ブラック企業の業種 アパレル業

アパレルから転職する5つの方法『キャリアを活かす仕事選びまで解説』

投稿日:

アパレルから転職する方法

「アパレルから転職したい。でも、せっかく働いてきたんだからスキルやキャリアを活かせたら嬉しい。土日休みでアパレルより給与の高い仕事に就けないかな。」

という悩みにお答えします。

 

Blahara運営者のSBです。サービス業から転職して年間休日+30日、年収を2倍近く上げた経験があります。

また、学生時代に傾いているアパレルの本社でアルバイトをしていました。その経験からアパレル勤務の実態も知っています。

 

当記事の内容はこちら

  1. アパレルから転職する5つの方法『キャリアを活かす方法も解説』
  2. 『キャリアチェンジ』アパレルの経験が活きる職種を紹介
  3. まだアパレル業界に未練のあるあなたへ

 

実際にサービス業からキャリアチェンジした私なのでお伝えできることがあります。アパレルの小売店勤務って将来が不安なんですよね…。なのに待遇が悪いんです。

でも、サービス業の強みを他社で活かすことがあります。おすすめの業界も紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください。

SPONSORED LINK

1.アパレルから転職する5つの方法『キャリアを活かす方法も解説』

アパレルから転職する方法について

アパレルから転職する方法について

以下の5つの順序で転職しましょう。

  1. キャリアチェンジするか考える
  2. 自己PR・志望動機を考える
  3. 未経験業界の場合、事前に仕事を獲得する
  4. ビジネス系のSNSを利用する
  5. 転職エージェントに相談する

アパレルから転職で問題なのが『同じアパレル系に進むかどうか』です。企画や製作に移ることも可能ですからね。

でも、将来のことを考えると他業種へ転職をおすすめします。アパレル業界って薄給で休みが少なく、キャリアにならないからです。

そういうことも話しつつ解説しますね。

方法① キャリアチェンジするか考える

アパレルからのキャリアチェンジについて

アパレルからのキャリアチェンジについて

アパレルから何の仕事に変わるかを考えます。

お悩み君
普通に考えたら全く別の仕事じゃないんです?
アパレル系でも『企画・開発部門』の会社に入れたら働き方が変わります。小売店勤務の経験も役立ちますよね。
アドバイザー

今の経験を活かしたいのか、全く別の業界でもいいのかを考えないと転職はできません。今の仕事の何が不満なのか。アパレル自体に嫌気がさしたのかを改めて考えてみましょう。

年齢次第ではアパレル→IT業界も可

20代ならどんな業界へでもキャリアチェンジは可能です。(もちろん、専門職種は難しいですが。)

  • アパレル → IT業界
  • アパレル → 工場
  • アパレル → 外資系

これからIT/WEB系が延びる時代です。IT/WEB系の会社で受付になるなど、頭を柔らかくして仕事を探すといいですよ。

アパレルの経験が活きる業種については記事後半でお伝えします。

方法② 自己PR・志望動機を考える

自己PRと志望動機はサービス業の強みを使おう

自己PRと志望動機はサービス業の強みを使おう

キャリアチェンジの場合、サービス業の『コミュニケーション力』をうりにします。

  • 誰とでも明るく接することができる
  • お客さんの対応ができる
  • 印象を良くできる

コミュニケーションコストが低いんですよね。それを使いましょう。

サービス業はコミュニケーション力が武器になる

コミュニケーションコストは『人からの話しやすさ』のこと。

話しやすい人がいると報告や相談が円滑になりますよね。コミュニケーションコストの低い人を集めると生産性が良くなるんです。

逆に相談しづらい上司・いつも怒ってる先輩って部下や後輩が辞める理由にもなるじゃないですか。そこも自己PRの材料にできますよ。

人生設計も志望動機になる

アパレルの小売店って土日が仕事です。年間休日も少なめ…。

「将来のことを考えて、土日が休みの業界にキャリアチェンジすることにしました。」も立派な志望動機です。後はどうしてその会社を選んだのか説明すれば完成。

アパレルからのキャリアチェンジって志望動機・自己PR作成がラクなんです。職務経歴書については以下の記事が参考になります。

職務経歴書は手書き?それともパソコン?『通りやすいのはこちら』

続きを見る

方法③ 未経験業界の場合、事前に仕事を獲得する

未経験業界はワンクッション置くと入りやすい

未経験業界はワンクッション置くと入りやすい

キャリアチェンジが不安なら事前に『実績』を作れば入社しやすいです。

  • 未経験に挑戦する前に個人的に仕事をしてみる
  • その結果を持って面接に行く
  • 企業が感心する(考えて行動できる人材だと思われる)
  • 採用されやすい

