから辞めたい ← 経験談を話します

実際に車で1時間・電車で1時間の通勤を経験しました。

通勤時間が長いから辞めたくなるのは正しい意見です。

経験談:会社に着くまでのストレスで潰れてしまう

  • 遅刻してはいけないというストレス
  • 渋滞や電車の遅延による疲れ
  • 仕事のことを考え続けてしまうストレス
  • 会社に行きたくない気持ちが強まる
  • 睡眠不足によるストレス

 

この5つでつぶれました。通勤1時間の会社はどちらも短期間で退職しています。

もっとも大きなストレスは『眠れないこと』です。

1日2時間残業が増えているのと同じ状況です。睡眠時間が短くなり、精神的に不安定になっていきます。通勤時間が長いのでその間は仕事のことを考えます。そのストレスで疲れてしまいました。

通勤時間が短い会社を探すコツについて

通勤時間のストレスも含めて相談に乗ってくれる転職エージェントを使うべきです。

通勤時間まで配慮してくれる会社は離職率が低いです。

離職率の高い会社で通勤1時間になってしまった場合、あなたも短期間で退職する可能性が大です。そこまで考えて仕事を斡旋してくれるアドバイザーを利用しましょう。

 

アドバイザーの質が高い転職サイトは以下の2社です。

JAIC ※国内に48社しかない厚生労働省認可の職業紹介優良事業者の1つ。全求人先を査察。ブラック企業ゼロです。

DODA ※応募者と企業のマッチング率が高く、30代に選ばれているサイト。

 

JAIC(ジェイック)は10代・20代なら必ず利用すべき。全求人先を査察して離職率の高い会社を除外してます。全国的な規模なので地方でも安心して利用できます。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

まとめ:通勤時間は短ければ短いほど良いです。

通勤時間は我慢するものじゃありません。

関東では新幹線で1時間かけて都内に出る。という通勤方法も選ばれています。でも、時間的には負担になりますよね。給料が低くても近くの会社に勤めた方が負担は減ります。

1分でも短い通勤時間の会社を選びましょう。

 

以上、「通勤1時間がきつい3つの理由『車も電車も関係なし。時間の無駄。』」という記事でした。

 

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, その他
-

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら