ブラック企業からの脱出に便利な情報を発信しています。

Blahara

ブラック企業からの転職 企業の見つけ方

「転職難民」に要注意!転職成功率を下げる3つの状況と改善策をご紹介します

カフェで転職相談中

「転職難民になってる気がする…。ホワイト企業に転職したいから厳選しすぎて時間が経っちゃった。どうしたらブラック企業からの転職に成功できるの?」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば転職難民からホワイト企業に転職する方法がわかります。

 

ブラック企業研究家、Blahara運営者の『Ryo』です。何度も転職を繰り返した時期があります。あの頃は転職難民になっていました。

 

当記事の内容はこちら

  1. 転職難民になりやすい3つのケース
  2. 転職難民がブラック企業からの転職に成功する方法

 

岐阜県にある「未来工業」をご存知でしょうか?

日本で一番ホワイトな会社です。年間休日は140日、残業無し。ノルマも無いのに平均年収は600万円。ブラック企業から見れば天国のような会社です。

どうせブラック企業を抜け出すのならホワイトな会社に勤めたいですよね。

でも、ついつい妥協を忘れて理想を追い求めてしまいます。その結果「転職難民」になってしまうかもしれません。

当記事では転職難民になりやすい状況とその改善策をお話します。

転職期間が3ヶ月以上になったあなたは是非ともご覧下さい。

▼年間休日120日が安心な理由▼

関連記事
年間休日120日の特徴を解説『内訳や平均からホワイトな理由を分析』

続きを見る

▼ブラック企業率の低い転職サイト▼

関連記事
パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

スポンサーリンク

1.転職難民になりやすい3つのケース

転職難民になった旅行者

転職難民とは、

『良い会社を探しすぎた結果、転職するのが難しくなった状況の人』

のことです。

1度転職難民になってしまうと、ブラック企業にさえ入社するのが難しくなります。

職歴で落とされる可能性が高いためです。

転職難民になりやすいのは以下の3つのケースです。まずはチェックして下さい。

①職歴の無い空白期間が半年以上になった

日本の企業は『職歴の無い期間』を異常に嫌います。

 

  • 転職もせず、何をしていたのだろうか
  • そんなに職が見つからないのは問題があるのでは無いか
  • サボり癖があるのでは無いか

 

と考えてしまうためです。

2~3ヶ月の空白期間は問題ありません。退職後、就職活動をすると準備に1ヶ月ほど必要なためです。

問題なのは半年以上の空白期間。

何かしらの理由を書かない限り、履歴書で落とされる危険が増えます。

②1年以内に3度以上の転職をしている

短期間で複数の転職をしているケースも危険です。

企業が嫌うのは『すぐに辞めてしまう人』です。人を雇うにはお金がかかります。

雇用の手続きで時間も必要です。

すぐに辞めてしまう人は企業には痛手でしかありません。

短期間で複数の転職をしていると『入社後、すぐに辞めそう』と思われます。

③3ヶ月未満で仕事を辞めている

仕事をすぐに辞めてしまった場合も要注意。

これも『すぐに辞めてしまう人』と思われます。

嘱託勤務など『期間が決まっていて、期間満了で退社』という理由が無い限り、企業はあなたの考え方に問題があると判断します。

SPONSORED LINKS

2.転職難民がブラック企業からの転職に成功する方法

お悩み君
転職難民になったら再就職できないの?
正しい方法を知ればホワイト企業にも勤められます。
Ryo

転職難民になった場合、企業に『すぐに辞めない』という意思表示が必要です。

 

  • 早期退職には理由があった
  • 今回は辞めない心構えがある
  • 空白期間は勉強のため

 

などの理由を職務経歴書に記載しましょう。

履歴書と違い、職務経歴書はフォームが決まっていません。あなたなりの様々な理由を職歴に加えましょう。

①あなたの長所をアピールして、企業側に興味を持ってもらう

企業はあなたにデメリット以上のメリットがあると判断すれば興味を持ってくれます。

例えば年齢。

あなたが新卒で早期退職したとします。

20代前半の早期退職・複数の転職回数を企業側はデメリットと感じません。

それよりも若さによる物覚えの良さ・フレッシュな雰囲気を喜ぶためです。

年齢が20代なら『第2新卒向けの転職サイト』を使うことで、簡単に再就職できます。

②転職の専門家に相談して、就職先を紹介して貰う

転職は1人で活動すると失敗します。

特に転職難民になると転職に焦ります。

転職に焦るとブラック企業の求人でさえ良く見えます。

適当な会社に入社し、ついていけずに失敗。さらに転職難民が加速します。

そういう状況になる前に転職エージェントサービスを使って相談しましょう。

最新の転職エージェントは、

 

  1. 登録後、すぐに電話。アドバイスの日程が決まる。
  2. 転職に関する不安を本音で相談できる。
  3. 1ヶ月以内に複数の転職先を相談してくれる。

 

など、手厚いサービスになりました。

素直に転職に失敗したことも話しましょう。焦りについても相談しましょう。

アドバイザーはそんな人たちの対応に慣れています。

相談することであなたも安心します。焦って下手な転職先に手を出さなくなります。

当ブログお勧めの転職エージェント・転職サービスはこちらです。

関連記事 ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

まとめ

私も1年間で4度転職しました。

一生フリーターだろう。と悩んだこともあります。そんな時に転職サービスを利用して相談しました。

転職はとにかく孤独です。家族や友人に相談しても転職難民状態だと叱られるだけ。

それよりも親身になってくれる人に相談しましょう。

結果としてホワイトな企業に勤められれば問題ありません。

関連記事
パソコンで作業中の机の上
ブラック企業率の低い転職サイトランキングベスト5

続きを見る

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo

Ryo

現在は個人事業+メディア編集長として活動。2社の倒産と1社の利益率激減を経験。激務のブラック企業勤めで2回倒れています。 仕事でヘトヘトになっている状況を向き合って欲しく、ブラック企業からの脱出を応援する『Blahara(ブラハラ)』を運営! プロフィールはこちら ⇒ 運営者情報

-ブラック企業からの転職, 企業の見つけ方

Copyright© Blahara , 2020 All Rights Reserved.

ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら
ホワイト求人が多い職業紹介優良事業者って知ってる?
詳細記事はこちら