正直言って数ヶ月仕事をしたくらいじゃ未経験と大差ありません。

でも、自分で考えて行動する姿勢が喜ばれます。最近求められる『セルフスターター型の人材』と言えるからです。

自分で考えて行動できる人材のことです。

クラウドソーシング等で『経験』が作れる

クリエイティブな仕事でもクラウドソーシングで経験は作れます。

WEB系ならワードプレスの知識があるだけでも喜ばれます。WEBディレクターやメディア運営なら有利になるでしょう。

デザイン関係でも個人で仕事をしていれば『どういうデザインに需要があるのか』が分かりますよね。ポートフォリオ化することも可能です。

方法④ ビジネス系のSNSを利用する

ビジネス系のSNSを利用する

ビジネス系のSNSを利用する

面接をする前に直接人事の人と会話ができます。

  • あなたの人柄をアピールできる
  • 希望企業の実態が想像できる
  • 気に入られたら採用されやすい

上記メリットがあります。

定番はWantedly企業側の登録料が少ないため、大企業を中心にたくさんの企業が登録しています。とりあえず登録しましょう。

変り種がEight名刺を取るだけでデータ化され、随時名刺情報が更新されていきます。実は仲のいい顧客さんが出世してる可能性がありますよね。仕事につながる可能性があります。

コミュニケーション力を発揮できる

アパレルってコミュニケーション力は強いじゃないですか。人事の人と直接会えるって最高の舞台なんですよ。履歴書が通る前に会話できますからね。

あなたの魅力が伝われば履歴書も通りやすくなります。アパレルからのキャリアチェンジなら先に人事の人を味方につけましょう。

方法⑤ 転職エージェントに相談する

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用する

キャリアチェンジって『知らない業界』『同業界でも違う職種』に挑戦するので、ホワイトな職場かどうか判断できないんですよ。だから相談しつつ転職すべき。

お悩み君
あ、それは何となく分かります…。
私もサービス業→企画の仕事にキャリアチェンジしました。その時は企業の実態を見抜けず、見事に失敗でしたね。
ブラック 企業研究家

大企業だから働きやすいものでもないです。ちゃんと離職率を聴いて、年齢層がちゃんと整っているか調べましょう。そのために転職エージェントに相談すべきです。

事務職なら『外資系』も検討する

事務系って『将来性の低い仕事』じゃないですか。年収も低いしアパレルと比べれば面白みにもかけるでしょう。そこで外資系です。

デスクワークでもディレクター職や企画提案など幅広い仕事をすることが可能。自分から率先して提案するのも喜ばれます。

おすすめ転職エージェントはJAICとワークポート。

JAICは20代特化の転職エージェント。全求人先を査察して離職率の高い企業を除外してます。10代・20代ならとりあえずJAICに相談しないと損ですよ。

一生働ける仕事が見つかった人たち
一生働ける仕事が見つかる方法!転職サイト『JAIC』が持つ5つのメリット

続きを見る

 

ワークポートはもともとがIT/WEB特化の転職エージェントです。リクナビなどの大手と比べると外資系やIT/WEB系の求人が多いです。未経験可の求人が多い+提案数が多いのも魅力。

 

\未経験で伸びている業界に勤めたいなら/

60秒で登録可能

円満退職もサポート

SPONSORED LINK

2.『キャリアチェンジ』アパレルの経験が活きる職種を紹介

アパレルの経験が活きる職種について

アパレルの経験が活きる職種について

アパレルの経験を活かしたいなら、例えば以下の3つの職種がおすすめです。

  1. 受付職『動物病院や店舗』
  2. 営業職『コミュニケーション力が必要』
  3. マーケティング職『待遇がいい+コミュニケーション力が必要』

どれも『コミュニケーション』を活かした内容です。アパレルの仕事と親和性が高いのでプラスになります。

あと、アパレル勤務って『外見』を気にするじゃないですか。これも営業職で役立ったりします。清潔感=ビジネスの力になりますからね。

① 受付職『動物病院や店舗』

受付の仕事をする女性

受付の仕事をする女性

サービス業の仕事と近いのでスキルが活かせます。ただ、アパレルと受付は内容が違います。

  • 受付 → 事務+営業的な仕事力が必要
  • アパレル勤務に比べて待遇がいい
  • キャリアになる

ざっと調べてみたところ、動物病院や『オフィスの受付』が人気です。待遇がよく、休みも多いため。残業も少なめですね。

秘書検定を獲得しておくと強みになりますよ。

② 営業職『コミュニケーション力が必要』

営業の仕事をする女性

営業の仕事をする女性

接客の強みを営業で発揮できます。

お悩み君
やっぱりそうなんですね。
ディーラーの営業さんとかに転職する小売店の店長さんいますね。アパレルに比べれば待遇が良く、女性の営業職って他社でも欲しがるんですよ。キャリアとして武器になりますね。
アドバイザー

アパレルの小売店ってサービス業と言うより営業じゃないですか。お客さんの悩みを聞いて商品を勧めて買ってもらう。毎日営業しているようなものです。

それを知っている企業からは大人気ですよ。

③ マーケティング職『待遇がいい+コミュニケーション力が必要』

マーケティング職に就いた女性

マーケティング職に就いた女性

目的を達成するために企画・提案・行動する仕事です。内容としてはかなり難しいですね。

  • メディアを立ち上げる
  • Webライターやデザイナーに外注する
  • メディアの方向性を修正する。必要に応じてコンテンツを企画する

総合的な仕事の分、やりがいがあります。キャリアにもなりますし待遇も素晴らしい。(一部リモートワーク可能で年収600万円以上の世界です。)

外注さんを使ったりディレクションをする時間が多いのでコミュニケーション力が求められます。アパレルが物足りないと感じていた女性にピッタリですね。

このWebディレクターなど、今伸びている仕事を見つけるためにはIT/WEB系が得意な転職エージェントに相談するといいです。未経験のも見つかりますからね。

3.まだアパレル業界に未練のあるあなたへ

アパレル店で働いている女性

アパレル店で働いている女性

店舗にずっと勤めていても店長にしかなれません。企業にもよりますが、店長になっても年収って400万円くらいです。

私は学生時代に子ども服の会社の本社で事務のアルバイトをしていました。その会社は既に倒産の危機。店長さんたちがどんどん辞めていく最中でした。

店長レベルでも手取り20万…。本社にいるマネージャークラスでも手取り25万でした。

店舗から抜け出せないと待遇は良くならない

店舗から抜け出す方法って少ないんです。

  • 複数の店舗を統括する
  • 企画や服のデザイナー関係になる
  • 役員の直轄になる

こんな感じ。20店舗を持つ大きな企業でも店舗外で働く人って一握りだけ。デザインも外注する会社が多いからです。

だから小売店で働いているといつまでも小売店のまま。店長になってキャリアがストップします。

30代・40代になると体力が持たなくなる

服の小売店はずっと立ち仕事。座れない

服の小売店はずっと立ち仕事。座れない

あなたも感じていらっしゃると思います。足、むくみますよね…。足の裏も痛くなりますよね。でも座ってたら仕事になりません。それを誰かに見られたら叱られます。

私も工場で働いてきたので分かります。30代を超えると立ち仕事ってつらくなるんですよ。

  • 翌日に疲れが残る
  • 足のむくみが取れない
  • 疲れで仕事がはかどらない

何とかして管理職になろうとするんですが、アパレルだと『店長』まで。それ以上に進むのは狭き門です。

だからアパレル勤務って好きじゃないと限界があるんです。

店舗スタッフから店舗スタッフにしか転職できなくなる

このまま40代になるとキャリアが決定します。もう店舗以外で働けません。他のスキルがないからです。50代になって立ち仕事だと体力的にアウトですよね。

だから『アパレル…転職したいな。』って思ったら、キャリアチェンジしましょう。

まとめ:アパレルから転職しましょう

アパレルって厳しい仕事です。最近だと通販やユニクロが強すぎて倒産が増えています。motherwaysが自己破産して倒産したのは有名な話ですよね。

今は『会社に依存する時代』が終わってます。45歳で路頭に迷うと他の仕事も見つからなくなります。その前にキャリアになる仕事に転職しましょう。

アパレルのスキルを活かせば小売店勤務も無駄な経験になりませんよ。

 

以上、「アパレルから転職する5つの方法『キャリアを活かす仕事選びまで解説』」という記事でした。

 

SPONSORED LINK
おすすめ記事と広告

▼仕事にお悩みのあなたへ▼

Blahara運営者の私が実際に使った・話を伺った転職サイトの中から特にお勧めの2社を抜粋しました。

  • 仕事を辞めたいけど相談できる人がいない
  • 転職活動を1人で頑張っているがつらい
  • 転職をどのようにすれば良いか分からない

というあなたはどうぞお使い下さい。

JAIC(ジェイック)

JAICは20代にお勧めの転職サービスです。

全国で0.05%の職業紹介会社しか選ばれていない職業紹介優良事業者にも登録されています。

  • 求人先を視察しているため、ブラック企業率が低い
  • 就職支援・アドバイスサービスにより転職後の定着率が94.3%
  • 転職歴の多い人でも『履歴書不要』の面接会があるため書類で落とされない

求人先を査察していることが他の転職サービスと違います。どこの転職サイトも同じと思っている人ほど使って欲しい。

DODA

DODA

業界No.2の転職エージェントサービス。もっとも非公開求人が集まっており、転職エージェントがあなたに適した求人を提案してくれます(登録後に面談する流れです)。

『常識的な求人』を集めているだけでなく、転職者にピッタリな求人を見つけてもらえるようアドバイザーの教育や相談会・年収査定などのサービスを向上していることが分かりました。

職務経歴書はデータでアップロードできるので登録も簡単。

「ブラック企業に勤めたくないなぁ・・・。」と心の底から感じているあなたにおすすめ。

全国に拠点を構えており、使いやすい転職サイトです。

-ブラック企業の業種, アパレル業

Copyright© Blahara , 2019 All Rights Reserved.